アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:キャラペディア公式さん

四条貴音

シジョウタカネ

THE IDOLM@...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

『SP』から追加された新キャラクターで、『ワンダリングスター』でのライバルキャラクター。「Project Fairy」として、美希と響と共に961プロからデビューする。古風で時代がかった口調と、銀髪が特徴のキャラクター。「Project Fairy」が初めて公になった時は彼女だけ情報が少なく、謎の多い人物だった。“王女系”の人物であるとされ、どこか威厳を感じさせるたたずまいから、ファンからは「銀色の王女」、亜美・真美には「お姫ちん」と呼ばれている。律儀な性格で気高く振る舞い、時には相手に辛辣な言葉を放つ事もあるが、本当は繊細で心優しい。どこか世間知らずな面もあり、『SP』ではラーメンのことを知らなかったが、後に好物となっている。また律子と同様に大食漢でもある。『THE IDOLM@STER STATION!!!』内での寸劇では、ニンテンドーDSiのことを知らなかった。トップアイドルを目指す理由や出身地などは不明で、詳しい素性は黒井社長も知らない。本人の弁によると、「古都」にいた時には学校に通っていたが、アイドル活動を始めた時点で既に通っていない模様。なお、「古都」の詳細も不明。相手の名前を呼ぶ時は、フルネームまたは「殿」付けで呼びかけることが多い。また、親しいアイドル仲間に対しては呼び捨て。初めて961プロダクションのホームページにプロフィールが掲載された際は趣味が「ひとりになること / 月を見ること」と設定されていたが、後に前述のデータに改められた。その理由は『SP』ストーリープロデュースで明らかになる。『ワンダリングスター』のヒロインたちは当初貴音に対して、亜美・真美は「仲良くなりたい」、雪歩は「尊敬」、伊織は「キャラが被るのがムカつく →昔の私を見ているようだ」という思いを持つ。尚、誕生日と血液型が貴音役の原と同じだが、この設定は声優オーディション前に決定されており、原に合わせたものではない。ただし、原は事前に配られた資料でその設定を知り、この役をやりたいと思ったと述べている。響同様、元はアーケード版の没キャラクターで、キャラクターデザインと「タカネ」と言う名前だけが存在していたが、『SP』でリファインされ登場が決定した。没デザインでは金髪に設定されていたが、美希と重複するため、リファイン復活時に銀髪に変更された。瞳は臙脂色。アーケード版登場予定時の設定は「北欧系クォーターでドイツ語に堪能な令嬢タイプ」「17歳・血液型はB型」。『DS』では765プロ所属のアイドルとして登場し、以降の作品では最初から765プロ所属という設定になる。凉の正体を見抜いている。『2』で765プロ所属のアイドルとして初めてプロデュース可能となる。初期能力値は、ボーカルとビジュアルが高め。『SP』ではビデオカメラを扱ってみせたが、『2』では横文字と機械を苦手とする描写が明確になっている。その他髪の一部が肩の前に出ており「目があまり良くない」という設定が追加されていて、テレビアニメ版でも踏襲されている。テレビアニメ版では、TV出演で気に入ったカエルの着ぐるみを持ち帰ろうとするなど、コミカルな姿を見せることも多い。食欲旺盛な描写も多く、特にラーメンに対しては並々ならぬこだわりを見せている。また、公式プロフィール以外の素性や経歴は一切不明とされるため、劇中のネットやマスコミでは、「どこかの王族」「実は宇宙人」という説(渋澤記者曰く「バカ話」)も浮上しているとされる。本人の語るところによると出身地は「古い都」であるらしい。テレビアニメ版で「京都」ではないような描き方がされ、貴音の発言の中で一部「くに」とも表現されていた。漫画『The world is all one !』では、千早共にユニット「花鳥風月」を結成している。『MILLION LIVE!』では新たに特技「直感」、好み「ラーメン」が追加された。

出典:wikipedia

誕生日:1月21日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
四条貴音とは?(THE IDOLM@STER)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

