アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 主人公 髪色(黒) 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

つぐもも キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『つぐもも』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
175回
174回
173回
172回
171回
170回
169回
168回
167回
166回
165回





閉じる作品詳細
『つぐもも』は、浜田よしかづによる日本の漫画作品。『月刊アクション』(双葉社)にて連載中。 当初はウェブコミック誌である『COMIC SEED!』(双葉社)で2007年12月号より連載していたが、同誌の休刊に伴い後継で同じくウェブコミック誌である『WEBコミックハイ!』へ移籍し、2008年8月20日更新から連載再開(第56話まで)。更に同社の漫画誌・ウェブコミックの統合再編に伴い、2013年5月25日に創刊された『月刊アクション』へ移籍、連載再開している(創刊号では「特別編」を掲載、第57話以降は創刊2号から掲載)。これまでは単発的に『COMICすもも』に出張連載という形で雑誌掲載されたことはあるが、継続しての雑誌掲載は初となる。 台湾でも、東立出版社より怪怪守護神のタイトルで翻訳され出版されている(『浜田義一』名義)。 2016年9月、2017年にアニメ化されることが発表された[1]。 主人公である加賀見一也は、上岡東中学校2年2組に在籍する14歳のごく普通の男子中学生。現在は父と高校生の姉との三人暮らしで、母は幼い頃に亡くしている。だが、何故か母親の記憶がない。そんな一也は、亡き母親の形見でもあり、家に代々伝わる絹の袋帯の匂いが大好きで、その袋帯を肌身離さず持ち歩いていたのだった。そして、気持ちを落ち着かせるため、毎日2回は欠かさずその匂いを嗅ぐのであった。 ある日、学校の屋上でいつものように袋帯の匂いを嗅いでいた一也だったが、なぜか足元に落ちていたカツラが突然妖怪と化し、襲われそうになる。その時、ピンチの彼を救うべく、目の前に着物姿をした謎の美少女が現れた。一也を覚えているかのように一言「久しいな 一也」と言葉を発したその美少女の正体は、実は一也の想いがこもった亡き母親の形見である袋帯から現れた、付喪神である桐葉だった。 「久しいな」と言われたものの、桐葉のことを全く思い出せない一也。それもそのはず、桐葉は「つくもつき」となってしまった一也の母・奏歌を止む無く殺した後、一也らが住む上岡の土地神・くくりに頼み込み、原身である帯から人の姿になることができなくなることを承知の上で、その当時幼かった一也の記憶から亡き母とともに自身の記憶を封印させたからであった。 それから長い年月を経て、桐葉が再び人の姿となって現れて以降、一也の周りでは次々と怪異が発生するようになる。その動きを察したくくりは黒耀を遣わせ、白山神社へと一也を招く。そこで一也はくくりから自身が「怪異を発生させる『呪詛(すそ)』を集めてしまう存在」であることを明かされた上で、奏歌の後任として怪異を調伏する大役「すそはらい」になるよう神勅として命じられる。 「すそはらい」の任を命じられた一也は桐葉とともに、そして時にクラスメイトらと協力し、学校や町で次々と発生する怪異を調伏し事件を解決していく。そんな中、一也の周りで意図的に〔あまそぎ〕を生み出し怪異を発生させて騒動を引き起こしている集団の正体が露わになる。彼らの真の目的とは!?
(出典:wikipedia)