アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

怪盗グルーの月泥棒 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『怪盗グルーの月泥棒』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
170回
169回
168回
167回
166回
165回
164回
163回
162回
161回
160回





閉じる作品詳細
『怪盗グルーの月泥棒』(かいとうグルーのつきどろぼう、原題: Despicable Me)は、2010年のユニバーサル・ピクチャーズ製作の3Dアニメ映画。ユニバーサル・ピクチャーズ初の3Dアニメ作品となる。 日本で放映されたこの映画のTVCMは『イナズマイレブン』とコラボレーションしていた。 郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダー・グルーは、あらゆる兵器を使って盗みや嫌がらせをすることが大好きな卑劣漢。世界一の悪党を目指す彼が狙うターゲットは、何と月だった。グルーは、月を盗む為の秘密兵器「縮小ビーム銃」を手に入れるが、作戦決行の矢先にライバル怪盗・ベクターに銃を盗まれてしまう。グルーは彼の家に出入りする三姉妹を利用して、何とか銃の奪回に成功したのだが、なぜかその三姉妹に懐かれてしまい、共同生活を送ることになってしまう。グルーは三姉妹とスーパーシリーファンランドで色々と遊び尽したが、ネファリオ博士に三姉妹を追い出せとの言い伝えにより三姉妹はハッティーさんにより引き取られた。グルーが家に戻ると、そこではミニオンたちが片付けていた。やがて月を盗む日がやってきた。グルーはロケットに乗って宇宙へと旅立ち、シュリンクレイで月を盗むのに成功した。大喜びを果たすグルーだが、彼にはまだやる事があったのだ。それは三姉妹のバレエを見にいくことである。実はグルーはベクターにクッキーを届ける前、三姉妹のバレーを見てアグネスからバレエのチケットをもらって見に行く約束をしていたのだ。急いで戻ってきたがグルーの前はもうバレエがすんなり終わっていた頃だった。さらに不幸は続き、グルーが紙の裏をみるとそこには"BRING The Moon!"(月をよこせ!)と書いてあった。もちろんこれはベクターの仕業で彼は三姉妹をさらっていたのだ。そしてグルーは自分が手に入れた月をベクターに渡しカメラを割りロケットで扉を突き破る。しかしそれに逃げ道がないベクターは飛行船で基地から脱出して逃げた。危うく円盤から落ちそうになったグルーは自分の飛行機のおかげで助かった。ようやく逃げれると思ったベクターだがそれは大違いだった。それはグルーから貰った月は突然巨大になり円盤で騒ぎを起こした。そしてネファリオ博士は飛行船をリバースして三姉妹のうちアグネスとイディスだけは救出された。しかし残ったのはマーゴだけであった。マーゴは飛び移ろうとしたがベクターに捕まってしまう。しかし巨大になった月で追い出され、グルーは助けようとするが円盤とつなげていた紐が切れて、マーゴとグルーは落ちたかと思うとミニオンのおかげで救出された。一方ベクターはまたもや月にやられて最後は円盤を粉々にした月と一緒に宇宙に行って戻れなくなった。そしてグルーは三姉妹のバレエを見て楽しみ。最後は三姉妹と綺麗な月を見ながら幸せを送るのだった。
(出典:wikipedia)