アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ともぞう@高松さん

長門有希

ナガトユキ

涼宮ハルヒの憂鬱

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

北高1年6組(第9巻『分裂』より2年)の女子生徒であり、唯一の文芸部員。身長154cm。ハルヒが文芸部室を乗っ取った際、SOS団団員その2として組み入れられた。ハルヒ曰く「SOS団に不可欠な無口キャラ」。極めて口数が少なく、表情もいかなる状況においてもほとんど変化が見られないなど、極端に感情表現に乏しい。口を開いても淡々と短い言葉でしか話さない。しかし知識欲・食欲は旺盛。読書を好み、いつも何かしらの本を読んでいる。谷口曰く「容姿はAランク-(マイナー)」で、校内に隠れファンが多く存在する模様。髪はボブカットをさらに短くしたようなショートヘアで瞳の色は黒。自宅室内を含む殆どの場面で北高の制服を着ており、冬場はその上にダッフルコートを着る。小柄で細身の体型で、キョン曰く体重も軽い。なお当初は眼鏡を着用していたが、『憂鬱』における朝倉涼子との戦闘中に落として壊し、それ以降は眼鏡をかけなくなった。但し『消失』では、時空改変後の世界にて再び眼鏡をかけた姿で登場する。その正体は、情報統合思念体によって造られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースで、簡単に言えば宇宙人。派閥は主流派に属する。いつ地球に来たのか正確な時期は不明だが、少なくとも第1巻『憂鬱』の舞台になった時間より3年前の七夕の日、当時中学1年のハルヒがタイムトラベルして来たキョン(ジョン・スミス)の助けを借りて東中の校庭にメッセージを書いた時には既に現住所のマンションに住んでいた(「笹の葉ラプソディ」より)。情報の操作を得意とし、環境を改変したり再構成したりすることができる(その際に超高速のコマンドのようなものを唱えることがある)。通常の人間なら即死してもおかしくない程に肉体が損傷しても、情報操作能力により自力で再生させることができる(ただし限界がないわけではないらしく、それを越えると機能停止に至ることが『憂鬱』で長門と対決した朝倉涼子の台詞にて示唆されている)。また、平時の動作は基本的にゆっくりだが、レーザー光線の発射に瞬時に反応してキョンを守ったりなど、いざというときには常識の範疇を越える運動能力を発揮する。更に特定の空間の情報を操作して時間の流れを凍結し、一定期間の後にそれを解除することで、その空間の中にいる人間に擬似的に時間移動をさせることもできる。噛みつくことによって歯からナノマシンを人間の体内に注入し、その人間を非日常的な力の影響を受けないようにすることもできる。SOS団の中では飛び抜けて万能であり、メンバーからの信頼も厚く、キョンは彼女を「SOS団の影の実力者」と呼んでいる(『陰謀』)。自分の力や起こった出来事を説明する際には専門用語のような難しい単語を羅列する。そのためキョンに分かりやすく解説するよう要求されることが多い。人間との言語を介したコミュニケーションのために作られたヒューマノイド・インターフェースであるにも関わらず、頭の中にある情報を言語に置き換えるのは苦手であるらしく、それが無口さの原因のひとつではないかとキョンは推測している。また長門自身も後に、自分には朝倉涼子のような社交性機能が付与されておらず、言語的コミュニケーション能力が欠如していると自覚するようになっており、且つそれを気にしているような発言をしている(『驚愕』より)。長門がそのように作られた理由は現時点では不明。北高の最寄駅近くにある分譲マンションの708号室で1人暮らしをしており、第1巻『憂鬱』ではキョンを自室に招き入れ、自身の正体を明かしている。それ以後もキョンは何か問題が起こると、しばしば長門の部屋を訪れて助けを求めている。長門もキョンが相手のときにもっとも言葉数が多くなり、基本的にキョンの言うことには素直に従う。行動の最終的な判断をキョンに委ねることも多い。最近では、生まれて初めての冗談をキョンに対して言ったり(『憤慨』所収の「ワンダリング・シャドウ」より)、上記の言語的コミュニケーション能力の欠如に関する発言や、自分の書いている小説を見られるのを嫌がってパソコンの画面を隠そうとしたりする(『憤慨』収載の「編集長★一直線!」より)など、自分の弱い部分や自意識をキョンの前で見せるようにもなってきている。上記のように、もともとは「無口・無表情・無感情・無感動のないない四拍子」(『溜息』より)だったが、SOS団とともに日々を過ごすうちに僅かずつではあるが変化が表れるようになる。長門自身は最初この変化を「エラー」と認識しており、これが後に『消失』の引き金となった。『消失』での一件の後、この「エラー」のために情報統合思念体が長門の処分を検討していたことを自身が語っているが、キョンが切った啖呵のためか、結局処分が下されることはなかった。当初は情報統合思念体から与えられた多くの情報操作能力を有していたが、『消失』の後、より自律的に活動をしたいという考えから自身の異時間同位体との「同期」など自らの能力の一部を意図的に封印し、その解除権限および地球上での情報統合思念体の総意の代表という役割を喜緑江美里に譲渡した。キョンはいつか長門が普通の女子高生になる日は遠くないのではと推測しており、それを願っている。しかしその一方で(或いはそのために)、長門もハルヒを取り巻く各組織からハルヒやキョンと同じくらいの重要人物と見なされるようになってきており、接触したがっている組織が多数存在することが古泉の台詞にて示唆されている。また、後に『驚愕』で復活した朝倉涼子も、長門が既に単なる端末ではなくなっていると発言している。ハルヒの観測(権限譲渡時点では「ハルヒとキョンの保全」に変更されている)という従来の任務に加え、天蓋領域との間の高次元コミュニケーションという特別任務にもついていた。『驚愕』の一件が一応の解決を見た後、特別任務についてはその任を解かれた模様。地球上の現在の技術レベルに合わせて情報操作能力に枷をはめた状態でも、コンピュータに関しては極めて高度な技術を発揮する。第5巻『暴走』収載の「射手座の日」におけるコンピュータ研究部とのゲーム対決では、キョンの言葉に従って情報操作能力を封印した状態であったにも関わらず超人的な活躍を見せ、SOS団を勝利に導いた。その後はコンピュータ研究部に準部員としてたまに訪れている。基本的に「長門(さん)」と呼ばれるが、ハルヒからは「有希」、キョンの妹からは「有希ちゃん」、鶴屋さんからは「長門っち」「有希っこ」などと呼ばれている。なお、ドラマCDではキョンがハルヒを説得させるためにあだ名を考えていた時、自身を「ゆきりん」と呼ぶ場面があったが冗談で済ませた。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
長門有希とは?(涼宮ハルヒの憂鬱)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

