アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ヒロイン ロングストレート

あしたへフリーキック キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『あしたへフリーキック』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
162回
161回
160回
159回
158回
157回
156回
155回
154回
153回
152回





閉じる作品詳細
あしたへフリーキックは、葦プロダクション制作による、日本のアニメ作品。 1992年4月14日~1992年9月29日にかけて毎週火曜日、17:00~17:30の時間帯において日本テレビ系で放送された。日本テレビなど地方によっては25話で打ち切りになるも1992年11月4日~1993年4月24日まで静岡第一テレビほか数局にて放送された。全52話。本編は25話までのプロローグ編、放浪編、世界ユース編、リーグ後半戦など。のちに日本放送協会 NHK衛星第2放送「衛星アニメ劇場」枠でようやく全話完全全国放送を果たす。 ビジネスを学ぶため、東洋の伍代リゾートに親友のロベルト・パゼッティーニと一緒にやってきた伍代隼は、車で伍代リゾートをドライブ中にガス欠になる。そこで、伍代ユースメンバーの面々や、そのサポーターの有高みづほ、森田美麗等と出くわすと、成り行きからか立ち寄ったユースの室内練習場で天才サッカープレーヤー フリッツ・ベッケンのプレイヤーを目にし、ユースたちと別れた後、ロベルトが誰かが落したサッカーボールを拾う。ベッケンのまねを隼がしていると、みずほたちに驚くべき隼のサッカー資質を見つけられ、そのまま伍代ユースに誘おうとするもひいおじいさんであるカルロ・フェリーニが大のサッカー嫌いであるため、そのことが知れるとビジネスの勉強ができなくなる恐れがあるため、断わざるを得なくなる。
(出典:wikipedia)