アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

ティキ・ミック

ティキミック

D.Gray-man

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ポルトガル人。推定26歳。身長188cm。体重70kg。O型。第3使徒「快楽(ジョイド)」を司るノア。黒髪の癖毛で容姿端麗のタレ目、左目の下に泣きぼくろがある。好きなものはイーズ達と食べる食事、鯉。嫌いなものは勉強(本人曰く学が無い)。趣味は二重生活。人間時は浮浪児仲間と生活しているが、ノアの時は一国の大臣であるシェリル・キャメロットの弟として舞踏会などに参加、また伯爵に暗殺などの仕事を任されている。性格は極めて飄々としていて、基本的にノリは軽い。ノアでありながら人間臭い部分が多々見受けられ、またロードとは対照的に人間を好いている。二重人格的に『白(人間)』と『黒(ノア)』の顔を使い分ける事を楽しんでおり、『黒(ノア)』の時は殺人に快楽さえ覚えていた。その反面、気を抜くと人間に戻れなくなってしまう事を恐れている。能力は「万物の選択」。自身が触れたい物(イノセンスを除く)を自由に「選べる」権利を持つ。これを利用して空中を歩行したり、周りの大気を「拒絶」し真空状態を造り出すことも可能である。外傷を負わせずに心臓だけを抜き取って殺害する方法を好む(デイシャ・バリーを含む数名のエクソシスト、またケビン・イエーガー元帥の死因はこれ)。「選択」の能力の以外にも蝶型食人ゴーレム・ティーズを武器として使う。ノアの方舟ではアレンと激闘を繰り広げ、「神ノ道化」によって自身の中の「ノア」を破壊されたが、ロードがラビに倒された直後に再び「ノア」が覚醒。メモリーに自我を飲み込まれ、黒騎士を思わせる姿に変貌した。自我を失い、圧倒的な能力でアレン達を追いつめるが駆けつけたクロスによって返り討ちにされ、千年伯爵に救出される。その後、再び「ノア」の力を取り戻し再登場(以前は肩ぐらいまでの短髪だったがこの辺りからかなりの長髪である)。意識も元通り回復しているが、今まで無意識に押さえつけてきた「ノア」が完全に覚醒した事によって、自我を保つのが困難になっている様子。何故か覚醒した後は「通過」は使用せず、腕を変形させて攻撃するようになった。ロード、ワイズリーの発言、また過去の14番目と思われる人物の姿から、14番目に似ていることが分かっている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


ティキ・ミックについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>D.Gray-manのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!