アニメキャラの魅力まとめ

検索

キャラペディア公式アイテム

   
投稿者:あきこさん

碇ゲンドウ

イカリゲンドウ

新世紀エヴァンゲリオ...

0

pt

キャラクター紹介

作品紹介

特務機関NERV最高司令官。碇ユイの夫で、シンジの実父。妻の姓である碇姓を使用しており、旧姓は六分儀(ろくぶんぎ)。48歳。席に座る際、顔の前で手を組むのが特徴。目的のためには手段を選ばず、実際に陰謀や裏切りなど非情ともいえる手段を厭わずに実行している。1999年時には京都で生活していたが、職業や生活面といった詳しい素性は不明で、悪い噂が絶えない人物だった。当時、傷害事件を起こし警察に留置された際、京都の大学で教授をしていた冬月を身元引受人に指定し初対面を果たす。この時の冬月の第一印象は「嫌な男」であった。この頃に赤木ナオコやユイと知り合い、冬月はゲンドウとユイとの関係を快く思わないことをユイに告げるが、ユイはゲンドウを「とても可愛い人」と評していた。2000年にユイと結婚(婿入り)し碇姓となり、息子のシンジが誕生、その名付け親となる。「ユイの背後(ゼーレ)に近づく手段として、彼女に近づいた」と噂されていたが、ユイを本当に愛し、相思相愛の仲でいた。セカンドインパクト発生直前まで葛城調査隊と共に南極にいたが、直前にデータを引き上げ、南極を脱出していた。2年後の国連調査団派遣の折にも、冬月とともに参加。ユイの死後、人類補完計画をゼーレに提案し推進者となり、「死んだユイにもう一度逢うこと」を究極的な目標とする。ユイ消失後は赤木ナオコ、彼女の死後はその娘リツコをそれぞれ愛人とし、共に自らの計画のために利用した。シンジを呼び寄せた後も同居はせず、ほとんど接触しようとしなかったため、荒んだ親子関係となっている。また、シンジが犠牲となる可能性が高い作戦についても承認している。アスカとは作中で直接会話をした描写は無く(漫画版では一度会話シーンがあるが)、単なる手駒として扱っていた。一方で、レイには優しい表情を見せ、彼女の起動実験失敗の際は、自身の負傷を省みず彼女を助けたこともある。旧劇場版の描写によれば、右手には加持リョウジによって運ばれたアダムが移植(融合)されており、ゲンドウはそのアダムとリリスの魂を持つレイとの融合を経て、地下のリリス(肉体)との「融合」を果たし、自らの目指す補完を成し遂げようとした。しかし直前にシンジの存在を感じ取ったレイが、アダムだけを右手ごと持ち去り、ゲンドウを置き去りにリリスに還ることを選択したため、補完計画の発動直前でゲンドウの手中から離れることとなった。他の人物がA.T.フィールドの消失によるL.C.L.への還元という形で補完される中、彼のみがEVA初号機に上半身を食いちぎられるというイメージで補完されており、その際、シンジが本当は親子の触れ合いを望んでいた事を認識して「すまなかったな、シンジ」と謝罪している。漫画版では完全に冷酷な性格の人物で、シンジに対し「私を理解しようなどと思うな」と言い放ったり、親としての愛情を覚えたことはなく、むしろユイの愛情を奪った存在として憎悪の念すら抱いていたと吐露している。また、レイに対して温和な態度を向けるのは、彼女をユイに重ねているためであることが明かされている。アダムについては、経口で摂取した結果、起動実験失敗の事故からレイを助けた時の火傷の痕が残った「最も醜い場所」である左手に宿ったとしており、自らの意思でA.T.フィールドを発する場面もある。ターミナルドグマにおいてリツコと対峙して拳銃で撃つくだりは劇場版と変わらないが、漫画版ではリツコが即死しておらず、レイに見捨てられた直後にリツコから喉を銃で撃たれ致命傷を負う。念願だったユイとの再会を果たした際、原作同様シンジに親子の触れ合いを行わなかったことを後悔すると同時に、心の底ではシンジを我が子として想っていた事実を再確認し、彼自身が生きてくれることを強く望みながら息絶えた。なお、アニメ版と漫画版におけるゲンドウ本人の性格の違いについては、貞本曰く「(ある意味で)悲しい人間」として描いている所為でもあるという。『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド2nd』では、シンジとの親子関係はさほど荒んではいない模様。ユイとは中学生時代に出会い、カヲルの導きで彼女と結ばれている。『碇シンジ育成計画』では、原作とも全く違う教育熱心且つユニークな性格で、冷徹な様子もなく、シンジの良き父となっている。普段から恐妻家でユイには頭が上がらず、家では常に新聞を読んでいる。新劇場版『破』では、ダミーシステムの使用を巡って決裂しNERVを去るシンジを「人は自分の力で己の願望を叶えていくものだ、大人になれ」という趣旨の言葉で叱咤している。また、シンジとの和解を願って食事会を行おうとするレイの提案を一度は断ろうとするものの、ユイの面影を思い出して受け入れるなど、これまでの孤独なイメージとは別の反応を示しており、食事会へ向かう途上で知った暴走事故に対しはっきり動揺している。また、シンジの使っていたS-DAT携帯型カセットテーププレイヤーはかつてゲンドウが使っていたもので、ユイの消失直後に別離したシンジに残していったものという描写が追加されている。14年後の『Q』では、眼鏡をゴーグル状のサングラスに変えている。人類補完計画の実行理由も「亡きユイに会う」という目的であることは共通しているようだが、アダムの代わりに加持が入手した「ネブカドネザルの鍵」を使って何を為そうとしているか不明。今のところ、新劇場版シリーズのゲンドウの過去は明かされていないが、冬月は「ゲンドウの生き様を息子のシンジに見せることは、シンジのためになる」と考えている。『新世紀エヴァンゲリオン2』の結末の一つに、シンジとの和解・親子関係の修復があり、休日に釣りに誘い、たどたどしいながらも親子らしい会話と今までの自分を改めて生きていく決意を抱き、物語の幕を下ろす(唯一、NERV襲撃・サードインパクトが起きない幕引きである)。旧姓は天体や物標の高度、水平方向の角度を測るための道具、六分儀から由来。名前は『エヴァ』以前に形にならなかった別の企画から。モデルは『謎の円盤UFO』のストレイカー司令官。

