アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ヒロイン ロングストレート

Fate/Apocrypha キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『Fate/Apocrypha』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
162回
161回
160回
159回
158回
157回
156回
155回
154回
153回
152回





閉じる作品詳細
『Fate/Apocrypha』(フェイト/アポクリファ)は、TYPE-MOON作のビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』のスピンアウト小説。著者は東出祐一郎、イラストは近衛乙嗣[1]。 『Fate/EXTRA』と同時期に進行していたオンラインゲームの企画で武内崇によると元々は『三国志大戦』のような色々な英雄を複数の作家に描いてもらうというところからスタートした企画だったが諸般の事情で頓挫してしまったものを小説作品としてリメイクしたものである。オンラインゲーム時の一部のキャラクター設定やインタビュー記事などが『Fate/complete material IV Extra material』に収録されており、東出、近衛、真田はいずれもその時からキャラクター設定を寄稿している。「アポクリファ」の名の通り、外典という形容詞がしばしば用いられている。 TYPE-MOONエース VOL.7にて、新作シリーズとして第1話(ACT1)が発表された。この短編は結局シリーズ化はせず、本編とは一部設定が異なる[2]。 2012年12月31日、『Fate/Zero』などを発刊してきたオリジナルレーベル「TYPE-MOON BOOKS」から単行本第1巻が発刊[3]。当初は全4巻を予定していたが制作の過程で1冊増えることとなり、2014年12月30日に発売された第5巻で最終巻となった。 60年前、第二次世界大戦前夜に執り行われた第三次聖杯戦争。その最中に何者かによって大聖杯が奪われた結果、世界中で小規模な亜種の聖杯戦争が起きているという、原作ゲームの並行世界が舞台。第三次の時点で冬木市から大聖杯が失われているため、『Fate/Zero』の第四次聖杯戦争、『Fate/stay night』の第五次聖杯戦争は発生していない。 その決定的な分岐点は第三次聖杯戦争におけるアインツベルンが何を召喚したかによるもので、アヴェンジャーを召喚した結果が第四次聖杯戦争と第五次聖杯戦争が発生した世界であり、ルーラーを召喚した結果がこの世界である。 詳細はFate/stay night#用語解説も参照。 第三次聖杯戦争の折に冬木の地から失われた大聖杯「第七百二十六号聖杯」がルーマニアで発見されたことから物語は始まる。大聖杯を奪い、隠匿していたユグドミレニア家はその聖杯をシンボルに掲げ、魔術協会からの離反を宣言する。それを討伐すべく派遣された魔術協会の部隊はユグドミレニアのサーヴァントに壊滅させられてしまうが、最後の生き残りが大聖杯の予備システムの起動に成功。これにより本来の7騎に加えて更に7騎、計14騎ものサーヴァントを召喚することが可能になった。ユグドミレニアの7騎のサーヴァントに対抗すべく、魔術協会側の魔術師もまたサーヴァントを召喚する。 こうして、大聖杯を奪ったユグドミレニア家の魔術師たちである「黒」の陣営と、ユグドミレニア家の討伐のために魔術協会に雇われた魔術師の集まりである「赤」の陣営、二つの勢力によって舞台となる街トゥリファスにて7対7の「聖杯大戦」が開始された。
(出典:wikipedia)