アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

レオナ

レオナ

ドラゴンクエスト ダ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

(姫、賢者)
声 - 久川綾
パプニカ王国の王女。14歳。パプニカが魔王軍に襲われた時、行方不明になった国王たる父に代わって配下達とともに国を支える。確固たる「正義」の心を持ち、世界各国の国王を招集したサミットを主催する等、その指導力・カリスマ性は若年にしては相当なもの。また勇猛果敢な姫として他国にも知られている。
スリーサイズは、B83、W55、H85。
賢者の卵であり、デルムリン島に一人前の賢者となる儀式をする目的でやって来たが、王国の権力を我が物にせんと企むデムジン司教と賢者バロンによって殺され掛ける。バロンが島に放った魔のサソリの毒針に刺された上、ダイとともに地下に閉じ込められた。しかし、ダイの活躍で助け出され、ブラスのキアリーで解毒され助かる。
ダイの人間としての最初の友人(連載前の読み切りエピソードより)で、ダイに好意を持つ。行動力に溢れ、はっきりとものを言う傾向にあるが、逆にその王族としての振る舞いで周囲を呆れさせることもある。[1]年頃の少女らしく少々耳年増な一面もあり、ダイ達のパーティ内の複雑な多角関係に心を躍らせる場面もある。なお、ダイたち仲間と接している時は「あたし」、王女としての立場や役割を担う時は「私」と、一人称が完全ではないもののある程度区別されている。
ベホマやザオラルなどの高度な呪文(作中ではベホマラーやベホマズン、ザオリク等のゲーム中最上位に当たる回復呪文は使えるものがいないとされているため、ベホマ、ザオラル共に高度な呪文に位置する)を習得しているが、魔法力そのものは普通の魔法使い程度であるため、攻撃呪文に関してはポップに遠く及ばず、回復面以外でさほど目立った活躍はない。上述のポップ、ヒュンケル、マァムと比べて戦闘に参加する機会が少なく、政治レベルでの活躍など、後方支援が目立った。明確にパーティーの一人として迎えられたのは最終決戦から。
最終決戦ではダイと行動を共にし、先の敗戦によって萎縮したダイに活を入れたり、ドルオーラを連発する作戦を阿吽の呼吸で成功させる。更に真の肉体に戻り究極の力を手にしたバーンにも臆せず斬りかかり、大魔王とて無敵ではないと言い放つなど、とりわけ精神面でダイを支えていた。しかしその奮闘がかえってバーンの怒りを買い「瞳」にされる。その際ゴメちゃんと共に瞳にされていたため、ゴメちゃんの能力で瞳が動いた時バーンによって一緒に元に戻される。
所持していた「アバンのしるし」は、他のアバン使徒と違い卒業の証ではなく女王フローラから譲り受けたものだったが、最終決戦中にアバンから使徒を導くものとしての教えと二種類のフェザーを受け(アバンの持ち数の半分を託された)、アバンの使徒の中で修行期間最短記録をマークすることになる。
名前の由来は「leo(獅子)」から。原作者によれば、「ダイが竜なので虎にひっかけようと思ったが可愛くないので獅子(レオ)に」なったとのこと。
〔呪文〕 回復呪文(ベホマ)、蘇生呪文(ザオラル)、破邪呪文(ミナカトール)、氷系呪文(ヒャド・ヒャダルコ)、ラリホー、他幾つかの攻撃呪文など

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
レオナとは?(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

パプニカ王国の王女。お転婆で言いたい事を包み隠さずにハッキリ言う毒舌家。人の上に立つ気品と気丈さを持つ。後にアバンの戦士として認められる。

年齢

14 歳

性別

通り名

王女

声優

久川綾

髪の色

髪型

長髪

職業

アバンの使徒

役職

賢者
おてんば賢者は勇猛果敢なお姫様!「レオナ」の魅力とは?『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』
【画像】レオナ(ドラゴンクエスト ダイの大冒険)
 『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』は、週刊少年ジャンプで連載され、後にTVアニメや映画化もされた人気作品です。舞台はモンスターが闊歩し、騎士や魔法使いが当然のように存在する世界。剣と魔法で繰り広げられる、もう一つの『DRAGON QUEST』なのです。 今回は、パプニカ王国のレオナ姫こと、「レオナ」の魅力についてご紹介いたします。
王様の代理はおてんば姫
 「レオナ」はパプニカ王国の王女ですが、賢者の卵でもあります。年齢は14歳と幼いですが、魔王群により行方不明となった父王に代わり、大人顔負けのカリスマで皆を導きます。抜群のプロポーションと美貌を併せ持つレオナですが、近隣諸国では勇猛果敢な姫君(つまりは「おてんば」)として知られているようです。

 また、過ちを犯した「ヒュンケル」を諭し許すなど、度量の広さと寛容さを持ち合わせており、王国の姫君とはいえレオナはまだ14歳。このスペックはなかなか凄いです。にも関わらず、耳年増でありながら他人の恋愛事情に首を突っ込みたがったり、相手に対して怖じ気ずにハッキリと物事を言ってしまう・・・、そんな普通の女の子でもある事、それがレオナの魅力でもあります。余談ですが、漫画のカラーでは茶髪、アニメでは金髪となっています。
賢者を目指して
 賢者の儀式をおこなうために、デルムリン島へと向かったレオナ。そこで、テムジン司教らの陰謀から救ってくれた「ダイ」と出逢います。王宮暮らしのレオナ姫が、モンスターに育てられたダイと親しくなるわけです。例え命を救われたとしても、レオナにとっては得体の知れない「ダイ」や島のモンスター達。普通は抵抗があってもおかしくありません。やはりその辺の14歳の少女とは肝や度量が違います。
賢者であり王族である前に
 公式の場では「私」、プライベートでは「あたし」と一人称さえ使い分けるレオナ。皆には「自分を仲間として見て欲しい」と願いました。アバンの使途の一員、仲間の一人。それがレオナの望んだ「自分の居場所」だったのかもしれません。

 だからこそ、「ドラゴンの力」に目覚め強くなっていくダイに負けじと、自分も賢者としての力や技を磨いていきます。王族の姫君として守られるのではなく、勇者であるダイや仲間の皆を護る為に。自分よりもはるかに身分が低かろうと、相手がモンスターであろうと構わないのです。その全てがレオナの仲間であり、彼女が守らなくてはならない、守りたいと思える大切な存在なのですから。レオナとは、肩書きなどに囚われる事などない、こうした真っ直ぐな瞳と心を持った女性なのです。

 ダイへのほのかな恋心も見せますが、自分を律し、皆や世界を導くために自身のレベルアップを試みる「レオナ」。勇猛果敢な姫君は、実はとても努力家な女の子です。
(C)三条陸・稲田浩司・堀井雄二/集英社

記者(高塔【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


レオナについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドラゴンクエスト ダイの大冒険のキャラクター 一覧
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!