アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) コラム 名脇役

Dance with Devils キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『Dance with Devils』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回





閉じる作品詳細
『Dance with Devils』(ダンス ウィズ デビルス)は、日本のテレビアニメ作品。略称は「ダンデビ」。2015年10月より12月までTOKYO MX、サンテレビ、BSフジにて放送された。 主に女性向けコンテンツを制作する「Rejet」、音楽制作グループ「Elements Garden」、エイベックス・ピクチャーズの3社による共同プロジェクト作品で、ミュージカル仕立てで送る[1]。 2016年に舞台化作品上演。 四皇學園に通う高校2年生・立華リツカはある日、生徒会執行部以外の出入りを許されていない「第三図書館」に校則違反の疑いで呼び出され、会長の鉤貫レムをはじめとする執行部の面々と対面する。潔白を主張し図書館を退出後、帰宅したリツカは家が荒らされ、母のマリアが何者かに連れ去られたことを知る。さらに謎の男が彼女を襲い、彼女に深く関係があり、これを手にしたものが世界を支配するという魔導書「禁断のグリモワール」の在り処を聞き出そうとするがそこへ現れたレムが彼女を救う。レムの話によれば、「校内で悪魔崇拝をしている生徒がいるらしく、彼らが『禁断のグリモワール』を探している」という。その後再び第三図書館を訪れたリツカはレムからマリアが軽井沢に連れ去られた可能性があることを聞き、同地にあるリツカの亡き祖父の家に向かう二人。しかし家には誰もおらず、逆に悪魔崇拝をしていたヴァンパイアが家に火を放ったがレムの活躍もありリツカは無事助かる。帰京した二人を待っていたのは留学から緊急帰国したリツカの兄・リンド。グリモワールは実は生徒会も虎視眈々とこれを狙い、さらにエクソシストであるリンドもその在り処を探していた。果たして「禁断のグリモワール」とは?そしてリツカの運命は?
(出典:wikipedia)