アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ソードさん

山崎退

ヤマザキサガル

銀魂

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

真選組の監察方(密偵)。優秀な密偵であり、他の部隊とは別に、黒い噂が流れる場所に自らが乗り込む密偵の活動をしている。ただし密偵の割には何かと口が軽い所が欠点。隠密活動時には常に非常食として真選組ソーセージを携帯している。真選組主要メンバー3人に次いで出番が多いが、作者・空知曰く「表紙になるような山崎は山崎じゃない」とのことで表紙には登場させてもらえない。その後、31巻では背表紙を飾った。「退」という名前は決してネガティブな意味ではなく、「一歩退いて 物事を冷静に見、ことにあたれ」という意味が込められている。あだ名は「ジミー」(銀時が命名)もしくは「ザキ」。組の中では「ミントン」と呼ばれることが多い。自他共に認める地味キャラ。アニメOPやEDでもよく見なければわからないような所に登場している。しかしその地味さ加減が密偵に最も適しているらしい。その為、一日局長を務めたお通らが捕まって人質になっていた時に、人質の中に(女装して)紛れ込んでいたため、お通の救出に成功するという活躍を見せた。お通のファンであるが、新八ほど入れ込んではおらず、寺門通公式ファンクラブ決定戦も局長の命令で嫌々参加させられていた。また、地味キャラ故に新八とは仲が良い。上司思いの面があり、愚痴を言いながらも近藤や土方を慕っている様子で、彼らが率いる真選組の監察方としての確固たる信念を持ち備えている。自分の命を危機にさらしても、監察として土方に真実を伝えることを最優先し、実行しようとした。万事屋で働く新八とは「お互い妙な上司を持つ者同士」かつ「地味キャラ同士」として意気投合している。また、十番隊隊長の原田右之助とは昔からの友達である。沖田と同じく銀時を“旦那”と呼ぶようになり、土方と似たような扱いを受けながらも慕っている。仕事は忠実にこなす一方で、普段は暇さえあればミントン(バドミントン)をしており、勤務時間中にもかかわらずミントンをしては土方に見つかりボコボコにされている。アニメ版では時折、その趣味が強調されている場面が見られる。練習時・試合時のウェアはテニスの王子様を彷彿。一時はカバディにもはまっていた。真選組動乱篇では、伊東の動向を土方の命令で探り、彼による近藤暗殺計画を察知するが、伊東と組んでいた(実際は利用していた)鬼兵隊の河上万斉によって刺され重傷を負う。そこから山崎死亡の知らせが真選組中に伝わったが、実際は彼の心意気を気に入った万斉に見逃され、事件終結まで入院していた。退院後に謹慎処分の身だった土方と共に復隊を果たした。張り込み中の食事はあんパンと牛乳にするよう自身を律している。が、その生活が一カ月続いた際には精神が崩壊寸前まで追い込まれ、土方の顔面に全力でアンパンをスパーキング(叩きつける)してしまったため、大怪我を負う羽目になった(目が覚めたときには包帯だらけになっていたので、キレた土方にボコボコにされたと思われる)。この回以降、あんパンとの絡みが増え、本人はミントンキャラからあんぱんキャラに格上げになったと発言(銀魂春祭り2010(仮)より)。2年後編で副長になった時は、語尾が「~あん」になり、あんぱんを吸引していた。また、万事屋に送った年賀状や岩松に渡した“迷惑料”には「あんぱん」の字が紙面一杯に書かれていた。しかし、あんパンは別に好きではない。『週刊少年ジャンプ』での「第2回人気投票」後にはエピソードの黒幕を務めた(勿論、内容はギャグ)が、初めて全裸を晒してしまった。この時の現実の順位は9位と前回より後退しており、寺門通公式ファンクラブ決定戦でモヒカン刈りにされたのが原因と本人は語っている。それでも10位台の近藤より順位は上であり、決して人気が低い訳ではない。最後には地味キャラとしてみんなから認められた。アニメ版では攘夷党潜入捜査の回において、この回の為に『テニスの王子様』の主人公・越前リョーマに扮した番組予告を行っている。また、大勢の敵を一人で蹴散らす等、意外と強いと言う一面も見せた。剣術に関しては紅桜篇終了後、土方が下した「銀時が攘夷志士であれば穏健派、過激派に関わらず斬れ」という命令に対し、「自分も旦那(銀時)に負けたくせに俺が勝てるわけない」とぼやいていたことや、銀魂キャラクターズブックvol.2で土方が「剣の腕も人気も程々」と発言しているため、腕は土方よりも劣ると思われる。『3年Z組銀八先生』でも風紀委員として近藤達の下に就いている。ここでも隙あらばミントンやカバディをし、土方に鉄槌を下されている。しかし第四巻では動物捕獲の際、一度のみミントンをしていても怒られないシーンがある(近藤さえ分かり合えなかったオラウータンを手懐けたため)。そのミントン好きは銀魂高校七不思議の一つに数えられていた。3巻の挿絵ではたまに想いを寄せているらしく、お茶に誘う描写が見られた。本編でその設定が逆輸入され、万事屋と真選組の仲を取り持つため、たまとのお見合いが行われたが失敗に終わっている。しかしその後もたまへの好意は持ち続けている様子。『金魂』では他の真選組の主要メンバー3人が金髪のイケメンホストであるのに対し、彼だけが沖田が連れている白馬となっている。しかも真選組とは関係ない武蔵っぽい人が逆にイケメンホストとしてメンバー入りしている。人気投票では第一回では5位、第二回、第三回では9位とそれなりの人気がある。名前の由来は新選組の諸士調役兼監察を務めた山崎烝より。

