アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:mrs.chevyさん

結城梨斗

ユウキリト

To LOVEるシリ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

概要『TL』『ダークネス』共通の主人公。作中では名前を「リト」と片仮名で表記されることが多い。彩南高校に通う男子高校生。高校のクラスは1年A組(『TL』第1話 - 第48話)→2年A組(『TL』第49話 - 現在)。10月16日生まれ。血液型はO型。容姿ツンツンヘアーで、髪の色は狐色。瞳の色は黄土色。身長は164.5cm、体重は62kg。3サイズはB83-W64-H76。ルックスについては「パッとしない」などと評されることもあるが、妹の美柑からは『TL』単行本で「容姿はそこそこ」という評価を下されている。性格裏表のない純粋で優しい性格で、ヤミからは「お人よし」と評されている。自分を飾らない性分で、嘘やお世辞は苦手だが、その分、相手への気遣いをストレートに示す。正義感や責任感が強く、家族や友人を助けるために自らの身の危険を厭わないなど勇気も兼ね備える。女性に対しては優しく、ヤミや芽亜やネメシスなどの変身兵器であっても差別することなく普通の女の子として接している。家族思いな一面もあり、美柑に家事の負担が集中するのは悪いという思いから、高校では部活に入ることを断念した。現在、家事の中で庭の植栽や鉢植えの世話を担当しており、そのためか「とらぶるクエスト」編では職業が花屋になった。ララからは「宇宙で1番頼りになる人」として絶大な信頼を寄せられている。春菜はリトの魅力について「一緒にいると暖かい気持ちにさせてくれる」と語っている。同年代の男子と比べるとかなり純情で、女性の肌の露出に対して免疫が低い。猿山曰く、過去に「水着のグラビアを見て気を失った」こともある。しかしララとの出会いをきっかけに女子と関わる機会が増えたため、現在ではある程度免疫がついてきたようで、『TL』終盤では水着姿の女子とも平静を保って会話している。能力身体能力は高く、特に足が速い。中学2年生の体育祭ではリレーのアンカーを務め、3人抜きを成し遂げてクラスを優勝に導いた。また身体がかなり頑丈で、作中ではヤミをはじめ女性陣から暴力を受けることも多いが、すぐに回復している。ただサッカーに関しては、中学時代にサッカー部に入部していたにもかかわらず、ボールコントロールはイマイチである。学業成績はあまり芳しくなく、また作中で自分の誕生日を忘れているなど、頭脳はあまり優秀とは言いがたい。一方で手先は器用で、美柑からは『TL』単行本で「細かいことはムダに得意」と評されている。瞬発力や反射神経は高く、ヤミやブラディクスの斬撃を全て紙一重で躱している。恋愛関係恋愛に関しては奥手。以前から春菜に恋をしており、心の中では彼女のことを「春菜ちゃん」と呼んでいるが、なかなか彼女に思いを告げられずにいた。その後、『TL』序盤で思い切って春菜に告白するが、偶然その場にララが乱入して、しかもララと春菜の2人が、リトの告白を春菜ではなくララへの告白と勘違いしてしまったために状況が複雑化することになる。リトに告白されたと勘違いされたララから、リト本人は望まないままに彼女の婚約者候補とされてしまい、以後ララから求愛を受けるようになる。しかし、リトの春菜への思いは揺るがず、ララも『TL』中盤でリトの好意が自分に向いていないことを察し、「自分の努力でリトに振り向いてもらえるようになりたい」という思いから婚約を解消している。その後も春菜への想いは変わらず、様々な出来事を通じて彼女と徐々に距離を縮めていく。その一方で、次第に自分の中でララの存在が大きくなり、2人の少女の間で思いが揺れ動くようになる。そして『TL』終盤でララは好きだが、それ以上に春菜が好きであるという答えを出したが、『ダークネス』では、モモの「ハーレム計画」や、レンの「自分に思いを寄せる女の子を泣かせるな」という言葉を受けて、再び迷いが生じ始めている。なお、『TL』開始当初から春菜に思いを寄せられていたが、『ダークネス』開始時点では春菜、ララに加えてルン、唯、モモから恋心を抱かれており、セリーヌからも人間体になってからは父親のように慕われている。さらにヤミも好意を抱き始めているとおぼしき言動を見せ始めており、ナナと凛にも好意を抱かれるようになった。美柑からは「いつからそんな罪な男になったわけ?」と思われており、またモモの観察によれば、リトの周囲にいる女性はみんな、程度の違いはあれリトに好意を抱いているという。色恋沙汰には非常に鈍感で、春菜、唯、ナナ、凛に好意を抱かれているのに全く気付いていない。(アプローチしてくるララ、モモ、ルンは別)ちなみに好きな異性のタイプは、春菜のようなおしとやかな女の子。逆に唯のようなツンデレな女の子に対しては、怒っていると勘違いして焦る素振りを多く見せる。現時点で、リトが春菜に恋していることを知っているのは、(順番的に)猿山、美柑、林檎、ララ、ペケ、モモ、ナナの7人。ラッキースケベ『TL』序盤から彼にエッチなトラブルが降りかかることが多い。ラッキースケベも頻繁に描かれており、特に転んで女性キャラクターの股間や胸に顔を突っ込んでしまうことが多く、モモからは「神業のような転びっぷり」と言われている(全て不可抗力であるが)。また寝相が悪く、女性が隣に寝ていると、無自覚なままにハレンチな行為を起こしてしまうこともしばしば。こうしたラッキースケベっぷりから、ナナや天条院グループの3人などから「ケダモノ」扱いされることもある。しかし、女性とのキスの経験は一度も無い。女体化作中ではララの発明品によって女性化させられることがあり、そのときは「夕崎梨子(ゆうさき りこ)」と名乗っている。梨子になっている時の身長は163cm、体重は52.5kg、3サイズはB85-W55.5-H84。なお初めて女性化させられた時、リトは女性用の服や下着を着用することを拒絶していた。リトに自覚はないが、梨子の外見はかなり美人であり、猿山から一目惚れされている。その後、猿山とデートさせられた際は、猿山に「リトの親戚」と名乗った。女性化の事実を知っているのは、(順番的に)ララ、ペケ、美柑、ヤミ、遊、春菜、ナナ、モモ、芽亜の9人。その他好物は唐揚げ。彩南高校ではよく豆乳を飲んでいる描写が見られる。週刊少年ジャンプで実施された第1回キャラクター人気投票では5位(2201票)と健闘したが、結果発表の際に1人だけカラーではないという扱いを受けた。作中で高校1年生から2年生に進級する描写があるが、進級後も『TL』単行本7 - 9巻の初期の版では登場人物紹介ページで「高校1年生」と誤記されていた。

