アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) コラム 名脇役

SUSHI POLICE キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『SUSHI POLICE』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回





閉じる作品詳細
念作品。2015年度のカンヌ国際映画祭のフィルムマーケットにて、The Hollywood Reporter誌が選ぶポスター賞(THE 2015 CANNES POSTER AWARDS)を受賞。 2006年に日本の農林水産省が創設しようとした「海外日本食レストラン認証制度」に対して海外のマスコミから「スシポリスが日本からやってくる」とバッシングを受け、結果取りやめになった事件から着想を得た作品である[1](事件の詳細は日本食ブームを参照)。 全世界に寿司の大ブームが訪れた近未来。諸外国では日本人が考える寿司像から大きく逸脱した「間違った寿司」が蔓延していた。これを見かねた日本政府は世界各国に呼びかけ、自国の食文化保護と交流促進を掲げた組織「世界食文化保存機関」(World Food-culture Conservation Organization、略称:WFCO)を発足させ、間違った寿司の取り締まりと指導を同機関の第9課、通称「SUSHI POLICE」に委ねた。彼らは寿司文化を守るために世界各国を飛び回り、手荒な方法で取り締まりを行うが、やがて世界の料理人からは「自由な食の楽しみ方を奪う奴ら」として反発を招くようになる。
(出典:wikipedia)