アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ダイスケさん

キング・ブラッドレイ

キングブラッドレイ

鋼の錬金術師シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

アメストリス軍大総統。60歳。正体はホムンクルスの一人、ラース。アメストリス軍の最高責任者で、国政の実質的な決定権を持つ事実上の国家元首。左目に眼帯をしている。戦場で数々の武功をたて、44歳の若さで独裁者へと成り上がった。大総統に就任してからは、国家錬金術師制度の導入、より中央集権的な体制への編成など、アメストリスをより軍事国家として編成していく。その正体は、7番目に作られたホムンクルス「ラース(憤怒)」であり、左眼にウロボロスの印がある。ホムンクルス達の計画の最後の詰めとして国家の舵を取る役割を担っており、若くして大総統の地位に就けたのもそのためである。元は普通の人間で、ホムンクルス達に幼少時よりエリートとして養成された大総統候補生の一人。その身に賢者の石を注入され、高エネルギーに耐えた末に誕生した人間ベースのホムンクルスであり、「キング・ブラッドレイ」という名前はこの時に付けられたものである。魂が1つしか無いために他のホムンクルスと違って再生能力を持たず、また普通に老化する。そのため身体能力には衰えがあるらしいが、それでも多大な戦闘能力を誇る。完全なリアリストでありながら、好々爺然とした紳士という二面性を持つ。序盤では、最高権力者という地位に似つかわしくない軽い言動を取るが、グリードとの戦闘でホムンクルスと判明してからは、リアリスト的な独裁者としての面が強調されていく。他のホムンクルス同様にホムンクルスであることに誇りを持っているが、人間を単純に軽蔑しているわけでもなく、度々語られる自身の人生観・宗教観などの思想信条には他のホムンクルスとは違った面もある。特に人生の全てを「お父様」のシナリオで生きてきたことに対して思うところがあり、エドワードやマスタングらが思い通りにならないことに腹が立つと言いつつも楽しんだり、唯一自分で選んだという妻に対しては深い愛情を持っていることをうかがわせる描写もある。ホムンクルスとしての固有能力は、銃の弾道さえ見切る動体視力を持った「最強の眼」。この眼と、ホムンクルスの身体能力が生み出す桁違いの素早い動作による高速な戦闘術で相手を圧倒する。戦闘の際は背中に付けた特製の鞘を使って5振り装備し、折られた場合の代用や昆虫ピンのように相手を突き刺して拘束するのに用いる。また、刀以外にも格闘術の手練でもあり、サバイバルナイフ、を用いたりするなど臨機応変な近接戦闘を行う。劇中では単身で難無く戦車を破壊したり、リン(グリード)とフーの二人の手練を相手に戦い劣勢に追い込むといった強さを見せた。結果として作中で負けたのは最後の「傷の男」との戦いのみだが、致命傷を負った満身創痍な状態ですら「傷の男」と互角以上の戦いを見せ、両腕を落とされても口で刃を掴み「傷の男」に重傷を負わせている。イシュヴァール戦の時点で既にマスタングに着目しており、ラストがマスタングに倒されると「お父様」に自分をマスタングの担当にするように進言し、マスタングへの圧力を強めていく。特にグラトニーが捕まってからは、マスタング直属の部下達を地方に飛ばし、ホークアイを自身の直属にするなど、その圧力をいっそう強める。「約束の日」にはグラマンの仕掛けた罠から生還してセントラルへ帰り着き、正面よりブリッグズ兵らに占拠された大総統府に乗り込む。リン(グリード)とフーを相手に全く寄せ付けない強さを発揮してバッカニアとフーを殺すが、逆に彼らの決死の攻撃によって致命傷を負わされる。その後、満身創痍の状態でマスタングの前に現れ、彼を拘束しプライドと協力して彼の「真理の扉」を強制的に開けさせた上で「お父様」の元へ飛ばす。そして「お父様」の計画を守るために、瀕死の状態ながらも「傷の男」と戦い追い詰めるが、日食が終わり偶然日光が目に入ったことにより生まれた一瞬の隙を突かれて敗北する。最期、フーの仇を討とうと現れたランファンに、妻への言葉は無いかと聞かれると、自分と妻の間にそんな物は必要ないと言い、「敷かれたレールの上の人生ではあったが、人間のおかげで最後に多少充実したものになった」と満足な笑みを浮かべてそのまま息を引き取った。統治者としては国民から支持を得ていたため、戦後も国民にはホムンクルスであったことは伏せられる。ブラッドレイの東部視察中の留守を狙ってクレミンら軍上層部が暴走し、その過程で命を失ったということになっている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
キング・ブラッドレイとは?(鋼の錬金術師シリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ホムンクルスとして生き抜いた人間!大総統「キング・ブラッドレイ」の魅力『鋼の錬金術師』
【画像】キング・ブラッドレイ(鋼の錬金術師シリーズ)
 ホムンクルス・グリード(強欲)の口癖は「あり得ないと言う事はあり得ない」でした。その彼が思わず「そんなんありかよ!」と口走ったのが「キング・ブラッドレイ」ことホムンクルス・ラース(憤怒) の存在 でした。彼は、人間に「賢者の石」を注入して作られた、「年をとるホムンクルス」なのです。同じように、「リン・ヤオ」に賢者の石を入れたグリード(2代目)に再生能力があるのに、なぜラースには無いのか・・・という事には突っ込まないでおきます。この「人間臭さ」こそラースの特徴でもあるのですから。
ホムンクルスとして「引かぬ!媚びぬ!顧みぬ!」
 アニメで敵が人間と異なる存在である場合、必ず人間に近い存在のキャラクターが用意され、二つの種の間で葛藤する事が多いのではないでしょうか?しかし、ブラッドレイは人間の弱い点については容赦なく「下らん、実に下らん」と切り捨て、完全にホムンクルスと同じ価値観であるようにも見えます。彼からわずかに見える“人間らしさ”は、元人間だったからではなく、「大総統」として世間の目を欺くため、人間としての生活をするうちに身に付いたものだったのかもしれません。
死の間際の・・・のろけ?
 ホムンクルスとして「お父様」の意のままに生きてきたブラッドレイ。しかし、たった1つ自分で選んだのは「妻」でした。ブラッドレイが死の間際、ランファンから「妻に遺言はないのか?」と問われた際に言った言葉は非常に印象的でした。

「私とあれとの間に遺言などいらぬ。王の伴侶たるものはそういうものだ」

 そう言ってランファンを絶句させるのです・・・。「遺言など改まって言わずとも、私と妻は深くつながっているので必要ない」という、最後にして最大のノロケではないでしょうか。
最期は一人の人間として
 ホムンクルスの中でも、人間に対する見方は微妙に違います。「見下す(プライド・ラスト)」 「おいしそう(グラトニー)」「所有物(グリード)」「どうでもいい(スロウス)」「見下している実、羨ましい(エンヴィー)」などなど。その点でブラッドレイは、人間が予想を裏切って向上する様子を見て「思い通りにならなくて腹が立つ」と、むしろ楽しんでいるかのようです。最後は「スカーと」の戦いの末に、「人間のおかげで多少やりがいのある良い人生であったよ」と言い残し、満ち足りた顔で息を引き取ります。最後は“人間として”充実した生に満足したのかもしれません。
(C)2011 Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX

記者(ルーデル【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


キング・ブラッドレイについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>鋼の錬金術師シリーズのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!