アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:秀麻呂さん

丸井ひとは

マルイヒトハ

みつどもえ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

三女。キャッチフレーズは「ちょっと不思議な暗ガール!!」。家族からは「ひとは」、ふたばからは「ひと」と呼ばれることも。クラスメイトからは「三女(さん)」、担任の矢部からは「ひとはちゃん」と呼ばれている。一人称は「私」、幼い頃は「ひと」。黒髪のセミロングにおだんご一つ結びのヘアスタイル。幼児体型で身長が低く、本人もそれを気にしている。真夏の炎天下でも汗をかかず、直射日光を浴びて髪が熱くなっていても、暑さをあまり感じていない様子であり、涼しい表情で熱いお茶を味わうほど。ほっぺはとても柔らかく、おっぱいのような感触らしい。普段は基本的にワンピース、黒のハイソックスという地味なスタイル。少し根暗でなかなか心を開けない性格で、当初はまともに話すようなクラスメイトはほとんどいなかった。コミュニケーションをとることが苦手で他人との関わりを敬遠しており、話しかけられても「スィー」とその場から立ち去ることが多い。物事を断るときの決まり文句は「△△なんて無意味だし不必要だよ」。真剣なときや怒ったときは他人を呪いそうなオーラを出すが、風邪を引くと暗いオーラが消え可憐な雰囲気になる。好きなことに夢中になったり、興奮したりすると「むふぅ」「むふー」と鼻息が荒くなる。気分が沈んでいるときは、気分を落ち着かせるために矢部の机の下に潜り込んでいる。クラスではやや浮いた存在だが、連載が続くにつれ「チーム杉崎」の面々と付き合うことが多くなる。仲良くなるうちに杉崎を「杉ちゃん」と呼び、松岡を「さっちゃん」と無意識に呼んでしまったこともある。他人の習性や周りの状況を利用して他人をからかうこともあり、連載初期は矢部やみつばが主な対象だったが交友関係が広がるにつれからかう相手が増えていく。会話に主語が欠けているなど、言葉足らずな点が多く見られ、そのために相手が話の趣旨を勘違いし、誤解されてしまうことが多々ある。みつばへの風当たりは厳しく、「雌豚」と罵ることもしばしば。松岡には美少女霊媒師だと勘違いされて、当初は度々振り回されていたが、後にはそれを逆手にとり、松岡をからかったり、上手く利用したりするようになっている。仲良くなろうと必要以上に絡んでくる宮下を鬱陶しいと感じており、どうしても仲良くなりたくない様子。丸井家で家事全般を担当しており洗濯や料理などが得意。家計も預かっており、倹約をして出費を切り詰めている。勉強はクラスでトップレベル。だが、極度の運動音痴で体育の授業や水泳が苦手でカナヅチ。他にも虫も苦手で体に付くだけでも気絶し、教室の机の上に立っただけでも怖さで震えるほどの高所恐怖症。足の小指を蹴る、ヘソを指で突くなど、相手に確実にダメージを与える技術を持ちあわせている。音痴で、本人は歌っているつもりでも、なにかの呪文や唸り声と勘違いされたり、鼻歌も咳払いと思われたりするほど。手先は器用で、矢部のアパートの合鍵を自作しており、土日の早朝はチクビに会いに行くため、その合鍵を使って矢部の部屋に自由に出入りしている。やや薄情なところがあり、ふたばが道着で作った筆入れをいらないといって捨ててしまった(みつばはふたばが自分に作ってくれたものだからといって大切に使っていた)。大量の怪しい本を所有しており、ベッドの下等に隠している。学校でもカバーをかけて読んでいるが他人には絶対に見せない。ただし、その怪しい本を攻撃に使うために見せることはある(物理攻撃に使うことも稀にある)。これらの怪しい本をどこで入手しているかは不明。ちなみに後述のガチレンジャー関連の本や家事に役立つ本を読んでいることもある。動物好きでチクビやチブサを溺愛している。特撮番組『ガチレンジャー』の熱狂的なファン。番組は毎週欠かさず観ており、いつもガチレンジャーグッズのTシャツやベルトなどを身に着け、枕元にもガチレンジャーのぬいぐるみが置かれている。ガチレンジャーごっこをすれば矢部・杉崎・吉岡が怖がるほど怪人になりきるなど、芸才に長けている様子。当初は、ガチレンジャーのファンであることを隠そうとしながら、一緒に語り合う仲間が欲しいとも思っていたが、言葉が足りなかったり間が悪かったりで、あらぬ誤解を受け続けてきた。後に、それ以上変な誤解をされるのを嫌がってクラスメイトの前でファンであることを告白、チーム杉崎や佐藤や千葉には理解を得られた。矢部とも、ガチレンジャーの1人を演じる女優・白浜あずさのサイン会においてファンであることを告げることができ、以後はガチレンジャーを一緒に楽しむ同士となった。担当声優の戸松は、ひとはについて「ほとんどしゃべらず口数も少ないが、最後のおいしいところをボソッと持っていくそんな女の子である」と語っている。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
丸井ひとはとは?(みつどもえ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