出典:wikipedia

誕生日:4月29日
データは約1時間に1回更新されます。反映されるまで少々お待ちください
碇ゲンドウとは?(新世紀エヴァンゲリオン)
※内容によってはネタバレを含む可能性が御座います。予めご了承下さい。

誕生日

4月29日
最低な父親!?サングラスに隠された真意「碇ゲンドウ」の魅力『新世紀エヴァンゲリオン』
【画像】碇ゲンドウ(新世紀エヴァンゲリオン)
 『新世紀エヴァンゲリオン』の中心となる特務機関NERV(ネルフ)。「碇ゲンドウ」は、その総司令であり、主人公「碇シンジ」の実の父でもあります。ノーネクタイながらも常に黒いスーツ、サングラスを着用するそのクールな姿は、目的のためなら手段も犠牲も厭わない彼の姿勢を体現しているかのようです。
冷酷さの裏に

 碇ゲンドウは常に冷静に振る舞い、「人類補完計画」の為に突き進みます。「赤木ナオコ」「赤木リツコ」母子と愛人関係を結んだのも、利害を超えた形で自分に服従させるために利用したに過ぎません・・・。「シンジ」にも常に冷たく接し、とても本当の親子とは思えません。シンジがTV版第壱話でエヴァ初号機への搭乗を拒否した際にも、「予備が使えなくなった」と、自分の息子をまるで取り換え用の電球か何かのような扱いです・・・。

 その冷徹さに刃こぼれが生じたのは、「綾波レイ」が搭乗した零号機の起動実験の時。実験は失敗し、射出されたエントリープラグも危険な状態でしたが、ゲンドウは自分の手が焼けることも省みずにハッチを回してレイを助け出します。レイの方もゲンドウと話す時だけは笑顔を見せ、自分を助けてくれた時のゲンドウのメガネを大切に持っています。
ゲンドウにとっての補完とは
 人類の、世界の命運を賭けているはずの「人類補完計画」でしたが、ゲンドウには隠された目的がありました。EVA開発の実験中に消滅した妻「ユイ」ともう一度会いたい。それこそがゲンドウの願いであり、様々な計画の到達点でした。この事を理解しているのは副司令「冬月コウゾウ」だけであり、旧劇場版「Air」では、セントラルドグマに向かうゲンドウに対して、「ユイ君によろしくな」と声をかけています。しかしゲンドウは、最後の最後にユイの分身たるレイに「私はあなたの人形じゃない」と拒絶されます・・・。

 彼の目指す形では「補完」されませんでしたが、息子に対しての冷淡な態度や言動は、接し方が分からなかった故の自分の臆病さからであった事を認め、「すまなかったな、シンジ」と語った「碇ゲンドウ」。ゲンドウは、初めて自分の弱さを認め、偽っていた自分を「補完」したのでしょう。
(C)GAINAX・カラー/Project Eva.

記者(ルーデル【公式】さん)

関連画像

だいすけさん
0 pt
オレンジピールさん
0 pt
キナガさん
0 pt
しみんさん
0 pt
真冬さん
0 pt
joo空へさん
0 pt
julieさん
0 pt
yumiさん
0 pt
サミーさん
0 pt

キャラクター関連記事

作品関連記事


※記事の作り方はそれぞれです。キャラクターの魅力や情報を皆さんの思い思いの形で自由に投稿して下さい(^^♪



碇ゲンドウについての雑談場(0件)
(10文字以内)
0/200
キャラペディアとは? まとめ記事を作ろう!





※自動で取得しているため、関連性の無い商品が表示される場合もございます。ご了承下さい。
 

>>新世紀エヴァンゲリオンのキャラクター 一覧
156回
155回
154回
153回
152回
151回
150回
149回
148回
147回
146回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!