アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:てふてふさん

逢坂大河

アイサカタイガ

とらドラ!

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作品のヒロイン。2年C組。小柄な体格(身長・公称145cm、実測143.6cm)とふんわりとした長い髪で「人形のよう」とも評され、一時は多くの男子生徒から告白されたほどのルックスだが、実際は大変な凶暴さで恐れられている。その性格と一風変わった名前、小柄な体格から「手乗りタイガー」のあだ名を持つが、本人は変わった名前と体格に劣等感を抱いている。本来の性格は泣き虫で、かなりのドジっ娘。またその性格や境遇もあいまって悲観的になることが多く、反面他人への思いやりも人一倍強い。中学時代は私学のお嬢様校に通っていた。護身用なのか、常に木刀を持ち歩いている。辛い物が苦手。親はかなりの事業家ではあるが、家族(特に継母)との折り合いが悪く、ある発言をきっかけに現在は高須家の隣にある高級マンションの2階の一室をあてがわれ一人暮らしをしている。しかし生活能力はほとんどなく、親から振り込まれる金銭により生活していた。竜児と知り合ってからは高須家のアパートで過ごす時間が多くなる。また竜児の母親である高須泰子には気に入られて非常に可愛がられており、本人も泰子を「やっちゃん」と呼び懐いているが、泰子の巨乳を目撃した時には衝撃から硬直する場面もあった。その性格上友人は少ないが、実乃梨とは1年生の頃から非常に仲が良く、動物のように甘える。竜児と親交の深い北村祐作に好意を抱いているが、本人を前にすると極度に緊張し、言動・挙動がおかしくなる上ドジが災いして上手くいかなかった。竜児とは自分のドジがきっかけで竜児の恋愛事情を知り、お互いの恋愛成就のために協力し合うことになる。二人で行動するうちに竜児に対して特別な感情を抱くようになり、それが裏目に出て竜児に依存しきっている事に気付く。一旦は自分が自立するため、そして実乃梨の幸せのために竜児の事を諦めようとするが、全ての真意を知った実乃梨から「自分の幸せは自分の手で掴み取る」と言われ、現実を直視できなくなりその場から逃げ出してしまう。後を追ってきた竜児から告白、「自分が18になったら俺の嫁になれ」と言われ、また、自分が望むものは壊れていくというジンクスを覆すため竜児との駆け落ちを決意する。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
逢坂大河とは?(とらドラ!)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

身長143.6cmという小柄の超美少女だが、性格の凶暴さと「大河」という名前から「手乗りタイガー」と呼ばれている。基本ドジっ娘で、家事全般が苦手。気の強さに対して恋愛には奥手で、極度にシャイな性格になってしまう女の子らしさもある。

性別

あだ名

手乗りタイガー

嫌いな食べ物

辛い物

声優

釘宮理恵

身長

143.6 cm

髪の色

髪型

長髪

学校・会社

大橋高校

職業

高校生

学年

高校2年生

父親

逢坂陸郎

母親

逢坂夕(継母)
繊細で不器用、凶暴なのに友達思い!?「逢坂大河」の不安定な魅力『とらドラ!』
【画像】逢坂大河(とらドラ!)
 普通の十代の普通の日常。その中にあるドラマ、人間描写が魅力の竹宮ゆゆこの初アニメ化作品『とらドラ!』。メイン以外のキャラクターにも陽を当て、本編終了後もスピンオフ作品を多く発表していることでも知られています。そして、その『とらドラ!』のメインヒロインこそが、日本アニメ界でも指折りのツンデレっ娘、逢坂大河です。
とにかく容姿が可愛い
 腰までのふわっふわの長く美しい髪、目力抜群の大きな目、「まるで人形のような」と誰もが形容するその容姿。そして身長143.6センチ(公称は145センチ)、体重40キロのミニマムなボディ。その無限の運動神経から作られる無駄な贅肉が少ない体型・・・。うん、つまりオッパイがないです。というか洗濯板そのものでございます。

 そんな高校二年生とはとても思えないツルペタボディと、完成された美しいフェイスのミスマッチさ、お嬢様育ちの仕立ての良いお洋服(特に冬の白いコートがよく似合う!!)に包まれたその姿は、きっとどんな人でも見惚れてしまうに違いありません。
片思いの不器用さ、ドジっ娘ぶりが可愛い
 それだけのビジュアルを持っている大河は、当然モテます。否!「モテていました」。大橋高校入学当時はモテモテで片っ端から告白されまくっておりましたが、お嬢様中学出身で男性に免疫がなく赤面→うまくしゃべれず返事ができない→照れ隠し(もしくは発言に機嫌をそこねて)の暴力コンボで、逆に「手乗りタイガー」なる不名誉な異名をいただく始末。しかし、容姿にひかれて告白してきた男子ばかりの中、唯一大河の内面に興味を持ってくれた北村祐作に惹かれていきます。

 北村へ一生懸命アピールしたり、ラブレターを渡そうとしたりするも、北村の友人であり、本作の主人公の高須竜児のカバンに入れ間違え、更に木刀で襲撃して取り返そうという短絡思想。いざ北村と話せても「ああああああら北村くんおはよよよよよ」と赤面して挙動不審になる不器用さ・・・もう可愛すぎます!もちろん定番のドジっ娘キャラらしく、勉強・運動はパーフェクトでも家事は全くできません!
強がるところや自省する姿が可愛い
 人づきあいと家事以外は万能な大河。もちろんプライドは天高く、自分に厳しいため「家事ができない」現状にも苛立っています。わかったような顔をされて決め付けられるのは大嫌いなので、理解しようとする人にも基本牙を剥きます。ジト目で虚勢をはる小さな姿は、なかなか懐かない小さな野生生物のようでキュートすぎます。本当は家族に愛されたいのに、継母や実父ともめた際には、売り言葉に買い言葉で家を出ることになってしまうなど、まさにハリネズミのジレンマ!

 「自分が望む物(家族や恋人、友人)は壊れていく」というトラウマ(ジンクス)があり、大切な人を守るために距離を置いたり、悪態をついたりしてしまい、ひとりで傷つく不器用な優しさがもどかしくも可愛らしいのです。表面的には破天荒で自己中心的に見える大河の、本来は繊細で思いやりのある性質が随所に垣間見え、トレードマークの白いコートのように真っ白な純粋さも感じます。次第に想い人であった北村よりも相談相手であった竜児に惹かれてしまう大河ですが、その気持ちのブレを自ら認められないのも、プライドの高い大河のもどかしくも可愛い点だと思います。

 恋の甘い柔らかな良い面ばかりではなく、「想い」は時には自分勝手になってしまうところなど、リアルに描かれた良作でした。是非スピンオフ作品でも大河と竜児の「その後」を知りたいですね!
©竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/とらドラ!製作委員会

記者(藤原ユウ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


逢坂大河についての雑談場(1件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2014/07/18 16:33 ID:E0F3FDDA ▽コメント返信
~
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>とらドラ!のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!