アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) 名脇役 ヒロイン

からかい上手の高木さん キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『からかい上手の高木さん』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回
177回
176回
175回
174回





閉じる作品詳細
『からかい上手の高木さん』(からかいじょうずのたかぎさん)は、山本崇一朗による日本の少年漫画。『ゲッサン』(小学館)の付録小冊子『ゲッサンmini』において、2013年7月号から連載開始。『ゲッサン』本誌で連載していた『ふだつきのキョーコちゃん』が2016年7月号で完結した後、『ゲッサン』に移籍して2016年8月号から定期掲載となった。 中学校の同級生同士である「西片くん」と「高木さん」のやりとりを描くラブコメディ。高木さんが西片くんをからかい、西片くんが高木さんに仕返しをしようとするが、高木さんはそれを上手く躱してしまう、という2人の関係性を軸に、西片くんの視点から描かれている。各話を繋ぐ明確なストーリーは無く、西片くんと高木さんの間のひとつの出来事が一話に収められている。第2回次にくるマンガ大賞にノミネートされ、18位にランクインしている[1]。 日本の田舎町、およびそこにある中学校が舞台となっているが、作品中の事物にも作者自身の発言にも、具体的な場所を指し示す言及はない。山本による他の作品、『ふだつきのキョーコちゃん』、『あしたは土曜日』は本作品と同じ舞台の中で描かれている[2]。『ふだつきのキョーコちゃん』の舞台は高校になっているが、『あしたは土曜日』の舞台は同じ中学校で、その主人公である3人の女の子たち(ミナ、ユカリ、サナエ)と西片くんと高木さんは同じクラスである。 『ゲッサン』2014年6月号に、本作のパイロット版といえる同タイトルの読み切りが掲載されている。主要な登場人物の名前も高木さんと西片くんで連載版と同じであるが、高木さんの顔が連載版よりもいじわるそう[3]に描かれている。単行本第2巻に番外編として収録された。『週刊少年サンデー』(同社刊)2014年28号と『ゲッサン』2014年7月号、そして『ゲッサン』2016年1月号に出張掲載された。
(出典:wikipedia)