アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:nonさん

毛利小五郎

モウリコゴロウ

名探偵コナン

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

毛利蘭の父親。「毛利探偵事務所」を経営する私立探偵。江戸川コナンの活躍により現在は、眠りの小五郎として有名な名探偵になっている。オールバックの髪型とちょび髭がトレードマーク。連載当初は“ヘボ探偵”と紹介されていたり、どこか憎めないお笑いキャラであったが、連載が進むにつれて優秀な一面を覗かせることもあり、コナンも驚かせるような名推理を披露することもある(後述)。一人称は基本的に「オレ」だが、身内でない人や目上の人には「私」を使う。一方、「名探偵コナン特別編」の丸伝次郎と阿部ゆたかが作画を手がけた作品では、「ワシ」という一人称を使っている。。短気で粗暴な性格で、コナンが事件の捜査に介入するなどすると、ゲンコツをしたり、依頼人に対して怒鳴ったりすることもある。また、服部平次が自分に予測できない推理をした際には、納得できないからといっていきなり殴るなど、非常に横暴な面が目立つ。妻は妃英理。年齢は38歳。同級生に女優の雨城 瑠璃(うじょう るり、声 - 島津冴子)がいる。出身高校は新一や蘭と同じ帝丹高校(英理、工藤有希子とは同級生)で、大学は米花大学卒業。かなりの酒好きであり、作中ではだらしなく酔っている場面が多く描かれている。またヘビースモーカーでもあり、作中で吸っているのはハイライト。依頼が来ない時は大抵事務所でテレビを見たり、競馬中継のラジオを聞いたりして過ごしている。野球好きな面もあり、小五郎が所属している町内野球チームでは、準優勝の経験もあるとの事。趣味は競馬・競輪などのギャンブル、麻雀。美人には目がなく、鼻の下を伸ばす一面もある(事件が起きた時は下心を一切出さず、女性の全裸(半裸)を見ても冷静に対処する)。アイドル・沖野ヨーコの熱狂的ファンであり、彼女が関わるものはドラマ、CDなど逃さずに押さえている。有名になってからは、何度かテレビ出演もしている為に、かなりの収入を得ているはずなのだが、それに比例するかの如く金遣いは酷くなる一方となっている。殆ど酒やギャンブル、遊興などに浪費しているノープランぶりから、未だにマイカーを所有しておらず、遠出するときはいつもレンタカーを借りている上に、壊す事が多い。高収入の依頼が来ると、後先考えずに前祝いとして近所の人達と派手な飲み会をやってしまい、借金まみれになって、別居中の妻である英理にまで尻拭いをさせる体たらく振りを見せてもいる。コナンとは対照的に、シャーロック・ホームズの事は好きではない上に、「紙の上の人間」と露骨に侮蔑した結果、ホームズ・フリーク達からは睨まれ、散々馬鹿にされてしまっている。また、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を、ホームズシリーズの作者であるコナン・ドイルの作品と勘違いしていた程、シリーズの内容についてもろくに知らない模様。工藤新一のことは高校の同級生だった有希子の一人息子であり蘭の幼馴染として小さい頃からよく知っているが、新一が高校生探偵として活躍していた時は一時期、探偵の仕事を奪われていたと思っており(本当は自身の推理力が優秀ではない為であるが)、表面的な意識ではあまりいい印象を持っておらず、蘭との交際についても批判的な言動が多い。「探偵坊主」などと嫌味を込めて呼ぶことも多いが、名前の呼び方は蘭と同様「新一」。また新一の父親であり自身の刑事時代に目暮が捜査協力を依頼していた優作の事も(有希子の夫ではあるが)、所詮は「小説家」である事から目暮ほど信用はしていなかった。ただし新一や優作の推理力の高さは認めており、蘭が新一に想いを寄せていることにも気付いている模様で、内心では蘭の新一に対する愛情を大切に見守ってもいる。 なお、自分を影から補佐するようなコナンの行動に関して、何度か勘付いた(正体を工藤新一だと想定するまでに至っていないが、「待てよ。お前の顔、どっかで見たことあるぞ。」と幼少期の新一の顔を思い出しかけたことは原作初期に描かれた)が、大抵は周囲の称賛を受けて忘れるか、コナンが幼稚なミスをしでかして考え過ぎだと判断してしまい、2013年現在もコナンがただの子供でないことを無意識に察しているものの、それを完全に日常の出来事として認識した状態が続いている。