アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

夜は短し歩けよ乙女 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『夜は短し歩けよ乙女』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
158回
157回
156回
155回
154回
153回
152回
151回
150回
149回
148回





閉じる作品詳細
『夜は短し歩けよ乙女』(よるはみじかしあるけよおとめ)は、2006年11月に角川書店より出版された森見登美彦による小説。 第20回山本周五郎賞受賞作品。第137回直木賞候補、2007年本屋大賞第2位。2016年12月時点で累計売上120万部を超えるベストセラーとなっている[1]。 京都大学と思われる大学や周辺地域を舞台にして、さえない男子学生と無邪気な後輩女性の恋物語を2人の視点から交互に描いている。諧謔にあふれる作品で、ときに現実を逸脱した不可思議なエピソードを交えている。古い文章からの引用が多い。タイトルは吉井勇作詞の『ゴンドラの唄』冒頭からとられている。 湯浅政明監督によりアニメーション映画化され、2017年4月7日に全国公開予定[2]。 後輩である少女に恋をしている「私」は、彼女という城の外堀を埋めるべく日々彼女を追い掛け、なるべくその目に留まろうとしている。しかしその彼女はなかなか「私」の想いに気づいてくれない。2人は奇妙な人物に出会い、奇抜な事件に巻き込まれてしまう。恋愛ファンタジー。
(出典:wikipedia)