アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) コラム 名脇役

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回





閉じる作品詳細
『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』(ゲート じえいたい かのちにて かくたたかえり)は、柳内たくみによる日本のファンタジー小説。 2006年4月から2009年6月にかけて、柳内が「とどく=たくさん」名義で『自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』として投稿小説サイト「Arcadia」[1]で連載されたのち、2010年にアルファポリスから単行本化された。第1・2巻は当初の連載版に比べて政治批判など一部の表現をやわらげた「弱毒版」(これも投稿されていた)であり、第3巻についても大幅な書き直しがなされた。 一方、作者の保守的な考えや一方的な思い込みがある。主人公は放っておけないので孤児たちを保護したが、その中のエルフの女性が父の死を受け入れられないことをほおっておけなど、死ぬ種族なら乗り越えなくてはならない行為を先送りにさせるなど、矛盾しており、精神医学の知識に関しては恐ろしくいい加減でもある。 当初の予定では第3巻で完結の予定[2]であり、結果的に第4巻まで延長されたが、作中で起こる内容が東日本大震災を連想させるため、配慮して第5巻を出す形に加筆が施された[3]。『外伝四 白銀の晶姫編』刊行時点でシリーズ累計150万部を突破している[4]。本編完結後も下記の通り、閉門騒動後の物語が語られる外伝単行本が新規に刊行されていたが外伝四にて完全に完結した。 本編とは別に『湯煙温泉編』『商売繁盛編』と称された番外編も存在し、単行本には収録されていないが、「Arcadia」においてサイト管理者の了解を得たうえで掲載されている(『商売繁盛編』は未完)。番外編には他にも『混家冬の陣編』が同所で掲載されていたが、削除されている。 2011年7月より、アルファポリスwebサイト上にて竿尾悟の作画によるコミカライズ版がwebコミック形式で連載されている。内容は基本的に単行本版がベースだが、Arcadia掲載の『湯煙温泉編』『商売繁盛編』[注 1]の描写も一部アレンジして導入されている。 2014年12月19日には、テレビアニメ化が発表された[5]。 20××年8月、東京・銀座に突然開いた『門』(ゲート)からモンスターや中世ヨーロッパの騎士のような姿をした異世界の軍勢が出現し、多数の民間人を殺傷した。これがいわゆる「銀座事件」である。 事件発生から7日後に敵勢力を撃退して異世界側の『門』を占拠した日本政府は、その向こう側に存在するファンタジー世界のような「特別地域」(「特地」)の実態調査と事件の再発防止のために自衛隊を派遣し、特地側の『門』を確保する。年期の入ったオタクであり、銀座事件での活躍(その動機は「このままだと夏の同人誌即売会が中止になってしまう!」というものだったが)により二等陸尉に昇進した伊丹耀司は偵察隊を率いて特地の奥深くへ進出し、そこで炎龍の被害を調査したことがきっかけで3人の美少女(魔法使い、ハイエルフ、亜神)と関わりを持つ。 銀座事件の当事者である「帝国」に対して日本政府は補償を求めるが、人権や国際法といった概念を持たない相手との交渉は難航し、『門』のこちら側でも自衛隊の「侵略」に対する反対運動や特地の権益を狙う他国からの干渉などが起きる。 一方、自衛隊の橋頭堡の近くにはドラゴンに襲われた村からの避難民達が住み着いたことで、自衛官達との交流を通じて日本(地球)の文明や文化が特地に広まっていく。
(出典:wikipedia)