アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:toraさん

岡部倫太郎

オカベリンタロウ

Steins;Gat...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

未来ガジェット研究所のラボメンNo.001にして、ラボの創設者。年齢:18歳。生年月日:1991年12月14日(いて座)。血液型:A型。身長:177cm。体重:59kg。本作の主人公。東京電機大学1年生。まゆりや橋田からは「オカリン」と呼ばれている。実家は青果店。表面的には重度の厨二病で、狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま)の二つ名を名乗る。節度のない厨二的振舞いに加え、空気の読めていない言動も嵩むため交友関係は狭い。特に象徴的な厨二的行動のひとつとして、窮地に追いやられたり、深く感銘を受けた場合に、突然繋がっていない携帯電話を片手に架空の同志とエア通話を始めることがあり、その会話内容から鳳凰院こと岡部は「とある機関に狙われている」設定を持つことが伺える。こうした痛々しい振舞いは、6年前のまゆり絡みの理由から意識的に演じているものであるが、劇中では意識せずとも自然と厨二病的な言動をとれる程になっている。根は善人でお人好し。不測の事態に対してはあっさり動揺するが、ラボメンの危機には率先して対処する仲間思いな青年である。物語の最初と最後とでは、振舞いは同じでも印象が変化していく人物として描かれている。萌えにはさして興味はなく、アニメは主にロボット物を見ている。体力はなく、少し走っただけですぐ息を切らしてしまう。また、@ちゃんねらーである為、橋田程ではないが、日常会話に@ちゃんねる用語やネットスラングを織り交ぜることも。ドクターペッパーの愛飲家で、ラボの冷蔵庫内には、複数常備されている。ラボの賃貸料・光熱費・材料費などの諸経費は岡部の自己負担であり、7月27日までのチラシ配りのアルバイトで、大学の夏休み期間中は自活可能な額を蓄えている。『比翼恋理のだーりん』では、厨二病の言動・よれた服装・雑な髪型、無精髭などの要因により普段は誰も気づかなかったが、身だしなみを整えれば実はイケメンであるという設定が明かされた。ニトロプラスコンプリートに記載の小説では、『CHAOS;HEAD』に登場する蒼井セナと1年前に偶然出会っている。言動があまりにも異常過ぎた為、セナから「これ以上妄想はするな」と忠告された。岡部の振舞いや口癖は、実際のインターネット上に流布している「食堂の男」と呼ばれる逸話がモチーフとなっている。2011年6月に行われた、電撃オンラインによるキャラクター人気投票では第2位を獲得した(537票)。

出典:wikipedia

誕生日:12月14日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
岡部倫太郎とは?(Steins;Gate)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

厨二病をこじらせた残念な大学生。秋葉原でジャンク品を購入し、未来ガジェットの開発に全力で取り組んでいる。傲岸不遜な態度をとっているが、仲間思いな一面もある。

年齢

18 歳

誕生日

12月14日

性別

あだ名

オカリン/凶真/岡部

趣味

未来のガジェット開発/受信状態にないケータイによる極秘通話の自作自演

好きな食べ物

おでん缶の牛スジ

声優

宮野真守

星座

いて座

身長

177 cm

体重

59 kg

血液型

A 型

髪の色

髪型

オールバック

アクセサリー

白衣

学校・会社

東京電機大学

部活・委員会

未来ガジェット研究所

職業

大学生

学年

大学1年生
仲間想いなマッドサイエンティスト「岡部倫太郎」の魅力とは?『STEINS;GATE』
【画像】岡部倫太郎(Steins;Gate)
 科学者である中鉢博士の「タイムマシン開発発表記者会見」に訪れた「岡部倫太郎」は、会場となっているラジオ会館で「牧瀬紅莉栖」が死亡しているのを発見します。あまりにもショッキングな出来事に気が動転し、友人であるダル(橋田至)に「牧瀬紅莉栖が何者かに刺されたみたいだ」というメールを送信してしまうのです。そのメールがきっかけとなり、「牧瀬紅莉栖」が生きている世界に変わってしまいます。変わりゆく世界の中、運命に翻弄されつつも抗うのが、『Steins;Gate』という物語。今回はその主人公である「岡部倫太郎」についてご紹介したいと思います!
マッドサイエンティスト鳳凰院凶真
 岡部倫太郎は、自らをマッドサイエンティスト鳳凰院凶真と名乗っています。しかし、いわゆる厨二病というものにかかってしまっている・・・というわけではないのがこのキャラクターの魅力の一つなのです。

 岡部倫太郎は厨二病患者ではなく、わざと鳳凰院凶真という厨二病を演じているのです。それは、幼馴染の椎名まゆりを安心させるため、他界したおばあちゃんのところに行ってしまいそうで不安なまゆりを、この世につなぎとめておくための、幼き日に倫太郎が考え出した苦肉の策なのです。ストーリー終盤あたりから倫太郎は精神的に辛くなってしまい、鳳凰院凶真であることを捨ててしまいますが、再び鳳凰院凶真と名乗りを挙げる時の口上は、とても人気ですよね。
仲間想いなエゴイスト
 また、岡部倫太郎は本当に仲間想いな男です。仲間の願いを無視できず、危険を知りながらもDメール(過去に送信することができるメールで、これを送ると内容によっては世界が変わってしまう)を送らせたりします。そして、結果的に世界をもとに戻す時になっても、仲間の想いを踏みにじることはできないと頭を悩ませるのです。まゆりを助けるためには、自らが人としての心を無くして何も感じなくなってしまっても、何度も何度もタイムリープをする姿には、仲間想いという単純な一言では言い表せないほどの何かを感じますよね。そんな彼の熱い想いに、私たちは惹きつけられるのでしょう。
なぜか感情移入しやすい
 タイムリープやそれに伴うバタフライエフェクト、タイムパラドックスという突拍子もない事象をテーマにした作品の主人公であるにも関わらず、非常に感情移入しやすいのも、岡部倫太郎の魅力の一つではないでしょうか。途中で諦めそうになったり、くじけそうになったり、悩んだりしながらも結局諦めずに戦い続ける姿勢や、心がどんどんおかしくなっていく様子が緻密に描かれていて鮮明に想起できることが、感情移入のしやすさにつながっているのだと思います。
飛び抜けた能力などない
 自らの能力である「リーディングシュタイナー」も実は誰にでも発生し得ることで、それが顕著に出ているだけだったり、人より運動神経が鈍かったり、決して人よりずば抜けて頭が良いわけではないという、ある意味では平々凡々な人物なのです。しかし、このことが視聴者に親近感を与え、結果的に倫太郎の人気につながっているのではないでしょうか。

 岡部倫太郎は、今でもとても人気の高いキャラクターの一人です。Steins;Gateというゲームは、科学アドベンチャーシリーズの一つなのですが、シリーズはまだ続くので、再び倫太郎が活躍することもあるかもしれませんね。楽しみです。
(C)2009-2013 MAGES./5pb./Nitroplus(C)角川書店

記者(賀見ぽんた【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


岡部倫太郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>Steins;Gateのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!