アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

早乙女乱馬

サオトメランマ

らんま1/2シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

風林館高校1年生。16歳。無差別格闘早乙女流二代目。元祖無差別格闘流の後継者候補。主にチャイナ系の服を愛用し、黒髪の後ろ髪をおさげにして束ねているのが特徴の少年。初期の頃はおさげが細長く両腕にリストバンドをはめていた(稀に中国の人民服と人民帽を着用している)。
幼い頃から父・玄馬に連れられて武者修行の旅をして各地を転々としており(その頃に久遠寺右京と出会う。また、一時期はあかね達が住む町の隣町に住んでいた事もあり、その頃から響良牙とライバル関係になる)、中国に修行に行った際に呪泉郷の「娘溺泉」に落ちたことで、水をかぶると女になり、湯をかぶると男に戻る体質となった。呪泉郷の変身体質を持つ主要人物の中で水をかぶっても人間のままなのは乱馬だけである。
中国から帰国後は、天道家に父子ともに居候になる。天道家の三女の天道あかねとは許婚。これは元々親同士が決めたものだが、後にお互いに惹かれ合い、最終的には相思相愛になる。お互いに素直でないため、あかねをいつも怒らせてばかりいるものの、守るべきときには必ずあかねを守っている。容姿はそれなりに整っており[2]、明るく快活な性格から多くの女性に想いを寄せられるが、そのほとんどが腕っぷしと気が強い女性である。女の子の姿でも多くの男性に想いを寄せられるが、そのほとんどが変態な男性ばかりである。
格闘の腕前は一流の上、運動神経も常人離れしており、さらに相当な怪力を持つ。あかねの姉なびきが乱馬を有料で貸し出すと言った時には校内の運動部が引く手あまたであった。また、格闘新体操や格闘茶道では特殊な道具をすぐに使いこなすといった器用な一面も見せる。料理の腕前も、幼い頃は下手だったようで父親の玄馬にまずいと言われていたが、天道家居候後は抜群の包丁捌きを披露し、不器用なあかねよりもはるかに上手い。しかし、考えていることがすぐに言葉と表情に出てしまうため、ギャンブルや博打には滅法弱い。
シャンプー登場後は、シャンプーの曾祖母であるコロンに鍛え上げられることが多く、スピードをつけさせるためにコロンから「火中天津甘栗拳」を叩き込まれ、八宝斎の策略により力を失った際、「飛竜昇天破」を教わり、以後必殺技として使用し派生技も編み出す。また、響良牙が使う「獅子咆吼弾」からの派生技の「猛虎高飛車」などの技も使うなど、技の性質を見抜いて、工夫してアレンジして使うなど格闘センスの良さを見せることが多い。他にも、幼少時の修行が元で極度の猫恐怖症である(原因は玄馬の読み間違いによる修行。また、アニメ版では猫に触られると錯乱のあまり、『やっぱり猫が好き~!!』と叫ぶ)。猫への恐怖が頂点に達すると、自分を猫と思い込む「猫拳」を使う。猫拳使用時はコロンとも互角に戦えるほどの能力が引き出されるが、猫となりきっている乱馬には自覚症状がなく、記憶も残らない。
早乙女流の師匠は父親である玄馬、元祖無差別格闘流の後継者としての師匠は八宝斎であるが、2名共に素行に難があり、特に後者はまともに修行を受けたことはほとんどなく、一度破門されたこともある。しかし、八宝斎は自身の都合によっては乱馬に適格な助言を行う。アニメでは玄馬、八宝斎、共に乱馬に真面目に稽古をつけている場面も描かれた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
早乙女乱馬とは?(らんま1/2シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

物語の主人公。あかねの同級生で「無差別格闘早乙女流」二代目、あかねの許婚として天道道場の「元祖無差別格闘流」後継者候補。チャイナ服を愛用し、修行に行った中国で「呪泉郷「の泉に落ち、女になる特異体質になった。格闘家。

年齢

16 歳

性別

男/女

弱点

声優

山口勝平/林原めぐみ

俳優

賀来賢人/夏菜

髪の色

黒/赤

髪型

ロングのおさげ

学校・会社

風林館高校

職業

高校生

学年

高校1年生

恋人

かすみ/右京

父親

玄馬

母親

のどか
男でも女でも魅力最高!国民的作品の主人公「早乙女乱馬(らんま)」の魅力『らんま1/2』
【画像】早乙女乱馬(らんま1/2シリーズ)
 高橋留美子氏の代表作のひとつ『らんま1/2』。魅力的なキャラクターがたくさん登場し、中国的要素にプラスして水を被ると・・・?な設定で、漫画もアニメも大ヒットした、超人気作です。
ちょっとガラは悪いけれど、根は優しいツンデレ一途
 乱馬は少々口が悪く、喧嘩っ早いのでガラの悪い印象を与えますが、いざという時には困っている人を助けますし、何より許嫁である茜のことは絶対に守ります。口数少なくとも家族を守る、昭和のお父さん(?)のような人です。

 とはいえ、乱馬は若いので、茜とイチャイチャと仲良く口喧嘩しているのを突っ込まれると、つっけんどんに返す・・・というツンデレの極みのような行動も。若さ故でしょうか。それがまた見ていて(読んでいて)楽しいところでもあります。

 また、乱馬は非常にモテる男性として描かれていますが、どれだけ魅力的な人に想いを寄せられても、許嫁であり恋心を持つ茜を裏切るようなことはしません。のらりくらりとかわすのではなく、一途に茜を想う気持ちをストレートに出すので、見ていてとても気持ちが良いです。乱馬は女性が描く男性らしい男性といえるでしょう。
水をかぶると女らんまに!
 乱馬は普段男性ですが、中国の修行時に「娘溺泉」落ちたことで、水をかぶると女性になってしまいます。普段は修行に明け暮れる男性として強いイメージですが、女らんまはそれはもう可愛いの一言。そしてナイスバディ。よって女らんまはモテモテです。口は悪くても可愛くてナイスバディ、筋の通った女性(?)ならそれはモテて当然ですよね(変な男性にばかりモテているようですが)。

 女らんまの魅力のひとつとして、衣装やコスチュームで楽しませてくれる、という一面があります。当初、乱馬は女になるとすぐさま男性に戻りたがっていたのですが、途中から臨機応変に使い分けをします。その際、きわどい水着などのサービスショット、女らんまの容姿にぴったり合った衣装など、見た目でも十分楽しませてくれるのです。

 可愛くてナイスバディのサービスショットなら、男性が見ても女性が見ても「おぉ!!」となるはず。ちょっとエッチなショットが『らんま1/2』は散りばめられていますが、女らんまの貢献ぶりはアッパレです。

 早乙女乱馬は男性時も女性時も魅力的という、二度おいしいキャラクター。どちらの乱馬(らんま)も異なる魅力があり、読者を楽しませてくれる伝説級のキャラクターなのです。いつ読んでも観ても楽しめる『らんま1/2』でもっとも魅力的なピカイチキャラ、それが主人公「早乙女乱馬(らんま)」ではないでしょうか。
(C)高橋留美子/小学館・サンライズ

記者(雪柳一樹【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


早乙女乱馬についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>らんま1/2シリーズのキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!