アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) コラム ロングストレート

バチカン奇跡調査官 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『バチカン奇跡調査官』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回





閉じる作品詳細
『バチカン奇跡調査官』(バチカンきせきちょうさかん)は、藤木稟による角川ホラー文庫のミステリーノベルシリーズである[1]。 表紙イラストはTHORES柴本が担当[1]。2015年4月現在、既刊10巻が刊行。 元々は角川書店からの単行本出版だったが、後に角川ホラー文庫として再出版。表紙イラストを一新した書き下ろしで、短編(番外編)のみ小説屋sari-sariにて連載されている。コミック怪にて金田榮路作画の漫画が連載され「黒の学院」と「サタンの裁き」が、月刊コミックジーンにて日野杏寿の作画の漫画が連載され、コミカライズ化されている。 バチカン市国の神父であり奇跡調査官の平賀とロベルトが、世界中の『奇跡』を調査し、その裏に隠された事件を解決していく天才神父コンビの事件簿。 2016年11月にアニメ化企画が進行中である事が発表された[2]。 キリスト教、カソリック信仰者の聖地・バチカン市国。その中に、世界中から寄せられてくる『奇跡の申告』に対して厳密な調査を行い、真偽を判別する機関がある。その機関を『聖徒の座』と言い、そこに所属する神父を奇跡調査官と呼ぶ。天才科学者の平賀・ヨゼフ・庚と、良き相棒にして友人である古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト・ニコラス。美貌の天才神父コンビが、あらゆる『奇跡』を調査し、その裏側に隠された事件と陰謀を暴いていく。
(出典:wikipedia)