アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) ロングストレート コラム

中間管理録トネガワ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『中間管理録トネガワ』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回





閉じる作品詳細
『中間管理録トネガワ』(ちゅうかんかんりろくトネガワ)は、原作:萩原天晴・漫画:橋本智広、三好智樹・協力:福本伸行による日本の漫画。 福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品[1]。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている[1]。時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。 単行本第6巻発売時点で累計発行部数は電子書籍を含み200万部に達している[2]。 宝島社の「このマンガがすごい!2017年」・オトコ編1位受賞[3]。 作画を担当している橋本智広と三好智樹は本編の『カイジ』シリーズで共にアシスタント経験があり、本作は本編に似せた絵柄で描かれている。 『月刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2015年7号(2018年1月23日発売)から連載開始。同誌の2018年2号において連載誌を移籍することが発表されるが、この発表は「主人公の利根川がパルテノン神殿を訪れる」という内容であり、移籍を遺跡とかけた旨の1P漫画の体であった[4]。2月19日、移籍先はコミックDAYS[5]と発表され、3月5日から毎月第一月曜日更新で連載開始される[6]。第53話まではアプリ版・WEB版共に同日連載されるが、第54話以降はアプリ版は通常通りに毎月第一月曜日更新だが、WEB版では毎月第四月曜日更新に変更。WEB版ではアプリ版から3週間遅れの更新となる。 2018年2月にテレビアニメ化が発表され[2]、同年7月から放送開始[7]。 消費者金融を主体とする日本最大級のコンツェルン、帝愛グループの兵藤会長の退屈を紛らわす余興を企画するため、最高幹部の利根川は部下の11人の黒服を集め「チーム利根川」を結成。会長の横やり、部下からの信用失墜の危機、病気、部下の失態、計算外のアクシデントに悩みながらも、プロジェクト遂行へ向け奮闘してゆく。
(出典:wikipedia)