アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:notesさん

朝田詩乃

アサダシノ

ソードアート・オンラ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

ファントム・バレット編のヒロイン。現実では女子高生。幼い頃に父が交通事故で他界。母もその時に精神年齢が逆行したことから、母を守らねばという義務感を強く抱くようになった。そのためか自立心が強く同世代と比べても非常に大人びた性格で、辛辣かつドライな物言いをすることが多い(特に和人に対しては顕著)。眼鏡をかけているが実際は度が入っておらず、弾丸すら防ぐとされる特殊材質で作られたオーダーメイドの特注品。外出時などに不安を軽減する「防具」の役目をしている。11歳時に郵便局で強盗事件に巻き込まれ、母を守るため犯人から拳銃を奪い射殺してしまう。このことから銃器に対する強いPTSDに悩まされるようになり、トラウマの克服を狙ってGGOを始めた。現在ではGGOプレイ時には発作が起きなくなり、銃器に対する愛着すら生まれ始めているが、現実世界でのトラウマの克服までは至っていない。また、この事件に端を発するイジメや恐喝を受けており、それらから逃れるため、高校は東京の進学校に進み、文京区湯島のアパートで一人暮らしをしている。ファントム・バレット編では第3回BoB優勝を目指している。まだGGOに不慣れなキリトをアバターの外見から自分と同じ女性だと勘違いし、親身に武装やゲームシステムをレクチャーした。その後キリトの本当の性別を知って激怒するが、予選の待ち時間に目撃した彼の尋常ではない怯え方に、自らと近しい苦悩の陰を感じ取る。大会本選ではキリトと共闘して《死銃》をリタイアさせようと試みるが、《死銃》の用いる五四式・黒星を見てPTSDの発作を起こしてしまう[注釈 12]。さらに《死銃》の手口と、自らもまた《死銃》のターゲットにされていると知り、恐慌状態に陥るも、キリトに助けられ、互いに過去の出来事を告白することで、彼の強さの何たるかを悟った。その後、冷静かつ的確な判断力と神業的な狙撃で《闇風》を撃破。《死銃》に追い詰められたキリトを救い、彼と同率で念願であったBoB優勝を果たした。試合後、自分を殺そうとしていた《死銃》の共犯者が友人であった恭二であることを本人の口から知らされる。直後、錯乱した恭二に襲われそうになるが、和人の助けで事なきを得た。事件解決後はキリト達の計らいにより、当時の事件で結果的に自分が救った母子と対面し謝罪と感謝を受けて自分の抱える罪と向き合い、前に進むことを選んだ。事件後は平穏な暮らしを取り戻しており、キリトを介して出会ったアスナやリズベットとも親しくなりALOも始めた他、学校で昼食を取る友人も出来た模様。トラウマも少しづつ克服し始めている。GGOでのアバターは、対物ライフル・ウルティマラティオ・へカートIIをメインに使うスナイパー。愛銃の由来でもある《冥界の女神》の異名を持つトッププレイヤーとして名を馳せている。ALOでの種族はケットシー。癖があり使いこなすのが難しいとされるロングボウを得物とし、九種族最高のケットシーの視力とGGOで培ったスナイピング技術を応用することで、短期間でシステム規定を超えた腕前を身に付けた。アリシゼーション編では、第4回BoBで準優勝に終わったことから、次の大会で優勝するために和人に「キャリバー」獲得時の話を持ちだして協力を依頼。和人が《死銃》の共犯者に襲撃されたことを《死銃事件》の関係者であったことから仲間内で唯一明日奈から知らされる。その後、アスナ、リーファ、ユイと《ラース》について意見交換を行う。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
朝田詩乃とは?(ソードアート・オンライン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ファントム・バレット編のヒロイン。現実では女子高生。自立心が強く同世代と比べても非常に大人びた性格で、辛辣かつドライな物言いをすることが多い。大会で上位に入るほどのスナイパーになる。

性別

声優

沢城みゆき

職業

高校生
クールな強さの裏に隠れた暗い過去「朝田詩乃」『ソードアート・オンライン』
【画像】朝田詩乃(ソードアート・オンライン)
 ソード・アート・オンラインⅡではキリトが「デスガン」と名乗る謎の男を追って、銃の世界<ガンゲイル・オンライン>通称GGOに飛び込む。そこで最初に仲良くなったのがシノン、本名「朝田詩乃」であり、その後二人はお互いを助け合い、慰め合うような関係になります。キリト以外にもシノンには多くの支持者や仲間がおり、ここでは彼らを惹きつける彼女の魅力について探っていきます。
強さとクールな性格
 シノンが纏うクールで落ち着きのある雰囲気は、彼女の絶対的な強さと経験から来ていると言っても過言ではないでしょう。彼女はGGO最強のスナイパーになることを目指し、常にスナイパーとしての心得を備えています。結果的に多くの支持者を集めることができ、GGOで開催されるチャンピオンシップでも見事ファイナルまで残り、ファンの支持を仰ぐことに成功します。

 そんなクールで強いシノンですが、現実での朝田詩乃は大人しい子で、シノン同様優しさには溢れていますが、決してクールで冷たい感じのない雰囲気の持ち主でした。シノンと朝田詩乃二人に共通しているのは“一人でいることが多い”点ですね。
強さへの執着
 シノンは人一倍GGO一のスナイパーになることに執着し、そのことはキリトにも公言しています。そしてキリトが「銃弾の予測線を予測する」という離れ業や、SAOで鍛えられた剣さばきをシノンの前で披露したとき、彼女はキリトにその強さがどこから来るのか、何をすればそこまで強くなれるのか、何が彼をそこまで強くするかを強く問う姿を見せます。彼女がどれだけ強さを求めることに必死なのかが、とても良く伝わってきますね。
過去
 朝田詩乃にはとても暗い過去があります。彼女は幼い頃に銀行強盗事件に巻き込まれ、生き延びることに必死だった詩乃は、目の前に転がってきた犯人の拳銃を使って犯人を射殺してしまいます。その時の銃の感触、撃った時の反動、気が狂った犯人を銃弾が貫通する瞬間を詩乃はずっと忘れられず、銃を見るだけで吐き気をもよおしたり、命の危機になるとフラッシュバックによるパニックを起こしてしまったりと、長い間トラウマに強く縛られていました。そんな彼女が考えついた、銃にも怖気付かないような強くなるための方法が、GGOで一番のスナイパーになることだったのです。彼女が強さにひどく執着していたのも、彼女の今のスキルが周りの支持を集める程になったのも、このトラウマによるものだったのです。

 キリトとシノンが出会ったとき、シノンはキリトにその強さの根源を見出そうとし、同時にどうやったら過去のトラウマを忘れ、乗り越えられるのかを求めようとしたのですが、キリトが口にしたのは彼女が想像していたような答えではなく、キリトもシノンと同じ状況にあるということを知ります。

 二人の結束はそこで増して強くなり、互いの乗り越えなければならない壁であるデスガンを追って戦うのでした。シノン「朝田詩乃」の魅力をもっと詳しく知りたい方は是非アニメでご覧ください。
(C)2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project (著)

記者(ちゃんなつ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


朝田詩乃についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2015/01/03 04:11 ID:F5FB379C ▽コメント返信
みんなシノンの尻についてコメントしようぜ。
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ソードアート・オンラインのキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!