アニメ版などの設定では、高所恐怖症であり、高いところが苦手。【探偵業】:本来の小五郎はお世辞にも優秀とはいえない探偵だったが、江戸川コナンが腕時計型麻酔銃と蝶ネクタイ型変声機を使い、彼に成り済まして事件を解決してきたため、「眠りの小五郎」と呼ばれ全国的に有名になった。しかし、完全に浸透したわけではなく事情を知らない人からは「居眠り小五郎」「煙の小五郎」「踊りの小五郎」など呼び名を間違われたことも多々ある。また、自分が眠らされている間に勝手に事件が解決しているという、あまりにも不自然過ぎる事に関しても、元からお調子者な性格の為か、特に気にする事無く自分が本当に解決していると得意気になっており、有名になってからは何かと「この名探偵・毛利小五郎が」という様になり、はしゃぐ一方である。最近では、エルキュール・ポアロに因んで、「毛利ポア郎」とまで自称する始末である。また、『絶海の探偵』では目立ってはいけない探偵のものとは思えない金ピカ(金メッキ)の名刺を大量に持ち歩いていた。事件に遭遇した時は、当てずっぽうかつ見当違いな推理で真犯人以外の人間を犯人と決め付けてしまう事が多い。また、犯人が意識的に残したミスリードを真に受け、普段よりも饒舌になり、刑事たちが立てた推理の可能性を消してしまう捜査妨害に等しい行いをすることもある。非常に短気でものぐさな性格が災いして、密室殺人などの不可能犯罪に遭遇した場合、大抵「自殺」か「事故死」と即断して捜査を打ち切るずさんな傾向がある。仮に周囲に不自然な点を指摘されても、「細かいことでいちいちうるさい」「ただの偶然」で片付けてしまい、それでも言われると逆ギレして怒鳴り散らす等、非常に性質の悪い振る舞いが多々ある。また元刑事という肩書きにも拘らず、足を使った捜査を嫌う事をコナンに心の中で指摘されている。その一方で、コナンに影から補佐されつつも、彼自身が一人で事件を解決することもある。時にはコナンが解けなかった謎や、コナンが正しく推理できなかった部分までも完璧に解いている場合もある。そういった場合、解決する事件は彼自身にとって重要な人物(旧友や妻)が関わっているなど他人事ではないことが多いことから、本人にちゃんと「やる気」さえあれば、これまでコナンが解決した事件も、自力で解決出来た可能性はある。レンタカーを借りての旅行先で事件が起きるのは物語の定番となっており、借りている車は殆どの場合がトヨタ・クラウン(ないしそのパロディのような車、車のフロントには王冠のマークが付いている事を確認出来る)である。小五郎が行く場所では何かしらの事件が起こるため、目暮警部らからは「疫病神」「死神」呼ばわりされることもある(コナン・平次にも同様の傾向がある)。青函トンネルで起きた殺人事件では、北海道警察の田村刑事に「行く先々で事件が起きる呪われた探偵」と呼ばれた。かつては警視庁捜査一課強行犯係に勤めていた。刑事時代には警視庁でも有数の拳銃の腕前だったとの証言もあるが 、原作では発砲場面がないため、公式に設定として認められているかは不明。刑事時代も的外れな推理をすることが多く、捜査を混乱させることが多かった。刑事をしていた経験から捜査の基本は熟知しており、大体の死因や死亡推定時刻は鑑識・司法解剖を待たずとも自力で特定することが出来る。また、携帯電話と盗聴の関連性について説明したこともあるほか、突如事件が起きたと見るや「全員その場を動くな!」と叫ぶなど、基本的な刑事としての知識や業務遂行能力はきちんと備えている。以上の事を踏まえれば、お調子者で的外れな推理を繰り返すことは多いものの、所轄署の刑事から本庁捜査一課にまで上り詰めている点と、真面目にしっかりと推理を行えばそれなりの探偵能力を持っていることから、警察としても一般の刑事よりも優秀であると考えられ、一概に「無能な探偵」と決めつけられない面が多い。初登場時は、無精ひげを伸ばして酒浸りの毎日だった。無名だった頃は「毛利小五郎だ」と名乗っても誰だか解ってもらえなかったり、明智小五郎や毛利衛と間違われたりすることもあった。また、知名度が上がっても依頼が来ない日が続く事もあり、コナンに「暇なんだなおっちゃん…」と突っ込まれることもある。酒癖が悪いせいで、泥酔したり寝ぼけていたりする事が多いが、その状況下でも事件に遭遇すると一瞬で覚醒し、緊張した状態になる。劇場版シリーズでは、的外れな迷推理をすることが多く、『時計じかけの摩天楼』の冒頭、『14番目の標的』以来「眠りの小五郎」を披露したことがなかったが、『絶海の探偵』で15年ぶりに披露している。