丸井三姉妹の三女。無口でクールな性格で、人との関わりも少なかったが、みつばの助けもあり少しずつクラスメイトと打ち解けていく。料理から洗濯まで家事全般が得意。よくエロ本を読んでおり、興奮すると「むふぅ」と言う。

年齢

11 歳

性別

声優

戸松遥

星座

うお座

髪の色

学校・会社

鴨橋小学校

職業

小学生

学年

小学6年生

兄弟・姉妹

みつば/ふたば

ペット

ちくび(ハムスター)
三姉妹の中で実は可愛さ最強!?「丸井ひとは」の魅力とは?『みつどもえ』
【画像】丸井ひとは(みつどもえ)
 日本一似てない3つ子「丸井三姉妹」の三女。「丸井みつば」のような活発さ、「丸井ふたば」のような人懐っこさはありませんが、一歩引いた所から冷静に物事を見ているのが、今回ご紹介する「丸井ひとは」です。
ひとはだけど三女
 名前に入っている数字は“1”ですが、ひとはは三女です。一応末っ子なのですが、みつばのことを「雌豚」「痴女」と呼んだり、教室でエロ本を読んでいたりと、キャラクターの濃さは姉2人には負けていません。人を寄せ付けない雰囲気で毒舌、しかも根暗・・・という性格で、愛される妹キャラクター像とは真逆をいっているひとは。それでも彼女の人気が高いのは、時折見せるひとはの可愛らしさに、読者がハートを打ち抜かれてしまっているからでしょう。
実は高スペック!?
 大飯食らいの丸井家の家事全般を仕切っており、節約に頭を悩ますなど、行動は主婦そのものです。また、姉2人に編み物のプレゼントをしたり、祖母からのプレゼントをリメイクするなど手先も器用です。さらに、動物好きでハムスターの「チクビ」を溺愛する心優しい一面も。普段は「暗ガール」と呼ばれる程に寡黙ではあるものの、風邪をひくと「きれいなひとは」になるというおまけつき。これはもう完璧に“高スペック美少女”と言えるでしょう。
好きなものはガチレンジャー
 成績優秀のひとはではありますが、実は運動が大の苦手。嫌いな運動を避けるためなら、ふたばが作ったてるてる坊主の首を切ろうとするなど、少々手荒なこともやってのけます。

 そんなひとはが愛してやまないのがガチレンジャー。毎週欠かさず視聴するのは当たり前。握手会やサイン会にも顔を出し、ガチレンベルトは肌身離さず着用、愛読書は公式ファンブックと熱狂的なファンです。ガチレンジャーごっこをすると、怪獣役を完璧にこなします。決してレンジャー役ではありません。ちなみにひとはは興奮すると「むふぅ」と鼻息が荒くなるのですが、ガチレンジャーが絡むと「むふぅ」を連発してくれるので、その時(だけ)は、年相応の女の子に見えます。

 母親のいない丸井家で母親役をこなすのは相当な負担があると思いますが、嫌な顔ひとつせず家事に勤しむあたり、本当は家族思いの良い子なのだと思います。実は貧乳が悩みらしいので、そのうち豊胸に効果のある料理に挑戦したりするのかもしれません。これからも魅力満載の「丸井ひとは」から目が離せませんね。
(C)桜井のりお(週刊少年チャンピオン)/みつどもえ製作委員会

記者(あきにゃん【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


丸井ひとはについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>みつどもえのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!