アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:かふあさん

源静香

ミナモトシズカ

ドラえもん

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

源 静香(みなもと しずか)は、藤子・F・不二雄の漫画作品「ドラえもん」に登場するヒロインで、副主人公 野比のび太が憧れるクラスメイト。主要人物内での紅一点的存在である。

周囲の人物からの呼称は、原作では「しずちゃん」と呼ばれているがアニメ版では「しずかちゃん」が定着している[1]。 父親・母親からは「しずか」と呼び捨てで呼ばれている。なお、初期ではジャイアン・スネ夫からも「しずか」と呼ばれたことがあった。1973年の初アニメ化から2005年4月のリニューアルまで32年に渡って茶色の栗毛だったが、2005年4月以降、黒髪に変更された。
彼女が他の登場人物を呼ぶ場合、原作の大半とそれにならったアニメ第2作(テレビ朝日版)では、ドラえもん、のび太、スネ夫、ジャイアンをそれぞれ「ドラちゃん」、「のび太さん」、「スネ夫さん」、「たけしさん」など、おおむね「さん」付けで呼んでいる。アニメ第2作1期の初期では「さん」付けではなく、「のび太くん」「たけしくん」など「くん」付けで呼んでいた。原作でも初期ではドラえもんのことも「ドラえもんさん」、「ドラえもん」と呼んでいた(2巻「ロボ子が愛してる」では「野比くん」と呼んでいる)。その他にも、原作中に、ジャイアンを「ジャイアンさん」などと呼んでいた時期もあった[2]。またアニメ第2作1期の初期では「ジャイアン」と呼び捨てにしていた時期もあった。
アニメ第1作(日本テレビ版アニメ)、および第2作1期ではピンク(または赤)一色の服と、同じくピンクで白いラインが入ったふんわりめのスカートをほぼ毎回着用していたが第2作2期では着用していない(これに近いトレーナーなどは着ている)。髪型は常に短く揃えた二つ結びのお下げで、眠る時や入浴時も解かないが、第2作2期では解いている場面も見られるようになった。
のび太との身長差に関する描写は、相対的に高く描かれることもあれば低く描かれることもあり、一定しない。
原作の誕生日に関する場面は、こたつがあったり[3]、半袖だったり[4]と全く一定でない。アニメでは誕生日の設定は定かでないものの、誕生日を5月とする設定がある[5]。
テーマソングとして「しずかちゃんのうた」(作曲・編曲:菊池俊輔、歌:かおりくみこ)と「おとなりのプリンセス」(作詞:マイクスギヤマ、作曲・編曲:沢田完、歌:かかずゆみ)がある。前者はテレビアニメ第2作1期、後者はテレビアニメ第2作2期の曲となっている。 歌手の郷ひろみ[6]、天野星夫[7]、西条ひろみ[8]、郷ヒデキ[9]、タレントのトシちゃん(または田原のトンちゃん[10])、玉木宏[11]、速水もこみち[12]福山雅秋(福山雅治)[13]、甘栗旬(小栗旬)[14]の大ファン。
美容には気を遣っており、「顔の美容体操」を行っている[15]。また、よく虫歯に冒されており、痛くてべそをかいていたり[16]、親に歯医者に連れて行かれたり[17]する描写が多い。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
源静香とは?(ドラえもん)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

のび太が憧れるクラスメイト。成績優秀で運動神経も良い。基本的に真面目で優しいが、お転婆な一面もある。お風呂好き。ピアノの方が腕がいいが、あまり上手くないバイオリンの方が好き。

性別

あだ名

しずちゃん/しずかちゃん

特技

勉強/ピアノ

弱点

カエル/クモ/トカゲ/毛虫/雷/地震/歯医者/おばけ

趣味

バイオリン

好きな食べ物

焼きいも/チーズケーキ/寿司

声優

恵比寿まさ子/野村道子/かかずゆみ/佐久間レイ

俳優

すほうれいこ/水川あさみ

髪の色

栗/黒

髪型

二つ結び

職業

小学生

学年

小学4年生~小学5年生

配偶者

野比のび太(将来)

子供

野比ノビスケ(将来)