出典:wikipedia

誕生日:2月6日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
山崎退とは?(銀魂)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

真選組の一人。地味な容姿で目立たないが、自身の仕事が密偵であるためそんな特徴を仕事に活かせている。仕事ぶりにも定評があり真選組の中でも認められている存在。

年齢

32 歳

誕生日

2月6日

性別

あだ名

ジミー/ザキ

趣味

バドミントン

声優

太田哲治

星座

みずがめ座

身長

169 cm

体重

58 kg

髪の色

学校・会社

真選組

職業

密偵

役職

監察方
ミントン、カバディ、あんぱん?目立たないけど実はデキル男「山崎退」の魅力とは?『銀魂』
【画像】山崎退(銀魂)
 江戸時代末期、地球に襲来した天人(あまんと)と侍たちのギャグ、シリアス、バトルの入り混じる物語『銀魂』。そこに登場する真選組の監察方「山崎退(やまざきさがる)」。主要キャラと呼ぶには地味過ぎ、モブと呼ぶには目立ちすぎる・・・。今回はそんな中途半端(?)な存在「山崎退」の魅力についてご紹介したいと思います。
多すぎる趣味
 『銀魂』の「山崎退」と言われてまず思いつくのが、「ミントン」「カバディ」「あんぱん」というキーワードでしょう。

 山崎は物語に登場した当初からミントンをしています。花見の回で場所取りをしているはずの山崎。仕事を放置してミントン・・・。沖田さんの「山崎ならあそこでミントンやってますぜ」の言葉から、土方さんに追いかけられるシーンはとても印象的でした。他にも政府のお偉いさまの護衛をさぼってミントンをしたり、みんなが素振りしている横でミントンをしたり・・・と、うっとうしいまでのミントン押し。

 カバディの登場は少ないですが、「ミントンじゃないの?」「カバディってなんだ?」と興味をそそられます。カバディについては・・・いまいちルールが分かりません(笑)山崎の謎が深まります。

 その二つの後に登場したのが「あんぱん」です。監察方である山崎は、“張り込み”の仕事をすることが多いです。その張り込み中には「あんぱん」と「牛乳」しか口にしないというのが山崎の信念。なんだその間違った頑張り方は、というのが本心ですが、そんなところも可愛らしいです。最近ではあんぱんを敵に投げつけるという攻撃法まで登場し、“山崎=ミントンorあんぱん”という図式が完成しました。
土方さんとの掛け合い
 「土方十四郎」は真選組の副長、主人公「坂田銀時」のライバル(?)です。監察方という裏の仕事をしている山崎は、明るく快活な局長の近藤さんではなく、土方さんの命令で動くことが多いです。ゆえに二人セットでの登場が多く、その掛け合いはなかなか魅力的です。

 仕事を放ってミントンをしたりカバディをして土方さんに殴られるシーンはもはやお決まり。沖田さんの「山崎ならミントンしてますぜ」からの土方さんの「山崎ぃぃぃいいいいい!」という流れに毎回にやにやします。張り込みが長引きすぎてあんぱん生活に疲れた山崎が、土方さんにあんぱんをスパーキングしたシーンには声をあげて笑うこと必至です。

 そして不意に訪れるシリアス回。ミツバ編で土方さんと唯一情報を共有しているのが山崎だった時には、二人のその信頼関係に感動したものです。真選組動乱編では、殺されそうになりながら土方さんたちに情報を伝えようと這っていく姿。今までの間抜けな姿と全く違い、思わず涙が・・・。
案外できる男
 ギャグシーンが多く、他のキャラクターと比べて弱そう(主要キャラたちのように戦闘シーンが出ないので、強いイメージが付きにくい)な山崎ですが、監察方としての能力はピカイチです。お通ちゃんが人質に取られる場面では、人質の女性に扮した山崎が犯人グループの隙をついてお通ちゃんを救出しました。

 山崎が情報収集をする場面が描かれることは少ないですが、要所要所で土方さんに情報を伝えるのはいつも山崎の仕事です。どこでその情報を得ているのかを考えると、描かれていないだけで実はしっかりと仕事をする優秀な男なのだと分かります。潜入捜査での変装など、地味だからこそ出来る事。たくさん描かれるギャグシーンと、時折垣間見る優秀さのギャップがまたたまりません。

 もっと活躍シーンが見たいような、いつまでも地味でいて欲しいような、微妙な思いを抱えてしまう・・・そんな「山崎退」。『銀魂』を見たことがない人も、既に見ている人も、ぜひ「山崎退」にスポットライトを当ててみてください。面白い『銀魂』がさらに面白く感じられると思います。
(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・サンライズ

記者(なー【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


山崎退についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>銀魂のキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!