アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

前原圭一

マエバラケイイチ

ひぐらしのなく頃にシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

昭和58年5月に東京から雛見沢へ引っ越してきた少年。転校してきて間もないが、村の人に名前を覚えられるほど溶けこんでいる。成績優秀で、頭の回転は早い。口先が大変達者で、特に同性に対しての効果は絶大(しかし、ここぞと言うときには吃驚するくらいの動揺・口下手・説明不足で相手によく誤解を与える)。まわりを扇動させる天性の才能を指して、部活メンバーから「口先の魔術師」との二つ名が付けられるほどである。追い詰められた時にこそ力を発揮するタイプ。料理は苦手で、野菜炒めを作ろうとして家を焼きかけた事がある。だが、デイキャンプの経験で飯ごう炊爨はできる。誕生日は一般に4月と推測されている(生年と日は不明)。ひぐらしのなく頃に祭では、盥回し編の圭一の発言で中学生と判明。受験生の魅音より一つ下なので、中学二年生だといえる。
ドラマCD贄流し編では水泳が全く出来ない設定であるが、羞晒し編では泳ぎが得意という設定になっている。贄流し編はコンテスト応募作品であり、羞晒し編は原作者竜騎士07の書下ろしなのでこちらが公式設定といえる。
上記からも解る通り、いい意味でも悪い意味でもこの物語における「イレギュラー要素の塊」であり、惨劇と雛見沢滅亡の運命をもたらす3つのルール(皆殺し編)全てを打破するための中心的位置に立ち、惨劇回避の道へ皆を導くことができるたった一人の人物。
レナや魅音から思いを寄せられながらも恋愛面に関しては鈍感だが、ストーリーによっては彼女らに対する感情を自覚しかける展開もある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
前原圭一とは?(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

直情的で典型的な熱血漢、好奇心旺盛で行動派な少年。お調子者。無神経でデリカシーがなく、女心には相当鈍感。人情に厚く、常に他人を思いやる優しさを持っている。

性別

通り名

口先の魔術師/萌の伝道師

声優

保志総一郎

俳優

前田公輝

髪の色

学校・会社

雛見沢分校

父親

伊知郎

母親

藍子
雛見沢の希望の星!熱く燃える男「前原圭一」の魅力とは?『ひぐらしのなく頃に』
【画像】前原圭一(ひぐらしのなく頃にシリーズ)
 遠く離れた山奥に存在する田舎の村、雛見沢。美しい景色にのんびりと時間が流れる秘境ですが、毎年ひぐらしの鳴き始める季節になると悲しい惨劇が繰り広げられていました。東京から雛見沢へやってきた「前原圭一」。閉鎖的な村社会において、彼は新参者ながらも持ち前の明るさと行動力で瞬く間に村へ溶けこんでいきます。今回は、そんな活気あふれる「前原圭一」の魅力についてご紹介したいと思います。
頭が良い
 雛見沢には学校がひとつしかなく、クラスもひとつしかありません。もちろん学年は見事にバラバラで担任の先生ひとりで全員分の面倒を見ています。圭一は勉強ができますので、時には先生の代わりにレナや魅音の勉強を見ることも。前の学校でも成績は良かったようで、魅音に対して「お前は歳上なのになんで俺が教えてんだよ」といったやり取りなども。
茶目っ気
 登校時にレナが待ち合わせに遅刻すればきっぱり置いて行くと冗談を言ったり、まだ雛見沢に慣れていない圭一を、魅音とレナが案内してくれると話した時には魅音だけ放置し、レナと二人で行こうと言ったり、あえて場を盛り上げるための悪ふざけも。もちろんそれはお互いの事を信頼しているからこそ。時にはやり過ぎてしまう事もありますが、悪いと思った事は反省しますし、傷つけてしまったら圭一自身もそのことで心を痛めきちんと謝ります。とにかく仲間想いなのです。
諦めない強さ
 勝つためにはなんでもする部活のメンバー達にボロボロにやられてしまい、そんなのありかよ・・・という状況でも決して諦めることなく、負ける勝負と分かっていても最後の最後でやり返して一矢報います。ゲーム大会では、容赦の無い部活メンバーに勝つために年少の富田君と岡村君を買収するなど、勝負への執念に加え、運の強さも計り知れません。ちなみに買収と言っても、もちろん無理やりでなく彼らにメリットのある条件つきで交渉しました。一方、生活力は極めて低く、両親が仕事で不在の間自分で家事をしなくてはならなくなった際には、勢いだけで料理を始め、危うく火事を起こしかけたり・・・。頭もよく勝負には強いのに生活力は全然ダメというギャップになんだか母性をくすぐられます(笑)。
 様々な逆境や困難に打ち勝っていく、まるでヒーローのような「前原圭一」。しかし、最初から全てがうまくいった訳ではなく、取り返しの付かないような大失敗を繰り返しながら、少しずつ成長していった結果なのです。

 アニメ2期の位置づけにある「ひぐらしのなく頃に解」では、雛見沢で起こっていた惨劇の真実が明かされる確信に迫る展開になっていますので、1期を見た人には必ず2期も見て欲しいです。解の方は、より圭一達の絆が深く描かれていると思います(個人的見解)。また原作ゲームには、アニメで描ききれなかった部分やアニメ化していない物語もたくさんありますので、アニメを見て「圭一達が大好きだ!」って思った方はぜひ遊んでみてください。
(C)2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通(公式サイトスクリーンショット)

記者(真夏日【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


前原圭一についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ひぐらしのなく頃にシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!