また、『水平線上の陰謀』では、途中で少し脱線してしまったが普段の彼からは想像できない見事な名推理を披露している。【英理との夫婦関係】:妻の英理とは学生結婚という形で結婚した。アニメ版の設定では、新婚当時は生活が苦しく、収入を得るために家庭教師のアルバイトをしていた。しかし、別れた現在において、家を出て行った英理からは、「グズで不潔で女たらしで飲んだくれでいーかげんな男」と、見事に的中しており、また夫婦だけあって、普段から一変して冴え渡った推理を見せる「眠りの小五郎」に関しても、次第に疑いを強められている。ある経緯により10年前から別居中の身で、たまに会ってもお互いに悪口を言い合っている 。だが、英理がなくした指輪を密かに見つけ出したり、英理がファンだった野球選手のサインボールを渡そうとしたり、誕生日に5万円のネックレスを贈ったりと、憎まれ口をきいてはいても、内心では英理を想っている。英理に戻ってきて欲しいと願い出たこともあるが、英理は聞いていないふりをしてその発言をMDで録音していた。英理へのプロポーズの言葉は、「お前のことが好きなんだよ、この地球上の誰よりも」。【良識】:コナンや少年探偵団のような子供が捜査に加わるべきではないという、常識的な感性の持ち主である。事件の第一発見者であるコナンを、目暮警部の許可も得ずに勝手に追い返したこともある。 その一方で、コナンが爆弾事件に巻き込まれて負傷した際にはコナンの身を本気で心配し、病室で付きっきりで見守っている。そして自分の代わりを頼んだ(ことになっている)工藤新一や命の危険にさらした犯人に激怒するなど、普段は厳しい態度を取ることも多いコナンに対する優しさをのぞかせている。とは言え、そういった『大人』としての行動を担っている割には、阿笠博士などから、本編や劇場版などで旅行やパーティを招待された際、招待主がそばにいるのにもかかわらず平気で不満や文句を述べるといった配慮が欠けているなど、人としての良識があるのか疑わしい面もある。しかし、これは小五郎のみならず登場人物全体を通してある事で、コナンなど事件発生前にもかかわらず他人の行動を詮索する非常識な面もある。 ある事件で容疑者を間違った推理で追い詰め、その件が一因で容疑者が自殺してしまった際には、探偵事務所の看板を下ろして責任を取ろうとしており、責任感の強い一面もある。 「どんな理由があっても殺人者の気持ちなんて解りたくない」という信念を持っており、殺人を起こした人物に対しては同情の余地は持とうとしない。無論昔の依頼人や旧友など、親しい人物や知人に対しても同様である。また犯人に対して一喝することもある。しかしコナン(新一)や平次と同様に、犯人を死なせる真似はしない(本人曰く「犯した罪の重さを解らせるため」)。金の力に弱いことを思わせる描写も多いが、汚いお金の稼ぎ方は嫌っており、金のために犯罪に走った知人に対し「そこまでして金が欲しいのか」と軽蔑していた。 「そして人魚はいなくなった」では通夜で事件について聞けると喜んでいる平次を諭している。人命を尊重しており目の前で事故が起きた際その不審点をコナンがすぐ指摘したのに対し「いまはそんなことを言ってる場合じゃない」と叱っている。また事件解決のヒントであることでも遺族や被害者にとって辛いこと立ち入ったことを聞かないようにしていることもある。【特技】:娘の蘭が空手の名人であるのに対し、小五郎は柔道の名人である。本編では犯人を捕らえるときにその技の切れを見せており、特に決め技の一本背負いは大柄な男性すらあっさり投げ飛ばすほど。『14番目の標的』、『水平線上の陰謀』、『天空の難破船』では犯人確保の決め手となったほか、『迷宮の十字路』では相手を叩きつけた衝撃で地面がめり込むほどの威力を見せた。なお、妻の英理にもこの一本背負いを教えているらしく、彼女にも「小五郎と出会って得たものは、娘の蘭と一本背負いくらい」とぼやかれている。大学時代に所属していた柔道部でも一番の腕前だった。しかし肝心の試合になると気合が空回りして調子が狂ってしまい、公式戦で勝ったことはほとんど無かったようであるが、全国大会では優勝している。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
毛利小五郎とは?(名探偵コナン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

