アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

ゆるキャン△ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『ゆるキャン△』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
178回
177回
176回
175回
174回
173回
172回
171回
170回
169回
168回





閉じる作品詳細
『ゆるキャン△』は、あfろによる日本の漫画作品。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて、2015年7月号[3]より連載中。テレビアニメ化もされている。 山梨県周辺を舞台に[4]、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力と[5]、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く[6][5]。表題に含まれる白三角記号「△」は、タイトルロゴではテントを表している。 漫画の流れとしては、女子高校生たちが個人またはグループでのキャンプを計画するところからエピソードが始まり、道具や食材を準備し、目的地まで旅をし、見晴らしの良いキャンプ場からの展望を満喫し、用意していた食材を現地で野外調理したり、あるいは食堂でのご当地グルメに舌鼓を打ったり、温泉を満喫するなどし、テントで1泊して、翌朝を迎える、というサイクルを繰り返す形で進行する。主要登場人物同士はいつでも行動を共にしているわけではないが、旅行先からSNSで互いの近況を報告し合う形でストーリーに関わっていく。 著者のあfろは、実際の富士山麓のキャンプ場にタブレットPCとルーターを持ち込んでネームなどの作画作業を行ったとしており[7][信頼性要検証]、見開きのページで精緻に描かれるキャンプ場からの展望や[6][5]、それを眺める登場人物の表情などが[5]、臨場感や[5]、舞台となる実在の観光名所に対する興味[6][5]を煽る見せ場となっている[6][5]。アウトドア趣味に向き合う少女たちのまっすぐな魅力や[5]、日常の合間に披露される、火起こしのノウハウや寝具の種類といったアウトドア知識の描写[6][5]、旅先で出会うさまざまな犬にまつわる話題なども[5]、作品の持ち味になっている[6][5]。 掲載誌『まんがタイムきららフォワード』2017年3月号(第21話掲載)にて初めて表紙を飾り、その際に本作のアニメ化が予定されていることが発表された。 ドワンゴが運営する画像投稿・電子書籍配信サイト『ニコニコ静画』内の芳文社公式コーナー『きららベース』にて、本編の幕間の出来事を描いた各話2ページの書き下ろし番外編が『へやキャン△』のタイトルで2016年4月9日[1]より連載されている。 冬の一人キャンプが好きな女子高校生の志摩リン。リンが富士山の麓で一人キャンプを楽しんでたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ本栖高校の生徒、各務原なでしこを助ける。なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になってゆく。一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、だんだんとキャンプ場の情報やキャンプ道具、野外調理に関するノウハウを交換したり、誘われて行動を共にしたりするようになっていく。 なでしこが加わるまでは大垣千明と犬山あおいの2人だけの小さな同好会だった野外活動サークルも、リンの友人である斉藤恵那を巻き込み、キャンプ先で知り合った新任教師の鳥羽美波を顧問に迎え、次第に勢力を拡大していき、年末には部員ではないリン、斉藤を誘ってキャンプ場でのクリスマス会が実現する。それまで頑なにグループでのキャンプを敬遠していたリンも、一人キャンプとは別ジャンルと捉えれば悪くないという感慨を抱き、これまで避けてきたオフシーズン以外のキャンプにも興味を持つようになる。
(出典:wikipedia)