アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:マリコ@sssさん

三日月夜空

ミカヅキヨゾラ

僕は友達が少ないシリ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

本作のメインヒロイン。聖クロニカ学園高等部2年5組。中性的な美貌を持つが、常に不機嫌そうに振る舞っているためクラスから浮いており友達がおらず、よく「エア友達」のトモちゃんと会話していた。トモちゃんとの会話を小鷹に目撃され、その際の会話をきっかけに「隣人部」を創設した。趣味は読書。どこからともなく取り出すハエ叩きが武器で、よく突っ込みに使う。髪は幼少期は男の子のようなショートカットだったが、対人恐怖症により美容院に行けず伸ばし続けていた。夏休み終盤に花火が原因で一部燃えてしまい、そのため夏休み明けからはショートカットに戻っている。常に不愛想な男性口調で喋る。陰険かつサディスティックな性格に加え、かなりの毒舌家。さらに幼少期から売られたケンカは買うタイプで、からまれると反射的に相手の胸倉を掴んでメンチをきかせるほど。ただし友人の多い人(いわゆるリア充)は苦手であり、さらに極度の対人恐怖症で、特に人混みに入ると吐き気を催す。星奈のエロゲーや理科の下ネタに関してはあからさまに狼狽し、「人前で肌を露出させるなど恥ずかしい」という理由から、ジーンズなどのボーイッシュな私服や囚人服のようなフルボディの水着、果ては私服として真っ黒なジャージを着用するなど、性的な話題に関しては人並み以上に敏感である。学業に関しては非常に優秀であるが、その理由は友達がいないため(学校では必然的に読書、トモちゃんとの会話、勉強しかする事がない)という悲しいもの。実は10年前、小鷹とケンカをきっかけに親友となっていた。ただし当時は、男の恰好で「ソラ」と名乗っていたため小鷹には女と気づかれず、再会した時も長いことソラであると気づかれなかった。小鷹が引っ越す直前に女であることを明かそうとしたものの、「スカートをはいた姿が恥ずかしい」という理由で結局出来なかった。小鷹との約束を果たせなかった上、小鷹も消えてしまったので裏切られたと思い、親しい友人を作ろうとしなくなる。漫画版では、小鷹が女子の話題を出したり、女子から好意を示されたりするとあからさまに不機嫌そうな表情になっている。『CONNECT』では小鷹が引っ越してからの10年間は色々とやらかしており悲惨なものだったことや、最初マリアに顧問を頼みに行く時にはマリアを小鷹と一緒に部活の際に遊び相手をしてあげようと考えているほどに好意的だったが、マリアと話す際に見事な裏拳をくらわせてしまい(お菓子をあげようとバッグから引っ張り出す際に起きた事故)、マリアを調教するような今のやり方になってしまったこと、隣人部を何のために作ったかなどが明かされる。同巻終盤(8巻からの地続きになっている)では小鷹の唯一の幼馴染という立場が星奈に崩され、さらに小鷹と理科が友達になった事実に耐え切れず逃げ出し、隣人部の全員に『旅に出ます。探さないでください』というメールを送ってしまっているが、行くアテがそもそも無く、小鷹との思い出の公園で佇んでいる所を小鳩に拾われている為、事なきを得ている。しかし小鷹との友情も何もかも失った事でかなり自虐的になっている。実は生徒会長の日向が実の姉であることが9巻で判明。旧姓は「日高」。幼い頃、父親の浮気が原因で両親が離婚し、日向は父親に、夜空は母親に引き取られた。現在は母親と2人で父親からの慰謝料で生活している。夜空曰く母親は夜空をそのまま大人にした感じで、父親はそんな母親でも愛そうとしたが、耐え切れず母親の友達である女性との浮気に走り、後にその女性と再婚している。このことから「女」というものを嫌うようになり、その後の人格形成に大きな影響を及ぼしている。10年前に小鷹と友達になった頃、男の子のような恰好をしていたのもそのためである。なお母親の離婚直後、元気付けようとしたのが裏目に出て母親から包丁で刺されかけた為、包丁に対しトラウマを抱え料理ができなくなっている。『僕は友達が少ない+』ではクラス委員長で、序盤においては、小鷹が創設した隣人部を潰そうとする。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
三日月夜空とは?(僕は友達が少ないシリーズ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

