アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:tanusannさん

川嶋亜美

カワシマアミ

とらドラ!

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

1学期途中から2年C組に転校してきた美少女。身長165cm、体重45kg。モデルをしており、母親は女優の川嶋安奈と、一般的にも知名度がある。誰にでも驕(おご)らない性格を装っているが、実際には自分の全てを鼻に掛ける高慢さと強烈な毒舌の持ち主。しかしながら、自ら演出する本性を隠した仮面の性格で、大多数の同校男子生徒たちに好意を持たれている。その抜群の美貌とスタイルを維持するため、食事制限、ジムやエステ通いを怠らない。実家は資産家で、別荘を所持している。カエルが大の苦手。転校してくる以前から仲の良い友人に恵まれなかったが、大橋高校では麻耶や奈々子と交友を深め、クラスでも一緒にいることが多くなった。クラスにもよく溶け込み、リーダーシップを発揮することもある。現在は伯父夫婦の家に下宿している。祐作とは幼馴染み。大河とは犬猿の仲(物語が進むにつれ、徐々に接近していく)で、誰にでも尻尾を振るチワワに譬えて「ばかちー」(バカチワワの略)と大河から呼ばれている。また竜児には甘ったるい言動でしゃべりかけることが多いが、一方で彼女独特の恋愛的見解の本音を、端的ではあるが漏らすこともしばしば。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
川嶋亜美とは?(とらドラ!)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

北村の幼馴染みであり、転校生としてやって来る美少女。高校生モデルであり、抜群の美貌とスタイルを維持するため食事制限、ジムやエステ通いを怠らない。誰にでも驕らない性格を装っているが、実際には高慢さと強烈な毒舌の持ち主。

性別

あだ名

あーみん/ばかちー

弱点

カエル

声優

喜多村英梨

身長

165 cm

体重

45 kg

髪の色

髪型

長髪

学校・会社

大橋高校

職業

高校生/モデル

学年

高校2年生

母親

川嶋安奈
「わかって欲しい」本当の自分を隠し続けた歯がゆい少女「川嶋亜美」の魅力『とらドラ!』
【画像】川嶋亜美(とらドラ!)
 人気アニメ『とらドラ!』の女性キャラクターの中でも、特に高い人気を誇る「あーみん」もしくは「誰にでも尻尾を振るバカチワワ」略して「バカチー」こと「川嶋亜美」ちゃん。モデルとして活躍し、母は女優、そして主人公「高須竜児」の親友、「北村祐作」の幼馴染です。とある事情で途中参戦し、動かぬ恋愛模様をぐっちゃんぐっちゃんにひっかきまわしてくれた起爆剤です。
天然ぶりっ子の仮面をかぶった毒舌モデル
 亜美は「天然ぶりっ子キャラ」でモデルとして活躍していますが、本来の性格は毒舌でさびしがり屋です。何しろ可愛いので、人に好かれるのは当たり前。そして嫌われるのが怖くて、彼女の中の「理想のいい子、あみちゃん」を演じています。毒舌なだけで、実際はさほど腹黒ではないのですが、本人の理想像と中身はかなり違い、ぶりっ子していない普通の顔を「性格悪そう」「いじめッこ顔」と思い込んでいます。
大河と亜美
 「モデル疲れた。学校合わない」という理由で転校してきたという亜美ですが、実は、ストーカーに狙われて逃げてきたのです。逃げたというよりも「変な男にうろうろされて困る」と事務所に言われ、女優である母の邪魔にならないように追い出されたというのが実際のところです。これは「父が再婚して邪魔になったため」に追い出されたメインヒロインの逢坂大河の事情と重なります。

 ひょんなことから紹介前に、亜美の本性を知ってしまった竜児と大河、大河の親友である櫛枝実乃梨にストーカーの撃退を手伝ってもらう中、醜い内面をさらけだしながらも、サポートしてくれる竜児がいる大河をうらやみ、竜児にモーションをかけます。が、「取り繕った外面なんて(中略)気分いいもんじゃない」と袖にされてしまいます。そして、自分のためにストーカーと戦う大河を見て、戦う決意と自分をさらけ出す決意をします。

 「天使」の亜美を好きだったストーカーは無事に去り、亜美は元の性格「横暴なお姫様」に戻ります。そして、「大人だ」と言われる自分の、本当は横暴で子どもっぽいところを竜児に指摘され、本気で竜児に惹かれていくことになります。
実乃梨と亜美
 大河のストレートさを嫉妬していた亜美ですが、殻を破ってからは友人として大河を気遣うようになります。そこで気に入らないのが、同じ猫っかぶりの櫛枝実乃梨です。「自分がさらけ出したんだからお前もさらけ出せ」ということなんですね。ましてや自分に振り向いてくれない竜児の思い人。本当は好きなのに「竜児とも大河とも友達でいたい」という利己的な理由で、竜児の告白をなかったことにした女です。竜児を保留にし、キッパリ振って大河に譲るでもなく、おままごとのような友人ごっこをする実乃梨をとことん追い詰めてくれます。

 亜美だって、本当は友人ごっこが楽しかったのかもしれません。しかし、自分の殻を破ってくれた竜児や大河、そして実乃梨に自分を偽って欲しくなかったのでしょう。「ぐちゃぐちゃにする」と宣言する亜美。「嫌われたくない」という大きなトラウマがあったにも関わらず、あえて「嫌われる」悪役を引き受ける・・・そんな亜美の人気が高いのは、当然の結果なのです。
(C)竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/「とらドラ!」製作委員会

記者(藤原ユウ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


川嶋亜美についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>とらドラ!のキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!