アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:かふあさん

骨川スネ夫

ホネカワスネオ

ドラえもん

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

骨川 スネ夫(ほねかわ スネお)は、藤子・F・不二雄の漫画作品『ドラえもん』に登場する架空の人物。野比のび太のクラスメイト。2月生まれ(方倉設定では3月28日生まれとされていた)。

ナルシストかつイヤミ、口が上手く虚言癖の持ち主。強者には徹底してへりくだる虫のいい選択しかしない。父親は会社社長で家庭が裕福であり(小学生でありながら月の小遣いが1万円[1])、度々自慢話を吹聴してのび太を憤慨させたりうらやましがらせたりする。ごく初期にはメインの悪役になることが多くジャイアン以上に威張っていたが、間もなくジャイアンの子分としての立場を確立。原作・アニメ共にジャイアンとタッグを組み、悪戯を行う場面が多い。実はマザコンでもあり、危機的状況に陥ったり寂しかったりすると「ママ〜」と叫んで泣く(『ドラえもん のび太の恐竜』や『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』では「おかあさま」と呟いている)。
ケンカの際には、ジャイアンや親によるバックボーンからのび太に勝つことが多い。また、精神面ではのび太より下だと言う見方もあるが、実際はのび太やジャイアン同様、蛇や虫類などには強い。逆に、のび太が苦手とするオバケにも強い。[2]大長編等では特に、のび太やジャイアンが本編よりも勇敢な姿を見せる場面が多いこともあり、相対的に弱虫に見え易いが、それでも後期では前述の2人程ではないものの勇敢な一面を見せるシーンも度々あり、また、持ち前の現実的な判断力や器用さを発揮してメンバーに的確な提案をしたり戦力として大いに貢献したりすることもある(詳細は後述の知力・趣味・性格に記載)。また、「雨男晴れ男メーター」によると、数値が「-7」の強い雨男である[3]。
なお、骨川家の住所は「東京都練馬区月見台すすきヶ原3-10-5」[4]。
テーマソングとして「スネ夫のうた」(作詞・歌:肝付兼太、作曲・編曲:菊池俊輔)と「スネ夫のおぼっちゃマンボ」(作詞:マイクスギヤマ、作曲・編曲:沢田完、歌:関智一)がある。前者はテレビアニメ第2作1期、後者はテレビアニメ第2作2期の曲となっている。
また、一人称は「ボク」「ボクちゃん」だが、初期、または『エスパー魔美』にゲスト出演した際には「オレ」と称していたこともある。

出典:wikipedia

誕生日:3月28日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
骨川スネ夫とは?(ドラえもん)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

のび太のクラスメイト。家は金持ちで、それを自慢するイヤミなところがある。口が上手い。よくジャイアンとつるんでいる。現実的な判断力の持ち主。手先が器用で絵も上手く、将来の夢はファッションデザイナー。

誕生日

3月28日

性別

特技

ラジコン/絵画

弱点

幽霊/妖怪/ノストラダムスの大予言

趣味

プラモデル作り/ラジコン/読書/テレビゲーム/ジオラマ撮影/恐竜/鉄道模型製作/切手収集/古銭集め

好きな食べ物

オニオングラタンスープ

嫌いな食べ物

とうもろこし

声優

八代駿/肝付兼太/龍田直樹/関智一

俳優

小林顕作/山下智久

髪の色

職業

小学生

学年

小学4年生~小学5年生

子供

骨川スネ樹(将来)

兄弟・姉妹

スネツグ(弟)

ペット

チルチル(猫)/アンナ(猫)
汚い?処世術と言ってくれたまえ。強者に謙る狐顔蝙蝠「骨川スネ夫」の魅力『ドラえもん』
【画像】骨川スネ夫(ドラえもん)
 ドラえもんにおけるジャイアンこと「剛田武」とタッグを組む、良いトコのおぼっちゃん。ナルシストでイヤミでマザコンで臆病、陰湿・・・。スネ夫にいいトコなんてあるのか?と世間の人は思うでしょう。あるんです。これから私が(かなり頑張って)彼の長所を挙げて差し上げようじゃあありませんか!
モテる男の条件、金と安定(但し親のお陰)
 ドラえもんの本編でも度々描かれるように、彼の家はとてもお金持ち。小学生だというのに月の小遣いが1万円だそうです。父親が会社の社長だからね、仕方ないですね。

 世の中お金が全てとは言えませんが、最低限無ければ生きていけないのは事実。おまけにあればあっただけ色んな事が優位に運びます。過剰に持つのは危険なれど、余裕はあるに越した事はないのです。おまけに親が会社社長なら万一の事態が無い限り将来も安泰でしょう。特に不満が無ければ敷かれたレールの上を走るだけで何不自由無い未来が約束されています。磐石な地盤と後ろ盾のある人生は恵まれていると言わざるを得ません。
多彩な趣味、センスはなかなかのもの
 お金持ちなスネ夫。余裕があるということは、その分何かに費やす事ができるということでもあります。彼は幅広い趣味を持っており、模型作りやTVゲーム、アニメーション製作など実に多彩です。親戚の影響か、趣味に関しては造詣が深く、非常に拘っています。

 一部かなりマニアックな趣味も混じってはいますが、個人的には趣味に深く没頭できる人物は好感が持てます。好きな事、得意な事が無い、空っぽな人間ほどつまらないものはありません。劇場版ではこれら趣味を生かし、他の人には出来ない仕事をやってのけたりもします。恐らく最も有名で偉大な仕事は、宇宙小戦争におけるラジコン戦車ではないでしょうか。全編に渡り大活躍でしたしね。

 多彩な趣味を高次元で嗜む彼は、とても器用であると言えます。その器用さは仲間達にも認められているようです。
ドラえもんチームの名参謀。狡猾さも時には必要
 塾に通っている姿がちょくちょく見られますが、勉強はあまり得意ではない模様。しかし世の中勉強が出来る事と頭が良い事は決してイコールになりません。

 前項で説明した深い趣味から来る専門的な知識や、優れた観察眼や判断力は目を見張るものがあります。まぁ正しく使われるのは劇場版ばかりで、普段ではジャイアンの参謀としてのび太いじめの為にしか使われないのは何ともアレな感じではありますが。

 ともあれ、潜在的な知力や思考力は決して低くはありません。寧ろ天才・出来杉の次あたりにはランクインするのではないでしょうか。決して矢面に立たず、ジャイアンや出来杉の陰で安全に、しかし二人を出し抜くチャンスを伺っている・・・?
振り絞る勇気。臆病だからこそ
 劇場版ではのび太やジャイアンが勇敢になり大活躍する一方、スネ夫は普段のまま臆病で、敵から隠れて震えている事が多いです。しかし彼だって男の子、そのまま怯えているだけでは終わりません。何らかのきっかけで恐れる気持ちを押さえ込み、恐怖に震えながらも立ち向かうのです。

 確かに、迷い無く敢然と向かっていくのび太達と比較すると、少し情けなく映るかもしれません。しかし、内に恐怖を秘めながらもそれを封じ込めて、自分の中にある小さな勇気の火を必死に燃え上がらせて向かっていくその姿は、より感動を与えてくれます。
 
 性格が悪くて嫌な奴と思われがちな彼ですが、実はそれって誰にでもある一面だったりしませんか?例え何か悪い面があったとしても、他の面には素敵な物が隠れている筈なのです。スネ夫の魅力は、誰もが持っているネガティブな面も持ちながら、きっとそこに見え隠れする等身大の勇気や気持ち、優しさだったりするのではないでしょうか。
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

記者(諸葛均【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


骨川スネ夫についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ドラえもんのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!