アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:ひろみさん

巴マミ

トモエマミ

魔法少女まどか☆マギ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

魔女の結界に巻き込まれた鹿目まどかと美樹さやかの窮地を救い、2人の相談役となり魔法少女の存在と契約することの覚悟を説く。魔法少女の中では珍しく、他者を魔女とその使い魔の脅威から守るという信念で戦い続けたため、まどかとさやかに大きな影響を与えた。しかし2人の前では頼れる先輩を演じていたものの、一方で心の内に強い不安や孤独を抱き続けていた。まどかとの会話により不安を払拭するが、直後の「お菓子の魔女」との戦闘でまどかとさやかの眼前で呆気なくも凄惨な最期を遂げた。魔法少女の象徴的な人物であり、彼女の退場によって物語の本質が明かされる。また、第10話でほむらの回想として描かれた過去の時間軸の世界では、魔女が魔法少女の成れの果てであることを知ったマミは表情を一変させ同士討ちを始めるが、彼女がこの行為に至った詳しい理由については、アニメ本編中では一切描写が無い。アニメ放送終了直後のまだマミの内面や過去について外伝や書籍等を通した補完がほとんどなされていなかった頃、該当時間軸におけるこのマミの行動について、当初脚本の虚淵玄はマミの潔癖症な一面や彼女なりの脆さゆえに真実を受け止めることができなかった結果であると述べたが、後にマミ役の水橋かおりは、この時間軸では仲間同士の信頼関係が極めて劣悪であり、必死にチームの間を取り持とうとしていた巴マミにかなりの精神的負担が掛かっており、この行動は仕方のない判断であったと答え、さらに後にシリーズディレクターの宮本幸裕が「時間を止められるほむらをまず拘束し、続いて攻撃力の高い杏子を射殺する」というこの行動には、冷静な判断力があると言及する、など、時間が経つに従ってアニメ制作側から新たに様々な説明がなされている。付け加えるなら、マミは実際の所アニメ劇中においては魔女化もその兆候も描写されておらず、また他のキャラの作中での描写を見る限り、例えば杏子は正義の為に戦う魔法少女という当初の信念を貫けずに使い魔が人間を食べることを黙認し、当初の信念を思い出してさやかの為に奮闘するも最期はOtaviaと心中する、ほむらはループする毎にその時間軸の全ての人間を巻き込み、まどかの強さの秘密を知ってワルプルギスの夜に挑んで敗れた後はそれ以上のループを諦め魔女化寸前までソウルジェムを濁らせる(新編叛逆の物語においては魔女化、さらに助けに来た仲間の手を振り払って悪魔化している)など、少なくとも当事者になっている各キャラクターの事情、心情を一切度外視した上で、あくまでアニメ本編中で描写された彼女達のとった行動の結果のみを取りあげて比較するならば、彼女達はいずれも他者を巻き込み、またソウルジェムの真実を知ったマミのように自分の信念の根幹に関わる部分を揺るがされると破滅ともとれる結末へと自ら突き進んでいるので、先述した虚淵の言にある「”彼女なりの”脆さ」という言葉が示すように、マミが他の魔法少女と比べて特別精神的に脆いというわけでもない。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
巴マミとは?(魔法少女まどか☆マギカ)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

ベテランの魔法少女。後輩の鹿目まどかや美樹さやかに優しく接するお姉さん的存在の少女。しかし、大人っぽく接しているが、心の内に強い不安や孤独を抱く面も。

性別

声優

水橋かおり/キャリー・ケラネン

髪の色

髪型

縦ロールの二つ結び

アクセサリー

花の髪飾り

学校・会社

見滝原中学校

職業

中学生

学年

中学3年生
魅力溢れる優雅なお姉さん「巴マミ」の魅力とは?『魔法少女まどか☆マギカ』
【画像】巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ)
 『魔法少女まどか☆マギカ』は、とある地方都市で魔女と戦いを繰り広げる魔法少女達を描いた作品です。魔法少女を題材としているためか、キャラクター全員が中学生という幼いメンバーの中、「巴マミ」は先輩魔法少女として、後輩である主人公達を大人の魅力(と言っても中学生3年生ですが・・・(笑))でまとめる素敵な女性です。
戦闘時の華麗な立ち振る舞い
 マミさんの愛称でファンから親しまれる彼女がどんな人物かといいますと、物腰の柔らかい優しく頼りになるお姉さん的な立場であり、ナイスバディで金髪縦ロールをツインテールにしているお嬢様のようなルックスです(脚本担当の虚淵氏曰く、キャラクターのモデルは「ひだまりスケッチ」のヒロさん)。

 そんな容姿に違わず、魔女との戦闘時の戦い方も優雅そのものです。拘束や切断が可能なリボンを主軸に戦い、相手をリボンで拘束した後、リボンを変形させたマスケット銃で撃ちぬく戦闘スタイル。マスケット銃が単発であるため、複数のマスケット銃を踊るように持ち替えながら戦うその姿はまさに「舞っている」という表現が適切なものです。

 また、戦闘終了後に紅茶を飲むという描写も、彼女が優雅なキャラと言われる理由と言えます。作中のBGMも相まってか笑顔で戦いながら(笑顔で魔女を倒していると考えると少し怖いですが(笑))魔女を倒すその姿は、正に大人の魅力溢れる素敵な女性です。また、彼女だけが必殺技に技名を付けており、ウインクしながら大砲をぶっ放すという姿も、頼れる大人の余裕を感じさせる要因の一つといえるでしょう。
マミさんの反響
 アニメ本編では第3話という非常に早い段階で敗北し、悲惨な最後を遂げたマミさんは、あまりにもインパクトの強すぎる死に方から、ネット上で「マミる」というネットスラングが出来るほど。その他にも、アニメ最萌トーナメント2011で優勝を果たすという快挙を成し遂げています。登場頻度の少なさに見合わず、少ない登場の中でも彼女の魅力が存分に凝縮されていますね。

 そんな彼女の人気からか、スピンオフコミックである『魔法少女まどか☆マギカ~The different stoty~』では、マミさんを主役として彼女中心の物語が展開されます。アニメ本編からのIFストーリーではありますが、本編では語られることのなかった過去や内面の心理描写は勿論の事、人間関係の擦れ違い等、魔法少女達にとってマミさんがどれほどの存在であったかということが描かれている作品です。マミさんを愛する方にはぜひとも読んで欲しい作品です。
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS

記者(マナティ【公式】さん)

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


巴マミについての雑談場(2件)
(10文字以内)
0/200
1 名前:名無しさん 2014/12/11 15:28 ID:20C9BADF ▽コメント返信
マミタソ好き
2 名前:名無しさん 2015/05/20 15:56 ID:32377598 ▽コメント返信
マミさん最高
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>魔法少女まどか☆マギカのキャラクター 一覧
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!