アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) 名脇役 ロングストレート

とある飛空士への追憶シリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『とある飛空士への追憶シリーズ』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
172回
171回
170回
169回
168回
167回
166回
165回
164回
163回
162回





閉じる作品詳細
『とある飛空士への追憶』(とあるひくうしへのついおく、英題:The Princess and the Pilot)は、犬村小六による日本のライトノベル。イラストは森沢晴行が担当している。ガガガ文庫(小学館)より、2008年2月19日に単発作品として刊行され、その後シリーズ化した。 著者の別作品である『レヴィアタンの恋人』が継続するなか[1]刊行された作品。身分違いの恋と一人の少女を守るための空戦が描かれており、著者によると『ローマの休日』と『天空の城ラピュタ』の切なさと爽やかさを意識しながら[2]執筆された。 口コミを中心に評判が広まり[3]、広範な読者層から大きな反響があった[4]。『このライトノベルがすごい! 2009』の作品総合ランキングでは10位を獲得し[5]、書泉ブックタワーのブック売り上げランキング(2007年10月15日 - 2008年10月12日)では1位を記録している[6]。2009大学読書人大賞2位[7]。 続刊の希望が多くの読者から上がったことから[8]、この作品の世界を舞台にした新たな物語『とある飛空士への恋歌』が2009年2月から2011年1月まで刊行された。またラジオドラマ化もされ、平野綾による朗読で2009年5月7日から7月30日までニッポン放送『宇宙GメンEX』内「アニコボ」で放送された[9][10]。さらに小川麻衣子の作画で漫画化され、小学館の『ゲッサン』に2009年の創刊号から2011年まで連載された。 2011年にアニメ映画化され(後述)、またこれに合わせて大幅な加筆・改訂を行った新装版が一般文芸として発売された。
(出典:wikipedia)