アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:おたくユンさん

ピカチュウ

ピカチュウ

ポケットモンスターシ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ずっとサトシの手持ちにいるため、バトルの実力や絆の強さはサトシのポケモンの中でもトップクラスである[6]。ただし、サトシがいないときには明確な指示が与えられず、結果実力を発揮できないこともあり、ロケット団相手に苦戦することもある[7]。ヒロインの自転車を破壊したり(合計3台[8])、ロケット団との初の戦いでトキワシティのポケモンセンターを破壊するなど、通常のピカチュウに比べ電撃の力が非常に強力である。そのためロケット団に目を付けられ、その後は幾度と無く狙われることになる[9]。基本的に他のポケモンを気遣うなど優しい性格。面倒見も良く、ポケモンだけで行動する際はまとめ役となる機会が多い。他のポケモンから好かれることも多く、無印ではトサキント、AGではイーブイ、DP・BW2ではミミロルがピカチュウのことを好きになっている。恋愛面についてはサトシ同様に疎い面があり[10]、ミミロルの積極的なアプローチに戸惑ってはいるが、まんざらでもなさそうな態度をとることもある。このような面から、誰かに嫉妬されることもある[11]。BW43話ではロケット団をクビにされサトシたち一行に加わったニャースを信用していないものの、ニャースが敵意のない素振りを見せていたため無闇に攻撃することはなかった。しかし、BW48話でニャースが仲間になるふりをしてロケット団の作戦を遂行させていたことを知ると、激しい怒りを見せており、BW2Da!の2話でミジュマルとキバゴと共にサトシ達と逸れ、同じくムサシ達と逸れたニャースと一時的に行動を共にした際にはニャースの優しさに影響を受けつつも最後まで警戒心を解く事はなかった。劇場版の短編映画やOVAなど、ポケモンのみが登場する作品においては少数の例外を除き[12]主人公を務めている。放送初期の頃と比較して現在では若干性格が変化している。第4話では、サトシがピカチュウにビードル捕獲の為に攻撃を頼んだが、それを無視し布団を出してきて寝るなど、ギャグキャラでもあった。また、ロケット団を電撃で吹っ飛ばす際にニヤリと笑うことがあった。現在はサトシによくなついているが、初期の頃はカスミになついていた。一人称は「ぼく」[13]。ハルカやヒカリがコンテストに出場する時は、扇子と袴姿で応援することがある[14]。好物はトマトケチャップ。サトシとは深い絆で結ばれており、ムサシがピカチュウにクサイハナのエキスを使用して嗅覚をマヒさせ、サトシにはヘリウムガスを使用して別の声に変え、ムサシがサトシに変装してピカチュウを捕獲しようとした際にも、それらに惑わされずに本物のサトシの方を選んでいる[15]。ポケモンの心の声が聞こえるというNからは、サトシとピカチュウの関係に対して「人とポケモンがここまで強い絆で結ばれているケースは稀」と評されている。しかし、道具の力で一時的にロケット団に懐いたり、操られてサトシを攻撃したことがある。また、AG編で一度だけ記憶喪失になってロケット団の仲間になってしまい、その際にもサトシに襲いかかっているのと、マグマ団の首領・マツブサが持っていた「藍色の珠」が体の中に入ってしまい、グラードンを操って凶暴化する。DP編では、人助けで別固体のピカチュウの芝居として、サトシのエイパム相手にバトルをしたことがある。BWエピソードNではレシラムさえ操るアクロマのポケモンコントロールマシンに何度か操られてしまうが、白の遺跡ではサトシの声援で耐えて見せ、アクロマを驚愕させた。他のポケモンを顔と体全体で真似をするのが得意。また、相手に何かを知らせたり、相手を喜ばせるために、顔芸をすることがある。皮膚はよく伸びるようで、引っ張った状態から手を離すと輪ゴムのように勢い良く戻る。また何かを知らせるときの顔芸の場合、なぜか周りはピカチュウが伝えようとしていることをきちんと理解できている。BF編「ポケモンレンジャー登場!セレビィ救出作戦!!」では、力尽きて動けなくなったセレビィをサトシたちが助けに来るまで顔芸で元気づけたりしていたこともある。劇場版では顔芸で他のポケモンの真似もする。BW9話ではペンドラーの真似をする際、顔では表現できないため耳で表現した。「かみなりのいし」でライチュウに進化することを嫌っており、無印14話でのクチバジム戦で1度相手のライチュウに負けたとき、サトシが「かみなりのいし」で進化して再度対抗するのかと聞いたときには進化を拒み、ピカチュウのままでの勝負を自ら望んだ。ニャースの通訳によればこのとき、「ピカチュウのままでないとこの悔しさは拭えない」と言っていた。AG11話でサトシが「いずれはピカチュウを進化させる可能性がある」という趣旨の発言をした際は拒否反応を示さなかったが、DP21話でサトシは「ピカチュウが進化することはありえない」という趣旨の発言をしており、ピカチュウもそれに納得している様子であった。DP74話ではサトシがまだ「かみなりのいし」を持っており、「ピカチュウが進化を望むならそれでいい」とサトシは思っていたが、やはりピカチュウは進化しない道を選んだ[16]。BW69話では、かみなりのいしを借り物競争で借りるときも進化への拒否反応を見せた。電撃で自転車を3台[8]破壊している。最初の1台の持ち主・カスミは何度もサトシに弁償を求めたが、いつの間にか本人はそのことを忘れており、金銀編のラストでは修理された自転車に乗っていた。また、AG第1話では熱による暴走で、偶然迷子で飛び込んできたハルカの自転車を電撃で破壊した。ハルカは「まいっか」と割り切っているが、後の回でサトシはハルカの両親に対し謝罪している。3台目はDP第2話でヒカリに野生のピカチュウと勘違いされてゲットされそうになり反撃の際に破壊した。しかし、ピカチュウが追われていたという事情を知り気にしておらず、弁償を求めなかった[17]。ちなみに、いずれもシリーズが始まってすぐの出来事である。また、物語の始めにはトラブルに巻き込まれることも多い[18]。現在の使用技は「10まんボルト[19]」、「でんこうせっか」、「アイアンテール」(ホウエン編から)、「エレキボール」[20](イッシュ編から)。以前は「かみなり」(バトルフロンティア編まで)や「でんきショック」(金銀編まで)、「でんげき」(金銀編まで。ゲームでは「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」で使用可能)や「こうそくいどう」(金銀編まで)」、「すてみタックル」(カントー編)、「ボルテッカー[21]」(イッシュ編の途中まで)なども使用。BW2のイッシュリーグでは「アイアンテール」に「エレキボール」を重ねるという方法で勝利した。正確なレベルは不明[22]だが、「ポケットモンスターカードゲーム 映画公開記念ランダムパック2009」のサトシのピカチュウにあたる「ピカチュウM」のカードには、Lv.45との記述が見られる[23]。また、後述の配信された「サトシのピカチュウ」はLv.50であった。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ピカチュウについての雑談場(3件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:七子さんɔ 2014/09/03 17:30 ID:28B6795A ▽コメント返信
やはり初期の丸っこいピカチュウ可愛い

2 名前:吉田さん 2015/05/25 23:16 ID:02570D6E ▽コメント返信
画像のタイトル教えて
3 名前:名無しさん 2016/10/18 17:41 ID:DD2D3F13 ▽コメント返信
まさしく可愛さの完成形!
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ポケットモンスターシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!