アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ナミィさん

古代進

コダイススム

宇宙戦艦ヤマトシリー...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

2181年8月10日生まれ。『宇宙戦艦ヤマト』では戦闘班長、作品後半からは艦長代理も兼任。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では艦長の土方竜の死亡後、新艦長へ着任。『宇宙戦艦ヤマトIII』では艦長。駆逐艦ゆきかぜ艦長の古代守は実兄。文庫版『宇宙戦艦ヤマト』での松本零士のコメントによれば、当初は『男おいどん』の大山昇太や『元祖大四畳半大物語』の足立太のような容貌になる予定だったが、スポンサーの「郷ひろみみたいにかっこよく」という要望で現在の外見になった。名前の元となったのは、松本版『光速エスパー』の主人公、古代すすむ。また、すすむという名前自体は松本の弟の名前から取ったものとのこと。なお、名字の繋がりとして松本零士の書いた第二次世界大戦を舞台とした短編集の戦場まんがシリーズの「鉄の竜騎兵」に古代一等兵という兵士が登場するが、つながりは不明。また、『潜水艦スーパー99』にも沖ススムが登場し、兄の五郎は古代の兄・守に似ている。18歳(ヤマト発進時、火星での訓練中は17歳、ヤマトの地球帰還時には19歳)。2193年、出身地である神奈川県三浦半島へガミラスからの遊星爆弾が落下して両親が死亡した上、2199年には兄の古代守が冥王星会戦で行方不明となったことから、ガミラスへの復讐を誓う直情型の性格となった。それまでは、昆虫が好きで争いを嫌悪する優しい性格だった。宇宙戦士訓練学校を経てヤマトの戦闘班長に就任し、第一艦橋に座る一方でコスモゼロを駆る。当初は、兄を連れて帰って来なかったということで艦長の沖田十三を快く思わなかったり、訓練学校の同期生かつ親友で航海班長の島大介と、戦闘と航海のどちらを優先するかで対立したりといったことが多かった。しかし、島をはじめ真田志郎ら仲間と共にイスカンダルへの航海や戦闘を続け、沖田の人となりに触れたことから、それまで直情的だった性格も改められていった。沖田の病状が悪化した後は艦長代理を兼任する。死んだと思われた守とはイスカンダルで再会し、地球への帰還よりスターシャとの愛を選んだ彼を見送る。復讐を誓ったはずのガミラスとの戦いが終わった後には、戦うことよりも大事なことがあったという結論へ思い至った。また、森雪とは戦闘や航海を経て惹かれ合い、恋人同士となっている。

出典:wikipedia

誕生日:10月31日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
古代進とは?(宇宙戦艦ヤマトシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

10月31日
ヤマトに命を懸けた若き戦士「古代進」の魅力とは?『宇宙戦艦ヤマト』
【画像】古代進(宇宙戦艦ヤマトシリーズ)
 漫画雑誌からアニメ界へ飛び出し、ハリウッド映画への進出も目されている、日本発SF感動ストーリー『宇宙戦艦ヤマト』。その魅力は、正義と勇気と人類愛で「地球救出」を目指した、偉大な艦長と隊員達の熱い絆と信念があったればこそ。松本零士の描く絵と素晴らしいストーリー展開に、無限の星空へ心を馳せるきっかけをもらったファンも多いのではないでしょうか。今回は、そんな初期『宇宙戦艦ヤマト』の若きリーダー、艦長代理の「古代進(こだいすすむ)」の魅力についてご紹介いたします。
復讐に燃えて目覚めた人類愛!?
 過去にガミラスの遊星爆弾に両親を殺され、またガミラスとの戦闘で兄(古代守)を亡くし、沖田艦長が兄を生きて連れ帰らなった事を恨み復讐心を燃やしていた「古代進(こだいすすむ)」。そんな彼の、復讐の葛藤から人類愛に目覚めていく成長の様子は必見です。ヤマトの中で、艦長専属医の「佐渡酒造(さどさけぞう)」や、親友の「島大介(しまだいすけ)」、恋人となる「森雪(もりゆき)」など、仲間たちと切磋琢磨しながら、彼自身も立派な戦士になれたからこそ、偉業を達成出来たと言えるでしょう。
奇跡の再会!愛に生きる男の一生!
 森雪と恋人関係になった古代は、イスカンダルで死んだと思っていた兄の守と再会します。目的を遂行する為に地球帰還を果たす古代の前で、兄の守が取った行動は、スターシャとイスカンダルで命を共にする事でした。愛に生き愛に散る・・・。守の恋路を理解した進は、大切な家族を見送ることに絶望する事はありませんでした。それは自身が愛を得て愛に生き、愛を育てていく一生を選んだから。『宇宙戦艦ヤマト』は愛に生きる男達の熱いドラマなのです。
恩師の遺志を受け継いで!
 沖田艦長のもとで戦士として成長した古代進。沖田艦長の病状の悪化から、艦長代理を兼任するようになります。航海班長の島大介や他の乗員たちからも一目置かれるようになるまではなかなか大変でしたが・・・。やはり、沖田艦長の遺志を受け継ぐのは、ぶれない正義感と小さな可能性を信じ邁進する度量を持った古代進以外にありえません。沖田艦長の人を見る目は確かでした。

 海に散った名鑑、戦艦大和(ヤマト)を、「地球救出」という壮大なテーマで、はるかな銀河へと飛ばした名作『宇宙戦艦ヤマト』。初代艦長「沖田十三」のもとで、人として男として大きな成長を遂げた「古代進」が、沖田の遺志を継いで艦長になったのも当然です。「古代進」は、地球を守る戦士として、宇宙に浮かぶ小さな地球を愛する熱い心を持ったヒーローなのですから。
(C)東北新社
 >>> 宇宙戦艦ヤマト DVD MEMORIAL BOX

記者(リードさん【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


古代進についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>宇宙戦艦ヤマトシリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!