アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:auroraさん

防波亭手寅

ボウハテイテトラ

じょしらく

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

この漫画の主役。女子落語家。周囲からは、名前以外では「テトちゃん」というあだ名でも呼ばれている。髪型は茶髪のポニーテールで前髪には二本の髪留めをしている。髪と瞳の色は茶色であり、イメージカラーは茶色。5人の中で丸京の次に身長が高く、最も座高が高い。大食しても太らない体質。ノリがよい性格で、周囲に気配りしつつボケもツッコミも両方こなす。名の通りに皆の暴走を抑えたり、作品全体を通じて会話の繋ぎや転換役になることが多い。また、いかなる危機もさりげなく回避する強運(危険回避体質)を持つが本人も気付かぬうちに危機を回避しているため、自身はかなり呑気でマイペースである。落語家になる前は、水商売のお店で働いていた。そのためその筋のうんちくには詳しい。寒い時期になると乾燥肌となり、爪にひびが入りやすくなるのが悩み。もしも3億円があったら真犯人(何の事件かは不明)を見つけ出すとのこと。上記の通り主役ではあるが、別冊少年マガジンの表紙には一度しか登場したことがなく、魔梨威や木胡桃、丸京の方が表紙での登場回数は多い。高座名の由来は防波堤とテトラポッド。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
防波亭手寅とは?(じょしらく)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

主人公で、女子落語家。話の繋ぎや話題の転換を担い、暴走しがちな他の面々のブレーキ役でもある。いかなる危機も回避する強運を持つが本人も気付かぬうちに危機を回避しているため、自身はかなり呑気でマイペース。

性別

あだ名

テトちゃん

声優

葉山いくみ/山本希望

髪の色

髪型

ポニーテール

職業

女子落語家
さわやか笑顔の腹黒美少女!?「防波亭手寅」の魅力とは?『じょしらく』
【画像】防波亭手寅(じょしらく)
 『じょしらく』は、女流落語家たちが主人公のアニメです。とはいいつつも、高座のシーンはまったくといっていいほどなく、「このアニメは女の子の可愛さをお楽しみ頂くため邪魔にならない程度の差し障りのない会話をお楽しみいただく番組です」というテロップの通り、楽屋での女子トークや都内の名所探訪に終始します。

 今回ご紹介する「防波亭手寅(ぼうはていてとら)」は、寄席で働く5人の女流噺家のうちの一人で、番組で唯一高座らしい高座のシーンがあったキャラです(他の4人は最後のオチの部分のシーンだけ)。
実は主人公
 作中一番目立つキャラはやはり赤担当の「蕪羅亭魔梨威」で、どう見ても魔梨威が主人公に見えますが、原作の久米田先生によると実は主人公は手寅です。つまり、『ゆるゆり』で言えば魔梨威が京子で、手寅があかりのような位置づけといえるでしょう。とはいえ、手寅はわりと積極的に話にからんでくるので、空気キャラというワケではありません。
腹黒
 このアニメのメインキャラの中、単純な(アホの子の)魔梨威以外は、腹に一物持つようなキャラばかり。手寅の場合は天然腹黒といった感じでしょうか。

 1話で「マンガはマンガとして読めばいい、なんでアニメにするのか」などと、身も蓋もない事を言い出しておきながら、それを「空琉美遊亭丸京」が言ったように押し付けたり、魔梨威に乗せられた「波浪浮亭木胡桃」が、下手なルパン三世の真似をした時には、それを鼻で笑ったりもしています。

 また、ハロウィンのネタの流れで「避難しないといたずらするぞ・・・これは爆破予告よ」と言い出し、4人が避難したあと残されたお菓子を独り占めしたり、きぐが「寄席には子供を惹きつけるサービスが必要、子供は丸いものが好きだ」と言い出した時は、自分が丸くなると言ってお菓子を食べだし4人にも薦めましたが、実は自分だけが太りにくい体質で他の4人だけを太らせるつもりだったりと、主人公とは思えないほどの悪辣さです。
強運
 手寅は、丸京と幼稚園のころからの幼なじみ。丸京の証言によれば、手寅は昔からまるでテトラポットに守られているかのごとく、雪の日にひさしに積もった雪が落ちてきても、雨の日に車が水をはねても、手寅だけは無事です。その強運は楽屋でも健在で、他の4人が蚊に刺されても、手寅のいる場所だけ風の流れのおかげで蚊が近寄れなかったり、工事中だった楽屋の壁が崩れても手寅の部分だけは崩れなかったりしています。

 ただ、意識的に危険を回避している部分もあるようで、強制卒業させられた丸京が戻ってきたおりに、新人として下っ端扱いされたあげくキレて、次々と折檻しだした時には、いつのまにか楽屋から退避して難を逃れました。
無責任
 手寅は何かの言い出しっぺになることも多いのですが、その結果起こった事に対してはまったく責任をとろうとしません。丸京が選挙に出馬したときも、手寅が言い出したせいで供託金詐欺に遭ったのにも関わらず我関せず・・・。自分が注文した大きすぎるクリスマスツリーで楽屋が密林状態になっても、言い訳に終始して自分から解決しようとはしませんでした。

 こうして見てみると、一見ろくな人間ではないように見える「防波亭手寅」。しかし、仕事については非常に真面目で、「みつりん.com」で落語の本を購入して勉強したり、高座の枕で使うためのネタを本から仕入れたりもしています。また、時には個性派だらけの楽屋で潤滑油的な役割を果たすこともあり、なくてはならない存在とも言えます。まぁ、彼女が騒動を増やしている事だけは確実ですが・・・。
(C)久米田康治・ヤス・講談社/女子落語協会

記者(玄Kuro【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


防波亭手寅についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>じょしらくのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!