アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) 名脇役 ロングストレート

一休さん キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『一休さん』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
172回
171回
170回
169回
168回
167回
166回
165回
164回
163回
162回





閉じる作品詳細
一休さん(いっきゅうさん)は臨済宗の禅僧一休宗純の愛称。主に、その生涯に様々な説話を残した事から江戸時代に説話が作られ、頓知で有名となる。 昭和の中頃まで、絵本の童話の題材、紙芝居の題材として良く用いられていた。特に、屏風のトラ 虎退治などの話は有名。 殆どが江戸時代に作られた物で、実在の一休が周建を名乗っていた幼少時代に時代が設定される。 足利義満が一休に出した問題の一つ。 「屏風絵の虎が夜な夜な屏風を抜け出して暴れるので退治して欲しい」と義満が訴えたところ、一休は「では捕まえますから虎を屏風絵から出して下さい」と切り返し、義満を感服させた。 桔梗屋が一休に出した問題の一つ。 店の前の橋を一休さんが渡ろうとすると、「このはしわたるべからず(『この橋を渡るな』の意)」と書いてある。しかし一休は、「この端(はし)渡るべからず」と切り返し、橋の真ん中を堂々と渡った。
(出典:wikipedia)