メインヒロイン。羽瀬川小鷹のクラスメイト。中性的な美貌だが、乱暴な男口調で愛想がないため友達が少ない。エア友達のトモちゃんとの会話を小鷹に目撃される。隣人部の創設者。

年齢

17~18 歳

性別

趣味

読書

声優

井上麻里奈/佐倉綾音(幼少期)

俳優

北乃きい/渡邉空美(幼少期)

星座

山羊座

髪の色

髪型

ロングヘアー/後にショートヘア

学校・会社

聖クロニカ学園高等部

部活・委員会

隣人部

職業

高校生

役職

部長

学年

高校2年生
隣人部の創設者にしてメインヒロイン!だったハズ・・・「三日月夜空」の魅力とは?『僕は友達が少ない』
【画像】三日月夜空(僕は友達が少ないシリーズ)
 『僕は友達が少ない』の「三日月夜空」は、作品のメインヒロインの一人であり、物語の中心となる隣人部の創設者でもあります。最初こそ隣人部を引っ張っていきましたが、当初の目的である主人公「羽瀬川小鷹」と仲良くなるという目的を果たせないまま、どんどん隣人部に女子が増えていき、次第に影が薄くなっていく・・・悲劇のヒロインです。今回は、そんな「三日月夜空」の魅力についてご紹介したいと思います。
人づきあいが苦手な美少女
 いつも不機嫌な表情をしている夜空。これは、本当に不機嫌なのではなく、人づきあいが苦手でどんな表情をしていいかわからないから。しかし、にこやかに笑う時もありました。それは親友のトモちゃんと話す時です。トモちゃんは、可愛く頭もよく運動神経抜群、優しくて話し上手で聞き上手な完璧な女の子。唯一の欠点は、トモちゃんは夜空の脳内にしかいないこと。トモちゃんは、なんとエア友達だったのです。
小鷹と仲良くなるために隣人部を設立!が・・・
 そのトモちゃんとの会話(夜空が一人でしゃべっているだけ)を小鷹に見られたのをきっかけに、隣人部を設立します。友達を作るという名目の元、小鷹と仲良くなるための部でしたが、リア充で夜空の宿敵「柏原星奈」が入部したり、小鷹を慕う男子「楠幸村」を面白がって入部させたところ、実は美少女だったり、呼んでもいないのに「志熊理科」が入部してきて小鷹にちょっかいを出したりと、夜空の目論見は狂っていきます・・・。
次第に影が薄く・・・
 しかし、夜空には大きなアドバンテージがありました。実は、小学生の頃に男装していた夜空は、小鷹の親友、つまり幼馴染だったのです。当初は気付いていなかった小鷹も、夜空がショートカットにした時に気が付きました。これで、小鷹との仲が進展すると思いきや、実は星奈も小鷹と幼馴染だった事が判明・・・。おまけに婚約までしていた事も・・・。一気にアドバンテージを失う夜空。そのうえ、理科が小鷹の親友となり、小鷹の初めての友達のポジションさえ奪われてしまいました(小さい頃のはノーカウント)。次第に影が薄くなり、いたたまれなくなった夜空は失踪してしまいます・・・。

 夜空の魅力は?と問われれば、小鷹に一番近い位置にいながら、どんどん堕ちていく悲劇的なところでしょう。どん底まで堕ちた夜空に、いつもの毒舌を吐く勇ましい姿はなく、弱々しく守ってあげたい、そんな思いすら抱きます。のちに復活しますが、小鷹との仲は相変わらずでした・・・。しかし、ある事件をきっかけに星奈と仲良くなり、友達になりました。エア友達ではなく本物の友達です。設立時の真の目的とは違いますが、友達ができたということで、隣人部を設立した意義は夜空にはあった、ということでしょう。
(C)2011 平坂読・メディアファクトリー/製作委員会は友達が少ない

記者(しゅるま【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


三日月夜空についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>僕は友達が少ないシリーズのキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!