アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) 名脇役 ロングストレート

ハクメイとミコチ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『ハクメイとミコチ』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回





閉じる作品詳細
『ハクメイとミコチ』は、樫木祐人による日本の漫画作品。身長9センチメートルのこびとであるハクメイとミコチ、二人の女の子の日常を綴った物語。KADOKAWAの漫画誌『ハルタ』で連載中。TVアニメ化が決定している[1]。 当初はエンターブレイン刊の隔月誌『Fellows!』volume16D(2011年4月発売)に「きのうの茜」のタイトルで読みきり作品として掲載され、反響が良かったために同誌の兄弟誌『Fellows!(Q)』Quiet(2011年11月発売)に「足下の歩き方」のタイトルで新作読みきりが2話分掲載された。その後『Fellows!』volume22(2012年4月発売)より「こびと日和」のタイトルで連載を開始する。『Fellows!』volume26(2012年12月発売)掲載分からは現在のタイトルへと改題され、同誌が年10回刊『ハルタ』へと誌名を変更した2013年現在も奇数月発売号にて連載中である。 連載開始前の各種読み切り作品はそのまま発表順で第1話から第3話として単行本に収録されているため、単行本と雑誌連載では「第○話」の話数が食い違っている。なお『Fellows!(Q)』Q.E.D.(2012年9月発売)には「足下の歩き方」が「こびと日和 -side A-」「こびと日和 -side B-」と改題して再録されており、その柱には文字による世界観設定が書かれている他、巻末には更に詳細な作者描きおろしによる世界観設定が2ページ掲載されている。この描きおろし世界観設定は現在単行本未収録である。 ハクメイとミコチの他にも多数のこびとやこびとの町も登場し、日常生活を営んでいる。動物や昆虫などこびと以外の生物の多くは擬人化され、こびとたちと普通に会話し、仕事に就くなどして一緒に社会生活を送っている。 こびとは耳が尖っており[2]、特徴的な帽子を被っている者もいる。この帽子は「種帽子」と呼ばれ、こびとが故郷を旅立つ際に長老(エルダー)のそれを模したものが与えられ、旅先で定住するとその者が新たな長老となり、子孫に帽子を与えるというものである[3]。こびとの大きさの描写は、他の動植物と比較される形で描かれている。 ハクメイとミコチは、山間の街マキナタの北西にある森の大楠の根元に作られた家に住んでいる。この家はミコチが全財産を使って自分の理想の家を作ったもの[3]だが、作中のエピソードで大破し、後にこびとの一人、センの協力で(センの趣味が勝手に多分に取り入れられた上で)再建している。 ファンタジー作品で、センの研究など魔法のようなものも登場するが、魔法とは明言されていない。付喪神は実在しており、作中で街に登場したものはその住人に普通に受け入れられている。 蒸気機関による汽車も走っており、文明はある程度進んでいる。 通貨単位は円で、価値もほぼ現代日本と同等。 単行本第5巻現在まで人間は登場しておらず、人間が居る世界観なのかも言及されていない。
(出典:wikipedia)