アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:natteiruさん

藍原延珠

アイハラエンジュ

ブラック・ブレット

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

モデル・ラビットのイニシエーター。蓮太郎の相棒。10歳。一人称は「妾」で尊大な口調であるが、性格は明るく素直で天真爛漫。ツインテール。バラニウム製の靴底を使い、蹴り技主体で闘う。蓮太郎の「ふぃあんせ」を自称し木更にライバル意識を抱いている。アニメ「天誅ガールズ」のファン。既にガストレアウイルスによる体内浸食率が40%以上の超危険域に達しており、残り2年も生きられないと予測されている。この事実は蓮太郎や菫など限られた人物だけが知っており、延珠本人には実際よりも低い数値を告げる形で伏せられている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
藍原延珠とは?(ブラック・ブレット)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

蓮太郎の相棒。10歳。性格は明るく天真爛漫。最初は人間不信に満ちた態度だったが、蓮太郎に対して過剰なほど愛情と信頼を向けるようになった。蹴り技主体で戦う。

年齢

10 歳

性別

声優

日高里菜

髪の色

オレンジ

髪型

ツインテール

アクセサリー

うさぎの髪留め
小さい背中に多くを背負った可愛い小学生「藍原延珠」の魅力とは?『ブラック・ブレット』
【画像】藍原延珠(ブラック・ブレット)
 2021年に突如として人間を襲った謎の生物「ガストレア」。ガストレアを退けられる唯一の武器は「バラニウム」と呼ばれる特殊な金属のみで、人間はバラニウムで作られた巨大な壁「モノリス」で囲まれた地域のみでの生活を余儀なくされています。

 そして、未知の生物に対抗すべく、ガストレアウイルスを体内に保持する人間離れした力を持つ特殊な子供たち(通称:呪われた子供たち)。彼らはイニシエーターと呼ばれ、普通の人間であるプロモーターとペアを組み、ガストレア関連の事件を専門に対処します。「藍原延珠」はその(呪われた子供たち)の一人で、「里見蓮太郎」とペアを組むイニシエーター。今回は、一般人から恨まれ肩身の狭い思いをしているにも関わらず、精一杯生きる小さな女の子「藍原延珠」の魅力についてご紹介します。
呪われた子供
 ガストレアウイルスを体内に宿しながも人間として生きる子供たち。彼らは「呪われた子供たち」と呼ばれています。この呪われた子供たちは、小学生程度の女の子しかおらず、延珠もその一人。一人ひとり、違う能力を所有しており、延珠は“モデル・ラビット”のイニシエーターです。簡単に言うと、うさぎの脚力や俊敏性を合わせ持つ女の子という事です。

 その脚力はすさまじく、普通の弾丸では破壊できないガストレアの固い装甲も、蹴り一発で粉々にできるほど。怒らせて暴れさせてしまうと、家などは崩壊寸前まで追い込まれてしまいます・・・。それに加え、俊敏性もずば抜けています。深い森の中でもスピードを緩めることなく疾走する事ができ、自分より数倍も大きな蓮太郎を肩車しながら全力疾走・・・なんて事もお手の物です。また、呪われた子供たちの特徴として“瞳が赤くなる”というものがあります。これもうさぎっぽくてかわいいですね。
まるで武士のような振る舞い。それでいて天真爛漫な性格
 延珠は自分のことを「わらわ」と呼びます。しゃべり方も「~じゃ」など、おじいちゃんのような、武士のようなしゃべり方をしており、見た目とのギャップも相まってとてもかわいいです。そして振る舞いは少し大人びています。というより“ませている”といった感じでしょうか。蓮太郎のことを「ふぃあんせ」(ひらがななのは仕様です)と呼んでおり、10歳ながらに結婚を意識している可愛いやつなのです。

 性格はいつも明るく、喜怒哀楽もはっきりしており、学校での出来事をニコニコと嬉しそうに話したり、疲れた時には全身を脱力させたり、そのコロコロとかわる表情は見ていて飽きません。
小さいながらも多くのものを背負っている
 延珠は、自分の正体を隠して学校に通っています。それは、呪われた子供は世間的には迫害されるような存在だからです。しかし、どこからか延珠が呪われた子供である事が学校にばれてしまい、友達であった子たちからも忌み嫌われるように・・・。しかし、不幸はそれだけでは終わりませんでした。

 蓮太郎がモノリスの外で暮らしている呪われた子供たちの為に、青空教室と称して教育を施していた時の事。呪われた子供たちを撲滅させようと攻撃的な姿勢をとる団体に、生徒であった子供たち全員が殺害されてしまいます・・・。それを見て延珠は「ガストレアからみんなを守っているのは呪われた子供たちなのに、なんでこんなことするんじゃ」と、自分は「何を何のために守っているのか」が分からなくなってしまいます。それでも、延珠は「一般の市民を守る」というつらい道を選択するのです。

 とはいえ10歳の子供です。普通なら怒りに身を任せて人間に敵対してもおかしくありません。悲しみのあまり、立ち直れないほどのトラウマができてしまってもおかしくないのです。それでも、それらを退けて必死で頑張る延珠の姿には号泣必死です。10歳ながらにいろいろ考えている延珠がふいに口にする言葉に、時折ハッとさせられます。

 「藍原延珠」の活躍するアニメ『ブラック・ブレット』は13話構成で1期のみ放送されました。彼女の活躍をその目で見てみたいという方は、是非ともアニメをチェックしてみてください。
(C)2013 神崎紫電/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/ブラック・ブレット製作委員会

記者(ゆーたろー【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


藍原延珠についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:藍原独唯 2015/12/23 04:09 ID:58D601F6 ▽コメント返信
延珠はそんな口調ではないですよ?
~なのだ。というのは良く言いますが、~じゃ。は1度も言ったことはありません。
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ブラック・ブレットのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!