アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) コラム 名脇役

盾の勇者の成り上がり キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『盾の勇者の成り上がり』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回





閉じる作品詳細
『盾の勇者の成り上がり』(たてのゆうしゃのなりあがり)は、アネコユサギによる日本のライトノベル。イラストは弥南せいら。2012年から小説投稿サイト「小説家になろう」にて連載中。また、2013年からMFブックス(KADOKAWA)より書籍化されている。既刊19巻(2018年1月現在)。 『コミックフラッパー』(KADOKAWA)にて2014年3月号より、藍屋球による漫画版が連載されている[1]。 大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。
(出典:wikipedia)