少し古風なところのあるお姫様を思わせるアイドル。他人の名前を呼ぶときは「~殿」と呼ぶk所とが多い。世間知らずな部分があり、カタカナの単語をひらがなで発音する。

年齢

17~18 歳

誕生日

1月21日

性別

特技

直感

趣味

天体観測/舞台鑑賞/歴史

好きな食べ物

ラーメン

声優

原由実

星座

みずがめ座

身長

169 cm

体重

49 kg

血液型

B 型

髪の色

髪型

長髪

アクセサリー

カチューシャ

学校・会社

765プロダクション

職業

アイドル
華麗な大食いお姫ちん!「四条貴音」の奥ゆかしい魅力『THE IDOLM@STER』
【画像】四条貴音(THE IDOLM@STER)
 ゲーム『THE IDOLM@STER SP』にてライバル事務所961プロのアイドル「プロジェクトフェアリー」として登場した「四条貴音(しじょうたかね)」さんですが、アニメではゲーム『THE IDOLM@STER2』と同じく初めから765プロ所属です。穏やかで優雅な立ち居振る舞いの中にもしっかり通った芯の強さは「銀の女王」の異名にふさわしく、仲間達を時には叱咤、時には優しく見守っています。思わずひれ伏す威圧感、それが「四条貴音」なのです。
ボン、キュ、ボボーンの欧米ボディ
 和風な内面とは裏腹に、ふわふわの腰までの銀髪に、身長169cm、体重49kg、サイズは上から90.62.92の高身長の迫力ボディ。ヒップの発達具合から「おしりちん」とも呼ばれ、尻フェチの心をつかんで離しません。ちなみにタレントで身長体重、ボディ比率が最も近いのは藤原紀香さんです。しかし、ボディ以外は一致点がないので、「とにかく貴音のボディは凄いっぽい」と認識しておいてください。
イメージはかぐや姫?
 貴音はアイドル活動をするにあたり、「学校をやめた」と発言していますが、出身地も「古い都」「故郷の国」というだけで、どのような学校なのか、どこ出身なのか、はっきりしません。「実は宇宙人」「外国の王族」といううわさも・・・。和風なのに外国人?ということで、「貴音は実はかぐや姫」ということでおちつきましょう。ゲーム版では、えらい人(許さないぞ!エロイ人!)に関係を強要されたり、アニメでも他事務所の社長に言い寄られたりするなど、かぐや姫らしいエピソードもあります。

 そしてそれを突っぱねる、強く清楚なところも、左右から(双子の亜美真美に)話しかけられて、話している子を常に見てキョロキョロしちゃう心やさしさも、我らがかぐや姫の姫たるゆえんなのであります。
四条貴音お断り!姫とらぁめんの切っても切れない関係
 貴音といえば、らぁめんの話題は避けて通れません。有名チェーン店「天下一品」の広告に「四条貴音お断り!」と書かれた画像が出回っているほど、貴音のらぁめん好きは知れ渡っています。

 ゲーム『THE IDOLM@STER SP』で初めてラーメンを食べた貴音。じいやに「スープを全部飲んではいけない」と叱られても、がっつりスープを全部飲み二杯食べるラーメンフリークになってしまいます。横文字が苦手なので「らぁめん」、と表記するところがまた古風ですてきです。

 もともとは中の人である原由実さんがラーメン好きで大食いなところからできた設定と言われていますが、二次制作でどんどん派生して、「貴音=らぁめん」のイメージができてしまいました。アニメ内番組では『四条貴音のらぁめん探訪』というコーナーを持つほどです。「ラーメン二十郎」にて「麺固め、辛め、野菜ダブルニンニク油マシマシ」と呪文のように唱える貴音。ジロリアンですか!あんたジロリアンですか。そのギャップがまたたまりません。

 アイマスキャラの中でも、二次制作を制作する側として、もっとも燃えるキャラの一人、四条貴音。ミステリアスな背景を知りたいと思う気持ちと、このままミステリアスなままでいてほしい気持ちと、とても複雑です。
(C)BNGI/PROJECT iM@S

記者(藤原ユウ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



四条貴音についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/01/21 19:04 ID:20C9BADF ▽コメント返信
ハピバー♪♪
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>THE IDOLM@STERのキャラクター 一覧
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回
177回
176回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!