アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ひなたさん

黒騎れい

クロキレイ

ビビッドレッド・オペ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

新大島学園の生徒で、あかね達のクラスメイト。身長158cm。体重45kg。授業以外ではほとんど人と話さず、1人でいることが多い。実は、密かにアローンに力を与え、示現エンジンの破壊を目論む刺客。首筋にはその証とも言うべき、烏の羽を模した紋章が刻まれており、普段はマフラーで隠している。自らの命の一部を光の矢に変えて放つことでアローンを強化できるが、射る度に紋章が1つずつ消えてゆく。全ての紋章が消え、最後の矢を受けたアローンが倒されてしまった時、彼女の存在は消滅するとされている。胸襟を開かず寡黙を貫いているが、根は心優しい。第5話では身を挺して子供を事故から救ったり、「両親を助けるためでも、周りの迷惑になることだけはしない」と言い切るあかねの言葉に胸を痛め、第7話で「やらなければならないこと」の言葉を聞いた途端無意識にあかねの育てたトマトを握りつぶしたことを悔やみ、第10話であかねの家に謝りに訪ねたりする一面もある。しかし、目的を遂げる覚悟もまた、それと同等以上に固く前述のトマトの件もそれ故の行動だった。あくまで示現エンジンの破壊が目的であり、アローンに頼らず示現エンジンさえ壊せば目標は達成すると考え、自ら行動することもある。当初ひまわりからは変な子と思われていた。鳥好きで、港でアジサシと戯れたり、唯一飼っているインコの「ピースケ」を可愛がっている。その正体は、別の可能性世界から来た人間。れいが元いた世界は示現エネルギーの暴走によって消滅しており、彼女が唯一の生き残り。カラスから「『始まりと終わりに存在するもの』ならば元の世界を再生できる」と教えられ、「叶えたければ代償にこの世界の示現エンジンを破壊しろ」と命じられている。極端な寡黙さも、元は「この世界への影響を最小限にせよ」とカラスに求められて始めた振る舞いである。元の世界で唯一残った形見の鍵(彼女の自宅の鍵で、後に世界を繋ぐ扉の鍵になる)を大切にしており、いつも首に下げている。他世界の存在であるため行動の反映係数が常人と異なり、人間離れした運動性を発揮できる。また、一定程度の訓練も重ねたようで、銃火器の扱いにも長けており、戦う時は手首に装着しているワイヤを使う。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
黒騎れいとは?(ビビッドレッド・オペレーション)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

あかねのクラスメイト。寡黙であり、友達と群れたりすることが嫌いなようで、クラスではほぼ一人で過ごしている。時々傍らに人語を喋れる奇妙なカラスが付き添っている。

性別

声優

内田真礼

髪の色

髪型

ロング

兄弟・姉妹

もも
もう一人の主人公!己が世界の為に戦う少女「黒騎れい」の魅力とは?『ビビッドレッド・オペレーション』
【画像】黒騎れい(ビビッドレッド・オペレーション)
 「友情が世界を守る鍵」という触れ込みで創り出された、アニメ『ビビッドレッド・オペレーション』。示現エンジンを狙う謎の敵・アローンと中学生の少女たちの戦いと友情を描いた作品です。可愛らしい4人の女の子たちの、友情を育む様と、世界を守る為に戦う姿が魅力的な作品です。

 普通の中学生だったのが一変、世界の命運を背負って立つという苦境に立たされながらも、それを感じさせないキャラクターたち。そんな4人のクラスメイトである「黒騎れい」。彼女は主人公「一色あかね」たちと敵対する存在であると同時に、救うべき存在として描かれています。れいとあかねたちの交流がまさに作品の根幹をなす重要な要素となるのです。今回は、友情の大切さを教えてくれる「黒騎れい」に関して紹介します。
不思議な不思議な黒騎さん。その正体は?
 学校内では必要最低限の発言しかせず、クラスメイトたちとの接触も少ない。当然ながら、周りからは孤立しており、いつも一人。それが黒騎れいの日常です。ところが、この状況に変化を与える存在が現れます。そう、我らが主人公・一色あかねです。転校してきた彼女は、いつも一人のれいが気になり、接触を試みるようになります。れいの事をもっと知ろうと後を追うあかね。その過程で、れいが本当はとても心優しい子なのだと知ります。

 しかしこの時点で、あかねはまだ知りません。彼女の正体を。彼女こそが示現エンジン破壊をもくろむ謎の敵、アローンの協力者であることを。第5話はれいに話の焦点が当てられ、何故彼女がアローンの味方をするのか、その目的は何かが、少しずつ描かれてきます。アローンを助け、パワーアップさせる役目を持ったれいですが、時にはアローンに頼らず、自ら破壊工作に出るときもあります。第5話で魅せる工作員としての活躍は必見、暗躍するれいの華麗なアクションシーンが見られるエピソードです。
己が悲願の為に……懸命に闘う少女。
 明言は伏せますが、先述の通り、れいにはアローンに協力する理由が存在します。まさに悲願と言える、重要な理由です。その願いを叶える為に、彼女はあらゆる策を講じて戦いに挑みます。アローンを使い示現エンジンを破壊すること、そして邪魔をする者たちと排除すること。この戦いはれいにとって、文字通り自分の全てをかけた戦いなのです。その悲壮な覚悟は、物語に並々ならぬ緊迫感を与えます。

 一方で、本当は優しい子なのに周囲と意図的に壁を作っている。この事にも理由があります。れいの素性を知った時、何と苦しい立場に置かれているのかと、何と健気に闘ってきたのかと思わざるを得ません。全てが明らかになった時、黒騎れいというキャラクターに強く惹きつけられる事でしょう。
もう一人の友情の体現者
 敵は倒す。やっつける。これ、ドラマやアニメでは常識。しかし、倒すだけが正義ではありません。この事を証明してくれたのが黒騎れいです。物語が進むにつれて、れいはあかねと交流を深めていき、また、あかねの影響を受けたわかばやあおい達とも一緒の時間を過ごしていきます。

 当初は戸惑い、接触を拒んでいた彼女でしたが、れいは4人から励まされ、気づかされ、知らず知らずの内に影響を受けていきます。本人の意思とは別に、心の交流を図っていったのです。物語終盤、れいは友達になろうとしてくれたあかねたちに感謝するまでになっていきました。この「育まれる友情」こそが、最終決戦のカギとなります。れいは、友情なくして人は生きてゆけないということをまさに体現したキャラクターなのです。

 友情をテーマにした今作。れいとあかねたちが魅せるドラマは、敵だから殺害してしまおうなどと、安易に切り捨ててはいけない、という事を教えてくれます。自身の存在をかける覚悟と、紡がれる友情。この二つを魅せてくれるれいは、ビビッドレッドオペレーションという作品になくてはならない人物なのです。
(C)vividred project・MBS

記者(羽野源一郎【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


黒騎れいについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>ビビッドレッド・オペレーションのキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!