アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ヒロイン 名脇役

空手バカ一代 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『空手バカ一代』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
162回
161回
160回
159回
158回
157回
156回
155回
154回
153回
152回





閉じる作品詳細
空手バカ一代(からてバカいちだい)は、1971年から1977年まで週刊少年マガジンで連載された空手格闘劇画で、極真会館を興した空手家大山倍達の伝記という設定のストーリーである。原作:梶原一騎、画:つのだじろう・影丸譲也。同劇画は後述するテレビアニメ化や映画化もされた。後述するようにあくまで実在の人物を題材とした、多くのフィクションの入った空手活劇マンガ・劇画である。 空手家・大山倍達の半生を描いた伝記的作品。寸止めでの組手を主体とする日本の伝統的空手界に異を唱え、邪道と謗りを受けながらも実際に打撃を当てる独自の空手(フルコンタクト空手)を提唱、国内や海外を転戦する姿を追った「超人追求編」「無限血闘編」「悲願熱涙編」(つのだじろう・画)、大山道場から極真会館への刷新と世界進出や、主催する大会での場や他の格闘技と戦う高弟たちの活躍を描いた「昭和武蔵編」「空手巌流島編」「世界制覇編」(影丸譲也・画)の、六部構成となっている。タイトルには『激闘!大山倍達伝」という副題も付く。 前半三部は大山倍達を主人公に、世界中を転々としながら各地の強豪と戦う様子を描いている。山篭り以後は、一貫して背中まで伸びた長髪の姿で描かれていた。極真会館を設立した後半部からは、ストーリーの軸が大山倍達から当時の高弟である大山茂・大山泰彦・中村忠・芦原英幸・山崎照朝・添野義二などにシフトしていく。これら高弟の一人である芦原には、大山道場の師範代・安田英治の武勇伝や安田のあだ名「ケンカ十段」の人物像を加え、準主人公として梶原がキャラクターを作り上げたことから、芦原は大山倍達と人気を二分するほどになった。このあだ名と安田が実際に浅草でヤクザ15人KO事件をした事実を[1]、梶原は芦原に流用したと後に劇画『男の星座』で発表している。 「実話を基にしたノンフィクション作品」という触れ込みであり、物語冒頭で「これは事実談であり、この男は実在する。」と宣言。物語内でも、例えば大山倍達が牛と闘うシーンで「ただの漫画なら迫力溢れる描写で牛がすぐに男に突進するだろうが、本当の牛はいきなりそんな行動には出ない。」、またアメリカ行きの飛行機内で倍達が飛行機酔いに悩まされるシーンで、「作り話なら颯爽とした主人公が飛行機に酔ったりしない。」等の文章で度々「事実である」事を強調している[2]が、真樹日佐夫は「内容の九割以上は梶原の創作だった[3]」、松井章圭は「実際に劇画のような戦い方や人柄は山崎照朝先輩のみで、本当に劇画みたいな組手をしている山崎先輩は格好良かった[4]」などと証言している。実際、雲井代悟のモデルになった柔道家(世界選手権での優勝経験のある棟田康幸の父、棟田利幸)は、芦原英幸と戦っていない。逆に、芦原英幸とは親交が深かった[5](ただし、試合形式の稽古をした事はあり、それによって芦原はパワーの重要性を認識する事になる[6])。 その一方で家高康彦は「同劇画の3年前、1968年に出版された大山著の『世界ケンカ旅行』(ベストセラーズ新書)が基になっている[7]」と指摘している。また、大山は朝鮮半島出身であり韓国籍を持ち、後に日本国籍も取得しているが、作中では朝鮮についても具体的には特に触れられておらず、大山は日本の伝統武道としての空手を愛する人物であり、特攻隊の生き残りという設定となっている。 梶原が“大山倍達(談)”と頻繁にストーリーの中で示したことと劇画調の筆致により、連載中は絶大な人気を誇り、触発されて極真会館に入門し空手道を始めた者には、松井章圭・増田章・黒澤浩樹など多くおり、大山と極真会館の知名度向上を語る上で欠かせない作品となった[8]。
(出典:wikipedia)