元警視庁の刑事で現在は探偵事務所を営んでいる。推理力の欠如の探偵だが、江戸川コナンの推理のおかげで「眠りの小五郎」として有名になっている。妻とは別居中。

年齢

38 歳

性別

通り名

眠りの小五郎

特技

柔道/射撃

声優

神谷明/小山力也

俳優

陣内孝則

髪の色

髪型

オールバック

アクセサリー

チョビ髭

学校・会社

毛利小五郎探偵事務所

職業

私立探偵

配偶者

妃英理

子供

毛利蘭
大人の魅力満載!?オールバックのちょび髭探偵「毛利小五郎」の魅力とは?『名探偵コナン』
【画像】毛利小五郎(名探偵コナン)
 天才高校生探偵「工藤新一」が、頭脳や記憶はそのままに、外見だけが小学1年生になってしまい、元の姿に戻るために「江戸川コナン」という偽名で様々な事件を解決する超人気作品『名探偵コナン』。「見た目は子供、頭脳は大人」のキャッチフレーズは馴染み深いものがあります。今回はこの作品から、ヒロイン「毛利蘭」の父、そして「江戸川コナン」が居候する探偵事務所の探偵でもある「毛利小五郎」を紹介したいと思います。
良くも悪くも立派な大人の男?
 正直なところ、主役のコナン君達と比べると全くと言っていいほど華はなく(個人的印象)、いつもコナン君に眠らされてばかりで、小五郎おじさんの推理で事件を解決することはほとんどありません。しかし、小五郎おじさんには常に“大人の男としての魅力”があります。

 ヘビースモーカーであり、お酒には目がありません。トレードマークのオールバックと自慢のちょび髭は連載開始当初から少しも変わらず、競馬にマージャン、ギャンブルが大好きで、持っているお金はすぐに使ってしまいます。アイドルの「沖野ヨーコ」の熱狂的ファンで、他のかわいい女の子を見た時もすぐに鼻の下を伸ばします。

 “大人の男としての魅力”、きちんと説明できてますでしょうか・・・?よい子のみんなはあまりマネをしない方が良いかもしれません。大人にならないと分からないかもしれませんが、これもまたひとつの“大人の男の魅力”なのです。
親としての顔
 妻である英理とは現在別居中。ただ、完全に縁を切ったわけではなく、時々顔を合わせることはあるようです。娘の蘭の将来が心配かもしれませんが、小五郎おじさんなら問題ないでしょう。蘭の身に危険が及びそうなときは親としてきちんと心配していますし、いざという時のために空手も学ばせています。実際蘭の空手が犯人逮捕につながった事もあります。

 また、居候のコナン君に対しても、今では違和感なく一緒に暮らしています。小学生1人でも居候が増えれば生活費の負担は結構大きくなると思いますが、特に生活に苦しんでいる様子は見られません。たとえ金遣いは荒くとも家族の生活はきっちり支える。立派な「親」の一面といえるでしょう。
本気を出せば、誰よりもカッコいいおじさん
 的外れな推理や酔いつぶれている姿など、普段はコナン君や蘭に呆れられるような場面が多いです。しかし、一旦本気モードに入れば、作中の誰よりもカッコいいのです。刑事時代の経験や知識を活かして、コナン君を越える名推理を披露したり、得意の柔道で立ちはだかる犯人を取り押さえたり、大人の視点で犯人を諭したり。だらしなくふざけているときと同一人物と思えません。コナン君も思考は大人ですが、小五郎おじさんの大人の魅力には遠くおよびません。

 これから先もコナン君が主役で小五郎おじさんは脇役という構図は変わらないでしょう。それでも、彼にスポットライトが当たる回はこれからも間違いなくあります。だらしなくもカッコいい、良い意味での「大人」として、『名探偵コナン』という作品を盛り上げてくれることは間違いありません。オールバックのちょび髭探偵「毛利小五郎」の今後に期待しましょう。
(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

記者(WONDER【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


毛利小五郎についての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>名探偵コナンのキャラクター 一覧
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!