アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) コラム 名脇役

拡散性ミリオンアーサー キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『拡散性ミリオンアーサー』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回





閉じる作品詳細
『拡散性ミリオンアーサー』(かくさんせいミリオンアーサー、Kaku-San-Sei Million Arthur)は、スクウェア・エニックスのオンラインカードバトルRPG。 本作のメディアミックス作品、「ミリオンアーサー」のタイトルを冠する関連作品についても本項で解説する。 「ミリオンアーサー」のタイトル通り、アーサー王物語をテーマになぞらえて100万人のアーサー王と100万本のエクスカリバーが存在するブリテンを舞台に、プレイヤーがアーサー王の一人となって、魔法の様な超常現象や「断絶の時代」にあった古の科学技術や当時から存在する妖精の助けを用いながら「外敵」と呼ばれる存在と戦うファンタジーRPG[2]。「豪華スタッフの集結」を謳っており、鎌池和馬は本作のシナリオをはじめ、世界観やキャラクターの性格設定などにも携わっており、さながら鎌池のライトノベルを読むような感覚で本作をプレイできるとされる[3]。ヒャダインは本作のBGM、主題歌の作詞・作曲・編曲を手掛けている。キャラクターデザインおよびカードイラストは総勢50名以上のイラストレーターが担当する。 2011年9月15日に東京ゲームショウ2011で発表され[4]、2012年3月16日にはスクウェア・エニックスのスマートフォン向けレーベル「SiSiLaLa OVERDRIVE」の設立と同時に、第2弾のタイトルとして発表[5]。 スマートフォンでのサービス開始以降、その他のプラットフォームにも提供されている。いずれもアプリケーション本体を無料配信するアイテム課金制度で統一しているが、カードステータスの変更、プラットフォームごとのUIの最適化や独自機能の搭載、他作品とのコラボレーションイベントなどに差異がある。また、プラットフォーム間を行き来などする機能は無い。 ゲームのストーリー自体は最後まで無料でプレイ可能[6]。また、キャラクターの声も無料で追加されていく[7]。 2017年にPlayStation Vita版のサービスを終了、これによって全てのプラットフォームにおける運営が終了された。 なお、ミリオンアーサーを冠する新規タイトルも登場しており、サービスが終了した「拡散性」においては「乖離性ミリオンアーサー」が事実上の後継作となる。
(出典:wikipedia)