アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:るるるさん

五代裕作

ゴダイユウサク

めぞん一刻

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

一刻館5号室の住人。善良で心優しいが優柔不断、トラブルに巻き込まれやすい典型的なラブコメの主人公である。 5月4日生まれ。血液型はA型。作品中では明記されていないが、出身は作者の故郷である新潟県あたりを想定していると思われる。両親は健在で故郷で定食屋を営んでいる。高校卒業後、浪人生として上京し、一刻館に入居する。当初は一刻館の非常識な他の住民に馴染めず頻繁に転居を決意しては断念する日々だったが、管理人として就任してきた音無響子に一目惚れし住み続けるようになった。1年間の浪人生活を経て三流私立大学に合格。大学では教育学部に在籍し、響子の母校である高校で国語科の教育実習を行ったが教職に就く意思はなく、就職活動は全て一般企業であった。大学を卒業するが、就職内定していた企業が倒産してしまったために就職浪人することになる。「しいの実保育園」でアルバイトを始め、その経験から保父(現在で言う保育士)を目指すようになる。なお、アニメでは就職浪人していないために大学4年目から1年ほどタイムラグが生じている。人員削減で保育園のアルバイトを解雇された後は、キャバレーにて宣伝部部員(呼び込み)や福利厚生部長(ホステス達の子供の世話係)として働く。2年近く専門学校に通って保育士免許を取得した後、欠員がでた「しいの実保育園」に保育士として正式に採用され、響子に求婚、結婚し翌春に長女・春香をもうける。善良であるが意思が弱く流されやすい性格のため、要らぬ苦労を背負い込み、トラブルに巻き込まれることが多い。金魚すくいが得意で小さいころは「お祭り裕ちゃん」と呼ばれていた。高校時代はラグビー部に所属。五代の住む5号室は部屋の荷物が一番少ないという理由で一刻館の住人たちが集まる宴会場にされることが多く、試験勉強中などは、度々住人に邪魔されたりからかわれたりしていた。朱美と四谷曰く、五代は「一刻館の玩具」。手先が器用で、大学1年秋に成り行き上所属した人形劇サークル(入部当初を除き全くサークルには顔を出さなかった)では人形を、キャバレーではホステスの子供達のために積み木等の玩具を作ったりもした。物語当初は喫煙する描写があるが、途中から無くなる。アニメ版では響子のために禁煙したと発言している。妄想癖があり、響子のことを考えるたびに妄想してはしばしば壁や電柱などに頭から突っ込んでいく。響子に対しては「管理人さん」と呼んだり「響子さん」と呼んだりしていたが、響子と結ばれてからは「管理人さん」とは呼ばなくなり、最終話で挙式後は「響子」と呼ぶようになった。作者は五代がいつまでも童貞でいるのは「正しくない」という考えを持っていて、五代が独りで北海道旅行に行くエピソードで旅先で出会った大口小夏を初体験の相手にしようとしていたが、編集部から五代君は純潔を貫かなければならないと猛反対され、断念したらしい。その後、五代の初体験は、坂本のおごりでソープランドに連れて行かれた話で曖昧に描かれたが、実際に体験したのかは不明。響子が五代に対して好きであることをなかなかはっきり言わなかったために五代は響子の愛情を確信できず、終盤に響子とベッドインしながらも前夫の惣一郎が気になって失敗してしまうが、後結ばれる。しかし、響子の心奥深くに残っている「惣一郎」に対し素直に「正直言って妬ましい」と惣一郎の墓前で心中を吐露するが、それすらも「響子の一部」として捉え丸ごと受け止める決意をする。同姓ということから、鹿児島県薩摩川内市の酒造メーカー「山元酒造」が製造する焼酎「さつま五代」(由来は所在地の「五代町」から)の広告に絵が使用されていたことがある。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
五代裕作とは?(めぞん一刻)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

実はモテモテ!?管理人・響子さんが惚れた男「五代裕作」の魅力『めぞん一刻』
【画像】五代裕作(めぞん一刻)
 髙橋留美子原作の『めぞん一刻』は、一刻館というアパートを舞台に、浪人生(のちに大学生)の「五代裕作」と一刻館の美人な未亡人の管理人「音無響子」の恋愛関係を、個性豊かなキャラクター達とともに描かれたラブコメディです。心は優しいが優柔不断でトラブルに巻き込まれやすい苦労人の五代君。彼に惚れる女の子も少なくはありません。今回は、そんな苦労人「五代裕作」の魅力についてご紹介させていただきます。
どんな時も優しさだけは一番
 五代君の優しさは時や場所、相手を選びません。もちろん、響子さんに対しての優しさはよく描写されていますが、五代くんに惚れているこずえちゃんや八神に対しても、彼女たちが傷つかないためにはどうしたら良いのか、常に言動や行動を選んでいます。女性が男性に求めるものはやはり優しさ。だからこそ、裏表のない優しさを持つ五代くんに心が惹かれるのでしょう。
優柔不断が武器となる?
 五代君の性格と言えば“優柔不断”。理不尽な事があったり、このタイミングで決めないと!という大切な場面でも、もじもじと悩んでしまいます。五代君が悩んでいるその隙を狙って、『めぞん一刻』に出てくる女性たちは五代君に迫ります。そして、どんな女性から迫られても、五代君は全く嫌がりません。その優柔不断さが、女性たちの気持ちを後押ししてくれるのかもしれません。良くも悪くも?
心の広さに救われる
 『めぞん一刻』の名場面といえばやはり、惣一郎さんのお墓の前で五代君が自分の想いを告げるシーンでしょう。ここでの五代君のセリフ。

「正直言って、あなたが妬ましいです。」
「初めて会った日から響子さんの中にあなたがいて・・・そんな響子さんを俺は好きになった。だから、あなたもひっくるめて響子さんをもらいます。」

 こんなセリフを言える男の人は、なかなかいないのではないでしょうか?どうしたって好きな相手の過去の人は気になってしまうものです。響子さんにとっては、きっとプロポーズよりも嬉しかった言葉でしょう。

 五代くんがこずえちゃんと別れようとしている時、こずえちゃんが他の男の人からプロポーズされて結婚を決めたと言われてしまいます。普通の男の人なら、今まではなんだったんだ!?ふざけんな!と怒りの気持ちが大きくなってしまうかもしれません。しかし、五代君は、こずえちゃんが自分で決めた事なら、きちんと相手の男の人を尊重して「おめでとう」と言える男なのです。その優しさに、こずえちゃんも最後は救われた事でしょう。

 原作もアニメも、最初のうちは五代君の苦労する面や頼りないところばかりに目がいってしまいがちですが、物語が進むほど五代君も成長していきます。ぜひ、響子さんのような素敵な女性と出会える事を目指して、名作『めぞん一刻』を読んでみてください。
 >>> めぞん一刻 DVD-BOX
(C)高橋留美子/小学館

記者(とみぃ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


五代裕作についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>めぞん一刻のキャラクター 一覧
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!