出典:wikipedia

誕生日:10月16日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
結城梨斗とは?(To LOVEるシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

「To LOVEる」の主人公。春菜に恋をしているが、ララたちが現れた後には彼女たちにも好意を抱いている。エッチなトラブルに巻き込まれることが多く、リトが転ぶと女性の胸の谷間や股間にぶつかることが日常茶飯事である。

誕生日

10月16日

性別

あだ名

リト

特技

ゲーム関連

弱点

ゴキブリ

好きな食べ物

唐揚げ

声優

渡辺明乃

星座

てんびん座

身長

164.5 cm

体重

62 kg

血液型

O 型

髪の色

学校・会社

彩南高校

職業

高校生

学年

高校1年生

父親

結城才培

母親

結城林檎

兄弟・姉妹

結城美柑
将来は宇宙の王者!?ラッキースケベな優しいお兄ちゃん「結城梨斗」の魅力『To LOVEる -とらぶる-』
【画像】結城梨斗(To LOVEるシリーズ)
 可愛くてセクシーな美少女を描くことに定評のある『BLACK CAT(ブラックキャット)』でお馴染み「矢吹健太朗」先生&「長谷見沙貴」先生が贈る、主人公「結城リト」を中心に描かれるラブコメ作品です。

 前述のとおり、今回ご紹介する「結城リト」は本作の主人公。思いやりのある優しい青年で、クラスメイトの「西連寺春菜」に密かな思いを寄せており、今まで何度も告白を決行しているものの、いざその時になるといつも邪魔が入ってしまい、結局一度も思いを伝えられません・・・。