父親

源義雄

ペット

ペロ(犬)/チロ(犬)/シロ(犬)/ピー子(カナリア)/チッチ(小鳥)
メインメンバーの紅一点!のび太の憧れのヒロイン「源静香」の魅力とは?『ドラえもん』
【画像】源静香(ドラえもん)
 『ドラえもん』における永遠のヒロイン。彼女と結ばれる事で全てが完了するという最終攻略目標・・・というかもはやラスボス「源静香」。果たして彼女の将来の苗字はめだたく『野比』になるのでしょうか?ともあれ、のび太がそこまで入れ込む少女の魅力は何なのか、少し考えてみましょう。
優しさと真面目さとお転婆と
 至って真面目であり思いやりに溢れる少女である静香。メインメンバーの中では極めて良心的で常識人な為、しばしば暴走するのび太達の外付け良心回路や最終的なストッパーとして機能する事もあります。正義感も持ち合わせており、いつものコンビによるのび太いじめを止めたりも。

 お淑やかで優しく実に少女らしいイメージの彼女ですが、実はかなりお転婆な面もあります。誰の目にも触れないような場所では結構はしたない行動が随所で描かれていたりします。世間体を気にする人のようです。まぁ、そもそものび太達男の子とつるんでいる段階でお転婆と言えなくもないですが、男女分け隔てなく接し、年相応の活発さがあるという事でもあるでしょう。子供はやはり子供らしくあるべきですよね。
何でもそつなくこなすオールラウンダー
 こと能力の面では極振りな感じのメンバーの中で、静香だけは各方面にバランス良く高い能力を発揮します。のび太より活発でジャイアンより思慮深くスネ夫より勇敢。成績優秀、運動能力良好、大抵の事は安心して任せておける、そんな感じです。スネ夫も大概器用ですが、彼女の場合は別の意味でまた器用であり、こと一般社会における生活で役に立つのは静香の持つ器用さの方でしょう。現に劇場版ではのび太の次くらいにゲストキャラクターとの接触や交流の先駆けとなり、物語の発端を作る役割を担っている印象です。よく出来た娘ですね、本当に。のび太には勿体無い。
切っても切れない関係~水と風呂~
 静香と言えばやはりこれでしょう。これを外してはこの記事は画竜点睛を欠く、カレー抜きカレーライスとでも言うべき代物になってしまうでしょう。彼女が風呂好きなのは言うまでもありませんね。また水場も好きなのか、長編映画などで水場を見つけると、ここぞとばかりにキャストオフ、泳ぎ出します。何と言うかアレですよね。大人の事情で付け加えられた設定のような気がしないでもありませんが・・・。

 そういった方面に興味を持ちつつも、未だいかがわしい雑誌を購入できない思春期の子供達には十分な夢と希望と肌色を与えてくれる夢特性、それがお風呂好きなのです。昔は色々とモロだったのですが、最近は自主規制の傾向が強まり、深夜アニメ同様謎の光や湯気等が邪魔をしているようです。ぐぬぬ。因みに連載初期は大平原でしたが中盤以降は天保山ほどに成長している模様です。
そんな貴方だから
 静香は大学時代に雪山で遭難し、その時の出来事がきっかけでのび太と結婚する事になります。その理由というのは『傍にいないと危なくて見ていられないから』だそうな。実際、その時にのび太(小)が助けに行こうとするのですが、のび太ですから色々やらかします。そりゃもう立場が逆転するほどに、盛大に。結果、見ていられないと。

 しかし、そう言いながらも何だかんだ思うところがあったのではないでしょうか。自分の能力を省みず、必死になって自分を助けに来てくれる人。自殺行為ではあるけれど、その気持ちは嬉しくないはずがありません。いざとなれば誰かの為に自分を投げ出せる、のび太はそういう人なのです。そんな人だから、彼女は『選んだ』のではないでしょうか。人の本質を見抜き、のび太を迷わず選べる静香はとても素敵な人だと思います。

 なんだか第三項だけやたらと力が入ってしまった気もしますが、彼女の魅力はもちろんそれだけでなく、とにかく素敵な人だと思います、静香ちゃん。まぁ、やはり青少年に夢と希望と肌色を届けてくれる彼女がもっとも素敵なのですが。
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

記者(諸葛均【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


源静香についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドラえもんのキャラクター 一覧
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!