アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:turuttiさん

アイオリア

アイオリア

聖闘士星矢シリーズ

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

獅子宮を守護する。射手座のアイオロスの実弟。天敵である冥闘士ですら「黄金の獅子」と称した実力の持ち主で、黄金聖闘士の中でも一、二の屈強を誇る。また幼少時より、双子座のサガによってきせられた兄アイオロスの汚名により、黄金聖闘士でありながら「逆賊の弟」として辛酸を舐めており、実績を作り上げることで汚名を雪ごうと努めていたため、聖域やアテナへの忠誠心は人一倍厚い。原作では第1話から登場しており、聖衣争奪戦である星矢VSカシオス戦にも立ち会っている(アニメでは登場せず)。しかしこの時点ではゲストキャラの予定で、彼が獅子座の聖闘士であることは一切言及されておらず、素性は不明であった。星矢の修行時代から彼の実力を認めており、最後の試練である対カシオス戦では、よそ者の東洋人として蔑まれている星矢を擁護し、教皇(善のサガ)の星矢の聖闘士志願資格を認める発言を引き出すなど、星矢たちにとって最も理解がある黄金聖闘士。星矢もアイオリアを聖闘士の鑑と評し、聖域では良き先輩と慕っており、テレビアニメ版では修行中の星矢を励ますエピソードなどが追加されている。来日時には監視役のシリウスら3人に逃げるように命じたり、十二宮戦でも監視役の雑兵を脅して追い払うなど無駄な殺生、犠牲を好まない性格も数度にわたり描写された。また、星矢の盾になろうと飛び込んできたシャイナに瀕死の重傷を負わせてしまった際には、「(黄金聖闘士として)シャイナが飛び込んでくる気配に気付かなかったことは自分の落ち度」と素直に反省する潔さも見せている。十二宮戦の前哨戦で星矢への刺客として日本へ赴いた際、沙織が真のアテナであること、逆賊とされてきた兄:アイオロスがその救命に殉じていたことを知る。沙織に忠誠を誓い聖域に戻った後、教皇(=サガ)を討とうとするも逆にサガの幻朧魔皇拳に罹り、十二宮戦では星矢の前に恐るべき敵として立ち塞がる。カシオスの自害によって正気を取り戻し、十二宮戦により兄の汚名も晴らされ、その礼も込めて星矢の天馬星座の聖衣を自らの血で復活させた。以後は本来の役である獅子宮の守護者として、ポセイドン編でのアテナ救出、ハーデス編での冥闘士討伐に活躍した。テレビアニメ版では、手をかざすだけで怪我の治療ができる能力や、魔鈴に好意を持っている"らしい"という設定が追加されていた。また、OVAハーデス編では冥界最奥で星矢たちの前に立ちはだかる嘆きの壁に際し、甦った兄アイオロスと再会。固く握手を交わし、兄からこれまでの闘いに対する賛美の言葉を涙しつつ受け取り、星矢に別れを告げて嘆きの壁撃破に向かった。多くの黄金聖闘士は小宇宙による特殊攻撃を行うが、アイオリアの持ち技は拳による光速の打撃のみであり、聖闘士の王道の闘法の使い手とされる。

出典:wikipedia

データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


アイオリアについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>聖闘士星矢シリーズのキャラクター 一覧
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回
193回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!