アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 主人公 髪色(黒) 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

Tales of Rebirth キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『Tales of Rebirth』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
167回
166回
165回
164回
163回
162回
161回
160回
159回
158回
157回





閉じる作品詳細
『テイルズ オブ リバース』(Tales of Rebirth、略称:TOR / リバース)は、2004年12月16日にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)から発売されたPlayStation 2用RPG。2008年3月19日にはPlayStation Portableに移殖された。 『テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトル(本編作品)第6作品目。公称ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。キャラクターデザインはいのまたむつみ。主題歌はEvery Little Thingの「good night」。 シナリオのテーマは異なる人種や民族間における共存と対立で、作中には「ヒューマ」と「ガジュマ」という対照的な特徴を持つ架空の人種が登場し、その共存と対立の姿を描いている。タイトルの「rebirth(再誕)」は「人間関係や種族関係の再構築」という意味合いで付けられた。「民族問題」というシナリオのテーマ発案は、メインシナリオを担当した平松正樹が民族間での対立が残るユーゴスラビアを旅行した経験に基づく[4]。 戦闘システムはシリーズ作品の伝統的なリニアモーションバトルシステム (LMBS) をベースに、ラインを3本に増やすことで、2Dでありながら戦闘フィールドを立体的に表現した「3ライン・リニアモーションバトルシステム (3L-LMBS) 」。従来のシステムではHPと並ぶ重要なパラメータであったTPが無いことや、HPを回復する回復魔法がシリーズ中で最も少ないなど、シリーズでも異色のシステムとなっている。 このほか、それまで熱血の主人公や戦うヒロインが多かったが、今作では珍しく、主人公が無口で暗い性格であったり、ヒロインが戦闘に参加しないNPCであったりと、全体的にこれまでのシリーズ作品とは異色の作品に仕上がっている[5]。
(出典:wikipedia)