 そんなごく普通(?)の生活を送っていたリトですが、ある時宇宙からやってきたデビルーク星の王女、ララと巡りあいます。しかも婚約の儀をおこなってしまったことで、ララと婚約状態になってしまいます。春菜の事が好きだからと、なんとかして婚約を解消したいと必死になっていたリトですが、ララと過ごすうちに彼女が地球へやって来た理由や思いを知り彼女の事を気にかけるようになっていきます。
純粋な男の子
 真面目で異性慣れしていないため、何かとからかわれやすく特にモモや芽亜には頻繁にセクハラされています。しかし、どんなに誘惑されても絶対に手を出すことはありません。それは彼が純粋で女性に慣れていないというのもあるでしょうが、やはり相手の事をきちんと考えられるからこそ、安易に手を出すようなことはしたくないのでしょう。
ラッキースケベ
 リトを語る上で欠かせないのがこの「ラッキースケベ」です。息を吸うようにつまづいて女の子を押し倒したり、これでもかというくらいに美味しいシチュエーションに遭遇します。リト自身がわざとやっているわけではないのですが、それでもあまりにも不自然なタイミングで発動するので、その神業っぷりに呆れられる事も・・・。挙句には、リトがターゲットだという暗殺者として地球にやってきたヤミにまで発動してしまい「えっちいのは一度死なないと直らない」とまで言われてしまう始末・・・。
器用
 実は手先が器用でクレーンゲームが得意。美柑と共にララを買い物に連れて行ってあげた時も、ララの欲しがったぬいぐるみをいともたやすく手に入れました。美柑には「そういう細かいことは無駄に得意だよねー。」と冷ややかに見られていましたが、ララが予想以上に大喜びしてくれたのを見て照れている姿は、とても可愛いかったですね。
良きアドバイザー
 普段は頼りないお兄ちゃんであるリト。しかし、悩んでいる女の子達から相談を受けることも多いです。ララの妹であるナナが、友達の芽亜が元気が無いと相談してきた時には、「楽しいことをしてあげたらいい」とアドバイス。結果、ナナはやる気になりましたし芽亜も笑顔を取り戻しました。最強の暗殺者として闇の組織で作られたヤミが「自分の心は作りものの兵器で人間とは違う」と言った時も、「自分が妹の美柑を大事に思うように、芽亜というたったひとりの妹のような存在が見つかりそれを気にかけているヤミの考えも自分たちと変わらない」とフォローしました。

 同じ学校に通い、保健教師の御門先生の助手をしているお静さんもそんなリトの姿を見て、「こんなに思いやりにあふれた人だから春菜達が好きになるんだ」と感じています。しかし、どれだけ良い雰囲気になったとしても、結局ラッキースケベが発動して全部台無しにしてしまうのですが・・・。
もうひとつの姿?
 ララの『ころころ男女くん』という発明品で、リトは女の子になってしまいます。この時リトはリコと名乗りました。自分の身体とはいえ、やはり異性の身体なのでついドキドキしてしまったり・・・。ちなみにリコの正体がリトである事を知らない猿山には一方的に惚れられています(笑)。これはこれである意味とても魅力的な姿ですね。

 女の子達からたくさんの好意を寄せられていて正直羨ましい限り(笑)。しかし、ララの幼なじみのレンにその好意に甘えていないか?と釘を刺されるなど、リト本人もどう答えを出して良いのか悩んでおり、モテ過ぎるのも大変なようです・・・。

 将来ララと結婚しデビルークの後継者になった際には、側室を持つことができるようです。モモが言うようにすべてを受け入れてハーレムにしても問題なさそうですが、それでも一生懸命悩んでしまうのが彼の良いところ。純粋で優しい素朴な魅力を持つ彼が「ラッキースケベ」に振り回される姿、ぜひご自身の目でお確かめ下さい。
(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・もっととらぶる製作委員会

記者(真夏日【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


結城梨斗についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:キックマン☆ガンダム 2015/09/19 16:42 ID:E1FCC58D ▽コメント返信
リト良い目にあい過ぎだろw
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>To LOVEるシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!