アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:タマ&ポチさん

凰鈴音

ファンリンイン

IS<インフィニット...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作のヒロインの1人。IS学園の1年2組に所属。中国の代表候補生。一夏曰く「セカンド幼馴染み」。愛称は「鈴(りん)」。身長は150cm。なお、コミックスでは姓が「鳳」と誤植されている。ツインテールの髪に小柄な体格という可愛らしい見た目だが、サバサバした性格で気性も激しいところがあり、考えるよりも行動、というタイプ。自他共に認めるほどフットワークが軽く、IS学園に編入してきた時に持ってきた私物もボストンバッグ一つで収まる程だった。中学3年からISの勉強を始め、猛勉強の末に1年で専用機持ちの代表候補生になったという努力家の一面もある。貧乳に最大のコンプレックスを抱いており、指摘されると激怒する。制服は自己アレンジ的な改造を加えており、肩の部分が露出している。実家が中華料理店だったため中華料理が得意。一夏と知り合った頃は壊滅的だったが、その後上達した。中華料理以外も見栄えはよくないが味はまともらしい。戦闘力は高く、動体視力も優れている。箒が引っ越していったのと入れ違いの形で、小学5年生の始めに一夏のいる学校に転校してきて知り合い、初対面の時には一夏の顔面にグーパンチをしている[6]。理由は不明。それから中学2年生の終わり、両親の離婚のため中国に帰国するまで彼と時間を共にした。中学に入ってからは一夏・弾との3人でよく遊んでいたが、弾の妹の蘭に対しては一夏を巡ってライバル意識のようなものを持っていた。当時は実家の中華料理屋に一夏がよく食事に来ており、鈴の方も一夏の自宅にしょっちゅう遊びに行っていたため、今でも彼の自宅の部屋へ気兼ねなく入っていくなど勝手知ったる仲だが、千冬には苦手意識を持っている。また、その頃から一夏にずっと好意を抱いているもののなかなか素直になれず、自らの気持ちをうまく伝えることができずにいる。箒に次いでツンデレの傾向が強い。一夏のIS学園入学を知り、彼を追いかける形で再来日、新年度開始早々の四月に途中編入として入学してきた。元々軍部から入学を勧められていたときは拒否していたが、一夏の入学の件を知ると一転して軍部を脅す形で編入した。部活動はラクロス部に所属。ルームメイトは「ティナ・ハミルトン」。専用ISは「甲龍」。IS適性は「A」。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
凰鈴音とは?(IS<インフィニット・ストラトス>シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ヒロインの1人。中国の代表候補生。一夏の「セカンド幼馴染」小柄な体格と八重歯が特徴で、性格はサバサバとしていて気性が激しい。協調性が欠けている。貧乳にコンプレックスを抱いており、指摘されると激昂する。実家は中華料理店で中華料理が得意。

年齢

16 歳

性別

あだ名

鈴(リン)

特技

中華料理

弱点

貧乳

声優

下田麻美/ヒラリー・ハーグ(英語版)

身長

150 cm

髪の色

髪型

ツインテール

アクセサリー

黄色いリボン

学校・会社

IS学園

部活・委員会

ラクロス部

職業

高校生

学年

高校1年生
小柄で元気なツインテール!チャイナ娘「凰鈴音」の魅力とは?『インフィニット・ストラトス』
【画像】凰鈴音(IS<インフィニット・ストラトス>シリーズ)
 『IS<インフィニット・ストラトス>』の「凰鈴音(ファンリンイン 以下鈴)」は、中国の代表候補生で、一夏の幼馴染です。身長は、150cmほどと小柄で、元気でツインテールがよく似合っていますが、気性は見た目とは違い荒く、細かいことを考えるのは苦手。しかし、中国の代表候補生ということで、専用機持ちでISの操縦技術はなかなかのものです。一夏に対しては昔から好意を寄せていましたが、素直にその思いを伝える事が出来ずツンデレとなっていました。今回は、そんな「凰鈴音」の魅力についてご紹介したいと思います。
コンプレックス
 鈴は、身長150cmほどと小さく、リボンを結んだツインテールをしているため、一見小学生のようにも見えますが、一夏や他のヒロイン達と同じ年です。本人も発達が遅れていることをコンプレックスに思っているようで、その事に触れると烈火のごとく怒ります。まるで小学生が怒っているようにしか見えないのも、鈴の魅力のひとつと言えなくはないでしょう。ただ、ISの腕は確かで、中国の代表候補生にして専用機持ちというエリートです。
セカンド幼馴染
 一夏と出会ったのは小学校5年生の頃。転校していったヒロインの1人である「篠ノ之箒」と入れ違いに転校してきました。箒が、「ファースト幼馴染」、鈴が「セカンド幼馴染」ということになります。出会った頃は仲が悪かったのですが、次第に鈴は一夏に好意を持ちます。そして一夏と、「料理が上達したら毎日あたしの酢豚を食べてくれる?」という、まるでプロポーズのような大事な約束をします。その後IS学園で一夏と再会した鈴は、この約束を持ち出しますが、超ド級の鈍感さで定評のある一夏は、鈴との約束を“タダ飯を食べさせてもらえる”と勘違いしていました・・・。かくして、鈴の野望は潰えたのでした・・・。
不遇のツンデレ
 「料理が上達したら毎日あたしの酢豚を食べてくれる?」という言動からわかるように、普段はハキハキと物を言う鈴も、一夏に対してなかなか好意をはっきり伝える事ができません。人のいる前では普通に話しますが、二人きりになるとモジモジしてしまう、いわゆるツンデレの属性があります。しかし、箒にもツンデレ属性があり、しかもヒロインとしては箒のほうが格上になっている事から、彼女の存在感は薄れてしまいました・・・。しかも鈴の後に、「シャルロット・デュノア」「ラウラ・ボーデヴィッヒ」という人気ヒロイン達が登場してしまったため、ますます影が薄くなります。このため鈴は、ISの不遇なヒロインとして知られるようになりました・・・。

 小学生みたいな容姿をのぞけば、ISの操縦も上手く、明るく元気で、料理もばっちり(中華料理限定ですが)と、ヒロイン達の中では女子力の高い「凰鈴音」。しかし、一夏と多感な時期を幼馴染と過ごしていたせいか、一夏からは男女を越えた親友と思われているようで、あまり女子扱いされません・・・。稀に女子扱いされても、鈴がツンデレを発動し打ち消してしまいます。鈴が一夏を攻略できる日は来るのでしょうか・・・?
(C)2011 Izuru Yumizuru, MEDIA FACTORY/Project IS

記者(しゅるま【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


凰鈴音についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>IS<インフィニット・ストラトス>シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!