非常に無口で表情の変化も極めて乏しい性格。しかし読書家であり、食欲も旺盛だがその正体は宇宙人のような存在。団員の中でも能力がずば抜けておりメンバーから信頼されている。

性別

声優

茅原実里

身長

154 cm

体重

39 kg

血液型

A 型

髪の色

うす紫

学校・会社

県立北高校

部活・委員会

文芸部

職業

高校生

学年

高校1年生
ハルヒの我儘に付き合う苦労人!?無口な文芸部員「長門有希」の魅力『涼宮ハルヒの憂鬱』
【画像】長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
 『涼宮ハルヒの憂鬱』の「長門有希」。ハルヒやキョンと同じ北高校の1年生で文芸部員です。元々ハルヒとは接点がありませんでしたが、SOS団の部室を探していたハルヒに文芸部の部室を貸した事から、SOS団の団員となりました。実は、「長門有希」は宇宙人で、なんでも望み通りに世界を改変できる能力を持つハルヒを監視するために、宇宙から派遣されてきたのです・・・。今回は、そんな「長門有希」の魅力についてご紹介したいと思います。
対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース
 「長門有希」は、情報統合思念体と呼ばれる存在によって作り出された宇宙人です。本人は、「対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」という長ったらしい単語で言っていましたが、宇宙からきたヒューマノイドということで、つまりは宇宙人という事です。なぜ、彼女が宇宙から来たのか。それは、願えば宇宙の法則の法則さえ捻じ曲げる事もできる力を持つハルヒを監視するためです。(もっとも、ハルヒが「宇宙人と会いたい!」と願ったせいでもありますが)。知り合って以来、ハルヒと行動と共にしており、ハルヒの方も彼女の事を気に入っているらしく、表情を変えない「長門有希」から感情を読み取るほどです。
天候さえ変える能力
 「長門有希」は、情報統合思念体の力・・・かどうかわかりませんが、やろうと思えば天候さえ変える事も出来るとんでもない力を持っています。しかし、彼女は自発的にその能力を使おうとはせず、主にハルヒが無意識のうちに力を使って捻じ曲げた事象を直すことに使っています。例えば、野球の試合に負けるとハルヒの機嫌が悪くなり地球が滅亡するため、ホームランを量産するバットを用意したり、映画の撮影で眼からビームが出る設定だったみくるから本当に出た洒落にならないビーム(キョンが消し炭になるところだった)を出なくしたり・・・。要するに、長門有希がハルヒの我儘に付き合わされているようなもので、彼女の苦労が思いやられます。
ほのかに湧き出る思い
 「長門有希」は、喜怒哀楽を表に出すことは全くなく、喜怒哀楽があるかさえもわかりません。しかし、ほんの些細な行動から、彼女のほのかに湧き出る“思い”を知る事があります。例えば、当初長門有希はメガネをかけていましたが、キョンからメガネをかけていない方がいいと言われるとメガネをかけないようになる、などです。感情を持っていない長門有希から感じられるわずかな思い。彼女のこういうところにグッときます。

 実は、長門有希の他にも宇宙人はおり、本来彼女らには感情といえるものがあります。長門有希になぜ感情を入れなかったのかはわかりませんが、感情を入れなかった事で、長門有希というキャラクターはより魅力的になった気がします。彼女を作った情報統合思念体はそこまで考えていなかったのでしょうが。

 長門有希は後に暴走し、現在を能力を持つハルヒのいない世界に作り直してしまった事があります。その世界にいる長門有希は普通に感情を持っている事から、もしかすると、それが彼女の願いなのかもしれません(その世界はキョンにより是正され、長門有希は元に戻ります)。ちなみに、その世界の「長門有希」を主人公にした『長門有希ちゃんの消失』というスピンオフ作品があり、アニメにもなっています。少しでも興味を抱かれた方は是非、ご覧になってみて下さい。
(C)2007 2008 2009谷川流・いとうのいぢ/SOS団

記者(しゅるま【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


長門有希についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>涼宮ハルヒの憂鬱のキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!