アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:豆太さん

七条アリア

シチジョウアリア

生徒会役員共

0

pt

キャラクター紹介

桜才学園生徒会書記。初登場は単行本1巻#1。裕福な実家に生まれたお嬢様。学業成績は優秀で、稽古事も多数こなしている。加えて美人かつ巨乳でプロポーションも良い。しかしシノ以上にハードな下ネタが好きで、唐突にSMネタやアダルトグッズネタなどの“重いジョーク”を飛ばすことがしばしばあるそのせいか基本的にはボケ役で、ツッコミを入れることはめったにない。性格は明るく温和な「おっとりお姉さんタイプ」であり、人当たりもいい。お嬢様キャラ特有の世間とのズレや天然な反応を見せることも少なくない。アリア自身は恋愛経験もなく処女であると公言しているが、一方でアナルフェチ、露出癖といった特殊性癖の持ち主でもある。ノーパンでいることも多く、また自宅で寝る時は全裸らしい(但し白いソックスだけは着用)。生理用品はタンポン派。貞操帯を着用することがあり、鍵は当初自分で管理していたため生徒会室の鍵と間違えてスズに渡したことがある。後に基本的にメイドの出島サヤカが管理するようになる。父がM、母が女王様の節(後述)があり、借り物競争で「ペットにしたい動物」にタカトシを指名したり、犬の真似をさせたり、タカトシを踏むことを企んでいたりなど、アリア自身も女王様気質であることを窺わせる言動がある。高級料理より庶民的な料理が好き。苦手な食べ物はアワビ(理由は「共食いしてるみたいだから」)。本人曰く冷え性体質。中学時代はテニス部に所属しており、全国大会に出たほどの腕前。ただ、桜才学園に入学してからは「胸が重いから」という理由でテニス部への入部を断念している。なお、花粉症持ちであるらしい。タカトシを憎からず思っている節があるが、どちらかと言うとペット感覚に近い模様。また、タカトシにテニスをコーチする際に背後からペニバンをこすりつけたり、水着の女生徒に見とれているタカトシをたしなめるために(制服越しではあるが)アナルに指を入れたりなど、かなり大胆で直接的な行動も見られる。タカトシが他の複数の女性から好意を向けられていることにはすでに感付いているようで、「自分は非モテ」であると思い込んでいる彼に「むしろ(モテていることに)気付いてないよ?」とその鈍さを指摘したことがある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
七条アリアとは?(生徒会役員共)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

容姿端麗成績優秀!巨乳の下ネタお嬢様「七条アリア」の魅力とは?『生徒会役員共』
【画像】七条アリア(生徒会役員共)
 『生徒会役員共』の「七条アリア」は、容姿端麗で成績も良く、生徒会役員の中では数少ない(唯一?)の巨乳。しかも裕福な家のお嬢様と、非の打ちどころのない美少女です。しかしこのお嬢様は、なぜか下ネタを言いまくります。自身のこと(下着を履いていない事など)が多いのですが、唯一の男性役員である「津田タカトシ」には、男性の生理現象系の下ネタも。今回は、そんな「七条アリア」の魅力についてご紹介したいと思います。
絵にかいたようなお嬢様
 「七条アリア」は裕福な家の生まれで、お付きのメイドまでいる本物のお嬢様です。おっとりとしたしゃべり方で温和な性格をしており、誰とでも仲良く話す事ができます。成績は、生徒会長で親友でもある「天草シノ」には及ばないものの相当優秀で、容姿端麗、しかもHカップの巨乳、そのうえ礼儀正しく各種お稽古ごともこなすという、まさに絵にかいたようなセレブなお嬢様です。
“重いジョーク”を息を吐くように
 絵にかいたようなセレブのアリアですが、困った事に日常的に下ネタを言いまくる癖があります。シノも下ネタを言いますが、そのシノですら「重いジョーク」というほどの下ネタです。ピー音が連発することもあり、実際は「ジョーク」では済まないレベルなのでしょう。また、下ネタを言う時に、特に恥ずかしがる表情や素振りは見せず、おっとりとした口調で、まるでお昼のお弁当のおかずの事を話すように、貞操帯や生理用品の話をします。アリアは下ネタを話す事が恥ずかしいとは認識していないのかもしれません。
“女王様”の血を受け継ぐ
 ちなみにジョークを言う相手は、生徒会役員など一部に限られており、その辺の区切りはできているようです。もっとも、どんどん重くなっていくジョークにツッコむタカトシは大変でしょうが・・・。タカトシの事は、シノやスズほどではないにしろ気にはなっているようで、「ペットにしたい」発言などもありました。アリアの母親は、夜の“女王様”らしく、その影響からかアリアもそんな片鱗を見せる事が有ります。美人なお嬢様にも関わらず、下ネタを平気で言い放つ女王様(気質)。このギャップもまた彼女の魅力のひとつなのでしょう。

 アリアのCVは、『氷菓』の「千反田える」役や、『ご注文はうさぎですか?』の「千夜」役など、ほんわかとした役柄の多い「佐藤聡美」さんです。アリアも雰囲気はほんわかとしているので声質はぴったりなのですが、話す内容はほんわかとはかけ離れており、佐藤聡美さんの声と相まってその破壊力は抜群です。原作では、「アニメ化にあたり担当する声優さんがいて良かったね」と発言をしていたようですが、まさにその通り。本当によく引きうけてくれました・・・(心の底から)。
(C)氏家ト全・講談社/桜才学園生徒会室

記者(しゅるま【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


七条アリアについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>生徒会役員共のキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!