アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

湾岸ミッドナイト キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『湾岸ミッドナイト』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
167回
166回
165回
164回
163回
162回
161回
160回
159回
158回
157回





閉じる作品詳細
『湾岸ミッドナイト』(湾岸MIDNIGHT、わんがんミッドナイト)は、楠みちはるによる日本の漫画作品。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)および『週刊ヤングマガジン』(講談社)にてシリーズ連載された(※後述)。各章を「SERIES-X」(シリーズ)として数回程度の掲載分で構成される。単行本はヤンマガKCスペシャルにて全42巻。 これを原作とする実写映画(オリジナルビデオ作品および劇場公開作品)、アニメ、ゲーム作品が多数制作された。 これらの派生作品と併せて、続編である全12巻の『湾岸ミッドナイト C1ランナー』(- シーワンランナー)、『銀灰(ぎんかい)のスピードスター』、『首都高SPL(スペシャル)-銀灰のSPEEDSTAR-』についても併せて記す。 主人公・朝倉アキオが運転する「悪魔のZ」こと初代フェアレディZ(S30型)と、それを取り巻く人間模様、そして主に首都高において公道バトルを繰り返す自分たちが狂っていると自覚しながらも「悪魔のZ」に挑んでは消えていく数多くの挑戦者達の様子を描いている。ストーリー構成は「悪魔のZ復活編」(悪魔のZ編)から始まり、「イシダ編」(悪魔のZ編並びにイシダ編)→「平本編」(とびっきりのGT-R編)→「マサキ編」(赤坂ストレート編)→「圭一郎編」(モンスターマシン編)→「黒木編」(R200CLUB編)→「エイジ編」(阪神高速環状編)→「城島編」(幻のFC編)→「友也編」(ガレージACE編)→「マコト編」(幻のF1タービン編)→「ユウジ編」(地上のゼロ編)→「荻島編」(FDマスター編)と、おおまかに分類する事ができる(なお、この分類は解説の為の便宜的なもので作中での名称および区分ではない)。 当初は小学館の『ビッグコミックスピリッツ』にて、1990年に不定期連載を開始。同誌では、作者と編集部側の間で作品に関する意見の相違が露呈し、初期の数回のみを掲載しただけに留まった。その為、休載の説明も無く終了した。古巣である講談社の『週刊ヤングマガジン』へ連載の舞台を移し、1991年より連載を再開した(移籍にまつわる経緯は『湾岸ミッドナイトC1ランナー』単行本最終巻の「あとがき」で作者自身によって説明されている[1])。同誌にて1991年から2008年9月まで続いた連載を一旦終了。同年10月の同誌第40号から『湾岸ミッドナイト C1ランナー』として新シリーズの連載を開始し、2012年の第31号をもって連載終了。2年後の2014年春頃に作者がスピリッツ編集部と和解し、『スピリッツ』2014年37・38号より最終章と題し『銀灰のスピードスター』の連載を開始して『スピリッツ』2015年20号で連載終了するが、講談社の『月刊ヤングマガジン』2016年19号よりその続編にあたる『首都高SPL -銀灰のSPEEDSTAR-』の連載を開始した。 尚、連載期間が20年近くにわたっており、作中の時代背景はリアルタイム同様に変化しているものの(端的には1999年以降のS2000・ランエボVIなど高年式の登場車種)、主要登場人物の年齢や設定はほとんどそれと無関係なままである。他に作品の特徴としては、改造車が主役に扱われているにも関わらず、チューニングに関する情報が殆ど描写されていない。例えば作中における「RGO」での描写は、技術的な説明に留まっており、実在のチューニングメーカーやその製品(TEIN等の車高調やRAYSのホイール)、油脂(ワコーズやモチュール)、タイヤ(ADVANやDUNLOP)等のチューニグカー用製品の描写が一切無い。『週刊ヤングマガジン』での連載当時、作者の別の作品『シャコタン☆ブギ』とは並行して制作発表されており、各章ごとの不定期シリーズ連載として交互に掲載するというスタイルをとっていた。1999年度に第23回講談社漫画賞(一般部門)を受賞。 作者である楠みちはるの作風ともいえる「〜なのヨ」「〜ですから(笑)」など独特のセリフ廻しが特徴。また、特定の名前を好んで使用する傾向は本作品でも見られ、長期シリーズであったことから複数の同名人物が存在する。同音同字のケースでは、「元」(佐々木・後藤)が2人、「洸一」(平本・相沢・城島)が3人存在している。同音異同字のケースでは、「じゅん」が地獄のチューナーこと北見淳とR200CLUBの園田順、「たつや」がブラックバードこと島達也とホストの竜也、「マキ」が相沢圭一郎の幼馴染と神谷英次の義理の弟など、それぞれ2人存在する。それ以外にも、主人公の朝倉アキオと故人の朝倉晶夫は同姓同名という設定になっている。
(出典:wikipedia)