アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式生放送

投稿者:アリソンさん

アニ・レオンハート

アニレオンハート

進撃の巨人

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

常に冷静沈着で寡黙な少女。身長153cm。体重54kg。誕生日は3月22日。出身地は不明。第104期訓練兵団を4番で卒業。憲兵団への入団を希望しているが、他の志願者のように特権獲得が目的ではなく、「現実離れした無意味な世界から遠ざかりたい」との考えからであると称する。「目標を最短ルートで達成し無駄な行為は極力しない」という合理主義を貫徹しており、立体機動でも無駄のない動きで巨人の弱点に深い斬撃を加える。父親から教えられたという対人格闘術は秀逸で、蹴り技を得意とする。女子としても小柄な体格であってもエレンやライナーすら軽く制圧する実力を持つ。もっともアニ自身は、それらを「巨人と戦うには全く役に立たない無用の技術」であると言い、人前ではそれを熱心に教えたという父親を軽蔑する素振りすら見せていた。そうした連帯性に難のある性格から同期の中では孤立気味だったが、エレンのまっすぐな性格に動かされ、己の格闘術を彼に伝授するようになる。また、格闘術を披露している時のアニは、日頃の倦んだ態度や言葉とは裏腹に精彩を放っていたとエレンは述懐しており、彼女のことを「嘘をつくのが下手な性格」と推し量っていた。同期の数少ない友人たちが揃って調査兵団に入団する中、初志を貫き憲兵団に入団し、ウォール・シーナ東城塞都市のストヘス区に配属される。格闘術の手ほどきをする過程で、エレンとは同じ得意分野を持つ者同士の連帯感のようなものが育まれ、またエレンからは尊敬の念を抱かれており、そのせいでミカサにはかなり嫌われていた様子。また、格闘術に秀でていることで「男でもかなわない猛者」のように評価されることは本意でなかったらしく、時折エレンに対して自分は「か弱い女の子」であり、そのように扱われるべきである、と主張していたが、デリカシーのないエレンからはその度に「(強いから)か弱くない」と否定されており、その自身への認識については大いに不満を持っていた。その正体はエレンと同じく巨人化能力者である「女型の巨人」。エレンの誘拐を目的に、壁外調査中の調査兵団を襲撃し大損害を与えるが、その際に落馬したアルミンを殺さなかったことから帰還後に正体を見破られ、エレンと調査兵団に捕らえられそうになる。しかし、巨人の硬化能力を応用して生成した超硬質の水晶体の中に自らを閉じ込めて眠りにつき、調査兵団による追及を逃れた。そのため、アニが巨人化能力を得た経緯や、諸々の行動の目的、背後関係などは全てわからなくなってしまったが、結晶化する直前に「必ず帰って来ると約束してくれ」という父親の言葉を思い出して慟哭するなど、その行動の裏には愛憎半ばする父親への執着が垣間見えた。後に、不明とされていた出身地がハンジ・ゾエの調査によりライナー、ベルトルトと同じウォール・マリア南東の山奥の村であることが判明する。エレン以外の104期のメンバーにも彼女なりに情を持っていた様子で、トロスト区攻防戦の後に自分の所業が原因となって犠牲になった同期達の遺体を前に茫然としながら、謝罪の言葉を漏らしており、憲兵団配属後にアルミン、エレン、ミカサと再会した時には「戦士になりそこねた」と自嘲していた。

出典:wikipedia

誕生日:3月22日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪


アニ・レオンハートについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>進撃の巨人のキャラクター 一覧
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!